結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2007年12月21日(金曜日)

「店」に関する考察①「生存単位と最小競争単位」

しみじみと「店」の話。

小売業にとって、
店舗は,
すべてを生み出す源である。

15の言葉
たった1店舗「アイクス」のクレド。

土地を手当てし、
建物を建て、
売場を整え、
商品を並べる。
人を配置し、
宣伝をし、
接客をして、
販売する。

外食業も、
サービス業も、
宿泊業も、
基本的にこの構造は変わらない。

卸売業は、
その店を営む小売業や外食業に、
品揃えを提供する機能を有する。

品揃えを実現させるために、
商品の情報を供給し、
商品そのものを配送する。

製造業は、
商品をつくる。
そして商品を顧客に届ける。

だから商品と顧客を結びつける活動を、
活発に行う。
これをマーケティングという。
マーケティングが、
製造業から生まれたのも、
なるほどと頷ける。

その、小売業の店。

最初の小売商人は、
「店」を持つことができなかった。
だから「店」にあこがれた。
「店」に恋い焦がれた。

たいていは、自宅を店にした。

自宅が狭く、
みすぼらしく、
立地が悪いと、
行商や引き売りのほうが、
顧客にとって、
便利であった。

やがて、資金がたまると、
店を持つ。

土地を手当てし、
建物を建て、
売場を整え、
商品を並べる。
人を配置し、
宣伝をし、
接客をして、
販売する。

フランチャイズチェーンで、これを始める者もいる。
店と商売のパッケージを、
料金を払って提供してもらう仕組み。

ウォルマートの創業者サム・ウォルトンは、
まさにこの例であった。

最初の店が好循環を始めると、
まずは店を大きくすることを考える。
誰でも。

当然ではある。

しかしこれは、
土地を拡張し、
建物を拡大し、
売場を広げ、
品揃えを充実させ、
在庫を増大させ、
人を増員し、
接客を増やして、
販売額を高くすることである。

これには、一つの危険が伴うが、
店を大きくする勢いに乗って、
成功する。
こうして、適正規模の店が出来上がる。

私は、この1店舗の店を、
「生存単位」と名付けている。

生存単位の議論は、
すべてに共通するテーマとなる。

そして実は、この生存単位の店が、
一番強い。

崖っぷちにある店。
後がない店。
店を経営する人間が命をかけた店。

どんなに大きな店がやって来ようと、
生存単位の店は、潰れない。

もちろん「生存単位の店」には、
イノベーションがなければならない。
 常に、自分の顧客を見続け、
その顧客に応える用意がある店。
顧客の要望に応え続けると、
場合によっては、
さらに店を大きくしなければならなくなることもある。
店の場所を移転しなければならないこともある。
遠くからやってきてくれる顧客のために
同じタイプの店を、他の場所に、
出さなければならなくなる場合もある。

 

そうして今度は、支店経営に移ってゆく。
支店経営では3店までが一つの単位となる。

これを「最小競争単位」と呼ぶことにする。

最小競争単位の3店は、
三角形の位置に配置する。

地理的条件の制約があって、
直線で配置せざるを得ない時には、
真ん中の店を、核とする。
これが「最小競争単位」である。

そして、この競争単位も強い。
もちろん最小競争単位でも、
常に顧客を向いたイノベーションが必要である。

 

イノベーションとは、
「顧客を向いたうえで、自らを変える」行為である。
「社会正義にのっとって、自らを変える」行為である。

生存単位、最小競争単位は、
逆に、最もイノベーションしやすい。
イノベーションのスピードが速い。
生存単位と最小競争単位は、
そんなマネジメント単位であると認識すべきである。

問題は、このイノベーションに近い単位の組織が、
いかにモチベーションを維持し続けるかということになる。

しかし、モチベーションの維持が可能ならば、
私はこの単位が、最も確実に、
人間としての幸せを提供してくれるものだと思っている。

 

今、様々な企業において、
会社の売却や合併、統合が盛んに行われている。

私は、ここで、
商人としての幸せと社会貢献という二つの観点から、
ものを考えたいと思う。

 

私は、30年間、様々な商人を見てきた。

社会貢献の大きな商人。
幸せな商人。

どちらをも獲得した商人。
どちらもかなえられなかった商人。

社会貢献を果たした商人。
幸せになった商人。

しかし、幸せ基準で見る限り、
生存単位と最小競争単位こそが、
やはり最良であると思う。

<つづく、結城義晴>

 


5 件のコメント

  • いつも、元気と勇気をいただいています。すばらしい考察ですね。深い問題ですね。生存単位と競争単位の整合性こそチェーンの本質なのでしょうか。イノベーションをロスなく成果につなげるために、志の共有とコミュニケーション能力がますます重要になっていると思います。3店の最小単位のパワーをそのままに300店の集合体になれれば。志と同等にベースとなる「船」が必要な時代だと思います。
    「発足の会」以前からのスケジュールが入っており参加できません。私も気持ちだけ参加させてください。VIPの概念のない会の企画を期待しています。私も微力ですが「いい船」づくりのお手伝いをしていきます。いつの日か結城先生と志を共有させていただく機会をいただきたいと願っております。(郡山のプランナー)

  •    ヴァイオリン弾きさま、感謝します。。
       「店に関する考察」はつづけて書いていきます。
       注目してくださって、ありがとう。
       「いい船」づくりと「大きな輪」づくり、
       一緒にやりましょう。
       心強い同志になりましょう、お互いに。
       よろしく。

  • 商人舎発足 おめでとうございます。
    5月には静岡にもお越し願えるとのこと 感謝です。

    このブログ 時折 まとめ読みさせていただいており
    大変いい刺激になっています。

    この地方都市で暮らしていると どうしても視点が低くなりがちで
    結城さんのブログから はっと気付かされ 
    もっと高く広い目で考察をしなくてはいけないと思うことが頻繁です。

    ただ 大きな船や最先端の話題が多く
    (今回の発足の会参加者を見ても 遠い存在を感じてしま  い、萎縮してしまいそうです。) 
    私なりの価値観で 商売を貫こうとする時
    多少の違和感を感じてしまうのは 否めませんでした。

     商業界の車座などでは まったく違和感なく 
     レベルをこちらに合わせていただき親しみやすく
     出来のいい 兄貴という印象なのですが。(笑)
     

    私の存在 その延長線上にある私の小さな店の存在。

    私のモットーは 小さな店だからこそできることがある。
    大きくしていくと 必ず見失ったり 切り捨てなければならない一番大切なものが出てくる。

    これはあくまでも私自身のの器に照らしての 見解ですが
    私の人生は
    私のお客さんが本当に 喜んで下さることに専念すべきだと思い始めているのです。

    大きな街には小さな店を
    小さな街には大きな店を
    という考え方も 奥の深い話なのでしょうが
    小さな田舎町に暮らしていると
    はたして 本当かなあ?と思ってしまうような
    悲しく身近な事例が いっぱいで

    巨大モールや 乱立するコンビニの
    社会に与える陽の影響ばかりでなく
     陰の影響をを憂えないではいられません。

    しかし今日 結城さんの
    「しかし、幸せ基準で見る限り、
     生存単位と最小競争単位こそが、
     やはり最良であると思う。」
    という一言に出会い 救いに思えました。

    岡田さんの詩と 
    商売十訓をいつも胸に 頑張っています。

    私もいい歳ですが まだまだ成長過程です。
    この先 ちょっといい船に乗り換えたり
    大きな船にも 心動かす時も来るでしょう。

    その時 毎日の結城さんのブログが
    きっと 役に立つと思っています。
    只管感謝

  •    げんきさん、ありがとうございます。
       「小さな店だからこそできることがある」
       その通りです。
       最近のこのブログで、お歴々が登場すると、
       世の中、みんな巨大企業ばかりになる、
       と勘違いされがちですが、そうではありません。
       この10年を見ても、大手企業こそ、
       潰れたり、吸収されたりしているのです。
       
       私のいう商業の現代化は、
       大も小も、しっかりした企業や店が残り、
       その商業全体の選択の幅が、お客様から支持される、
       ということなのです。

       「大きな店だからできることがある。
       小さな店だからできることがある」
       両方必要です。

       そして商人としての幸せ基準で見ると、
       小さいほうが不幸ということは絶対にありません。
       ドロシー・レーンという素晴らしいアメリカの店は、
       15店ほどになったときが最悪で、
       店を減らして、現在、3店になって、
       いちばんドロシー・レーンらしさを発揮しています。
       勇気づけられる事例です。

  • 返信ありがとうございます。
    小さな店主に 勇気を与えてくださる
    結城さんに 感謝です。
    5月22日 浜松での講演 楽しみにしております。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.