結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2021年12月12日(日曜日)

「病気を診ずして病人を診よ」と人間的力量をもつ「知識商人」

退院の日。

東京の冬の空。
IMG_96701
これで人生5度目の入院だった。

第1回目は10歳の時。
針金が右目に刺さって、
水晶体摘出手術を受けた。
夏休みの間中、
横浜の秋山眼科に、
両目を目隠しされて入院した。

第2回目は13歳の時。
中学校に入学したばかりの時点で、
盲腸炎で入院した。

その入院で英語の授業に後れをとった。
小学校でローマ字オタクだった私は、
英語のスペリングとローマ字の関係性に、
全く納得がいかずに苦しんだ。

もちろん必死で学んで、
すぐに追いついた。

第3回はずっと年を取って、
社会人になって㈱商業界の社長時代。
53歳の春。

水晶体を摘出した右目が、
今度は網膜剥離となった。

このときから、
東邦大附属病院にお世話になった。

網膜を縫い合わせてから、
第4回目は㈱商人舎を創立した直後。
55歳の、やはり春。
サクラ1
やはり右目の緑内障で、
硝子体全摘手術を受けた。

昨日のブログに書いた。

そしてこの入院のときに、
私の頭に言葉が浮かんだ。
「知識商人」

この言葉はその誕生の瞬間まで、
ブログに記されている。

入院中、ドラッカーの本を読んだ。
『ポスト資本主義社会』
DSCN0576-2

この本に出てきたキーワードが、
「知識労働者」「知識経営者」「知識専門家」だ。

病院という知識社会で働いていたのは、
こういった人たちばかりだった。

主治医の富田剛司医学部教授、
執刀してくれた北善幸先生。

日本を代表する眼科の専門家。
緑内障・白内障・網膜剥離のスペシャリスト。
知識だけでなく、手術の腕も超一流。

こういった先生方は、
もちろん医学全般の知識はある。
しかし、その面だけでは、
多分、普通の医学人。

先生方が、社会貢献しているのは、
専門知識と専門技術によってであった。

今回の慈恵の炭山和毅教授は、
内視鏡の日本の権威だ。

それ以外にも、
多くの看護師さん、
薬を調合してくれた薬剤師さん、
食事を用意してくれた栄養士さん。

みんなそれぞれ専門知識を持つ、
知識専門家だ。

商人もこうならなくてはいけない。
だから知識商人だ。

そう、気がついた。

私は幸せだ。
入院して、収穫を得る。

さての最後の朝食はパン。
バターと杏子のジャム。
ダイコンとツナのサラダ。
そしてヤクルトジョアとミカン。IMG_96661

東京タワーはずっと、
入院患者を励ましてくれた。
IMG_96681

私の部屋は1103号室。
IMG_96861

個室です。
仕事もしなければならないし。
IMG_96851

結構、広い。

素振り用の短いゴルフクラブは、
どんな出張でも持っていく。

今回も持参して、
初日だけはきちんと練習した。
けれど手術してからは使えず。

パターをもってくれば、
パッティング練習ならばできた。
体への負担もかからない。
残念だった。
IMG_96751

この部屋に6日間。
お世話になりました。

ありがとうございました。
IMG_96741

広い広い窓の外に、
東京タワー。

ありがとう。
IMG_96771

退院です。
〈自撮りです。見事!〉
IMG_96831

慈恵大学病院本院の1階フロア。
中央棟。
IMG_96901

日曜日なのでロビーにも、
退院する人が数人いるだけ。
IMG_96921
学校法人慈恵大学の建学の精神は、
「病気を診ずして病人を診よ」
創設者の高木兼寛が目指した理想。
「医学的力量のみならず、
人間的力量をも兼備した医師の養成」

その精神に基づいて、
看護師、薬剤師、栄養士、
事務員、清掃担当者、
例外なく病人を見ている。

だからすべての人が、
患者を名前で呼ぶ。

私は炭山先生からも、
看護師さん、薬剤師さんからも、
「結城さん」と呼ばれた。

13年前に発見した「知識専門家」は、
いま、慈恵大学病院でさらに、
ホスピタリティを身に着けている。

とくに慈恵でそれを強く感じ取った。

知識商人も当然のこととして、
ホスピタリティが必須である。

ありがとうございました。

キャディバッグを引いて、
地下鉄の駅に行く前に、
病院のそばの芝公園へ。
IMG_97001

地上から東京タワーを見上げたかった。IMG_97011

銀杏が葉を散らせて、
下には黄色の絨毯。
IMG_96971

東京タワーにも、ありがとう。
IMG_96941
慈恵大学と同じように商人舎も、
「商売的力量のみならず、
人間的力量を兼備した商人の養成」を、
ずっと、目指したい。

まだまだ頑張ります。

ありがとうございました。

〈結城義晴〉

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.