結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2009年06月27日(土曜日)

5月はコンビニ1%増、スーパー2%減、鉱工業7%増だったが「デフレ懸念」

土曜日は、ときどき、
ウィークエンド・サマリー。  
1週間のおさらい。

私自身は、毎月、第4週は、
非常勤取締役を担う会社の役員会や、
顧問を務める会社のアドバイザー会議などで多忙。

今週は、全国的に株主総会ウィークだったし、
私自身も、それらに出席した。

私は、株式を持たない主義である。  
これは、経済関連のジャーナリストとしての、
私の矜持。

どんなに儲かることがはっきりした株式でも、
自分自身の儲けのために株を持つことはしない。

会社の見方に、思い入れや偏りが出るから。
それが他の会社の見方に、曇りを生じさせるから。

私は、ジャーナリストであるし、
学者の端くれでもある。
文筆家でもあるし、
講演者でもあるし、
研究者でもある。
そして広い意味では、
ある種のコンサルタントでもある。

この「コンサルタント」という言葉は、
自分には適さないと考えていたが、
その考えは改めた。

ピーター・ドラッカー先生が、
確かにコンサルタントの側面を持っていたからだ。

ドラッカーは、
学者であり、
ジャーナリストであり、
コンサルタントであり、
何よりも哲学者だった。  

私のライフワークは、
「知識商人を養成することによって、
商業の現代化を実現させること」  

ここでいう商業には、広い意味で、
ホスピタリティ・ビジネスが含まれる。
「商人」とは、ビジネスする人を意味する。

キーワードは、
「知識商人」と「商業現代化」。  

だから、会社の名前を「㈱商人舎」とした。
「知識商人が商業現代化を目指して集まる拠点」  

商人舎ホームページやこのブログも、
コーネル大学リテールマネジメントプログラム・オブ・ジャパンも、
立教大学大学院のビジネスネスデザイン研究科も、
私のやっていることのすべては、
「知識商人」と「商業現代化」のためである。

そして私はそのために、
「無私と利他」を貫く。  

昨年の4月17日、
「結城義晴君の独立を励まし商人舎発足を祝う会」でも、
そのことを決意表明させていただいた。

だから株式を、私は持たない。

さて、昨日は、
3月期決算上場企業1321社の株主総会が開かれた。  

その意味での専門紙・日経新聞は、
「総会は対話の時代へ」と、
コラムを書いた。

総会屋の手を借りた「シャンシャン総会」から、
ファンドが主役となって経営陣を揺さぶる「波乱の総会」を経て、
経営者と株主が、個人株主を含めて意見を交わす「対話の総会」になった。

米国ウォルマートのような「パフォーマンス総会」は、
あまり見かけられないが。

先週をさかのぼれば、
月曜日の22日に、公正取引委員会が、
セブン-イレブン・ジャパンに排除措置命令。
23日にはセブン-イレブンが「15%の廃棄分本部負担」を発表。

このニュースが、日本中を駆け巡った。

この問題解決をケーススタディとして、
リーダーの思考法を磨く会社も現れた。

22日には、日本フランチャイズチェーン協会から、
5月のコンビニ売上速報が発表された。
コンビニ売上高は、
既存店ベースで前年同月比1%プラス。  

売上高は13カ月連続で伸びているが、
6月、7月と昨年来のタスポ効果の反動が表れる。

その上で、「見切り」問題の風評被害は大きい。

コンビニに試練の夏となりそうだ。

一方、日本チェーンストア協会の発表。
総合スーパーを中心とした5月の成績は、
前年同月比の既存店でマイナス2%。  

「下取りマーケティング」の効果も大きくはなく、
衣料品が特に足を引っ張った。

その結果、総務庁の26日の発表で、
5月の消費者物価指数は前年同月比で、
マイナス1.1%。  

これは1971年以降で、最大の下げ幅。
「デフレ懸念」と表現されるが、
これも、この試練の夏の底流となりそう。

ただし、経済産業省が発表する5月の鉱工業生産指数予想にはちょっと異変。
工業は平均で前月比7%のプラス。  

日本の工業力の底力を思い知らされて、
頼もしい。
トヨタもプリウスの生産のために、
休日出勤を再開したという。
(もう少し休みなさいよ、とも思うが)  

工業生産が活発になると、
消費も活気づく。

ただし、工業にばかり負んぶされているわけにはいかない。

不況の時にこそ、
商業が社会貢献する、
経済活性化のカギを握る。  

それが商業の現代化のひとつの条件。

試練の夏に向けて、
意気軒高でいかねばならない。

今月の標語。
「最悪を覚悟して、最善を尽くす」  
いまこそ、これだ。

今週のウィークエンド・サマリーの締めの言葉。

今週も、商人舎ホームページとBlog[毎日更新宣言]を、
訪れてくださったことに、
心から、感謝。

では、良い週末を。

<結城義晴>  


2 件のコメント

  • 照井さま、ご投稿、感謝。

    登録販売者試験は、各県によって、
    バラツキがあったようですね。

    新しい制度を導入するときには、
    さまざまな問題が出てきます。

    ディテールへの配慮は、とても大切なことですが、
    全体最適のための標準づくりや指導が行き届かないと、
    残念ながら、こんなことも起こってきます。

    試験勉強をして資格取得を目指している人にも、
    すでに大変な苦労をして薬剤師になった人にも、
    そしてお客様にも、
    信頼をもっていただく登録販売者制度の確立が、
    望まれますね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会<第17回>2020年7月7日(火)~9日(木)<第18回>2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.