結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2009年09月17日(木曜日)

フェニックスからダラスへ、クローガーとマーケットストリート

Everybody! Good Thursday!
鳩山内閣の顔ぶれ。
んー、何とも言えず。

赤松農林水産大臣かぁ。
石破前大臣に負けないくらい、
頑張ってほしいものだ。

直嶋経済産業大臣も、
かなりの踏ん張りが必要だ。

さて、この旅行の半分が過ぎた。
ハーフを終わった。

スリリングで充実したツアー。

フェニックスから、ダラスへ移動。
朝7時、フォーポインツホテルを出発。
1

バスにトランクをつみこんで、
全員時間通りに集合。
2

ところが、バスに異変。
3

車体の底にあるポンプが上がらない。
急遽、代車を用意するも、
時間はどんどん過ぎてゆく。

初日のジェット機のエンジントラブル。
二日目の深夜の停電。
そして、バスの故障。

このツアーには、何か起こる。

もし飛行機に乗り遅れたら、すべての予定が狂ってしまう。
心配していたが、運転手の機転で、なんとか応急処置。
そしてフェニックス国際空港へ。
4

無事、出発。

砂漠の中のフェニックスの街。
5
アメリカで第6番目の大都市という。

①ニューヨーク
②ロサンゼルス
③シカゴ
この辺りまでは分かる。
④ヒューストン
⑤フィラデルフィア
そして、フェニックス。
良い街だ。

乗り込んだジェット機は快調。
6

あっという間に、2時間半。
ダラス・フォートワース空港に到着。
時差も早まって、午後2時半。

すぐに、クローガーへ。
k1
年商760億ドル(7兆6000億円)、店舗数3654店。
アメリカ最大のスーパーマーケット企業。
ウォルマートに次ぐ第二位のチェーンストア。

その「シグニチャー」と呼ばれるフォーマット。

クローガーは昨年の「ストア・オブ・ザ・イヤー」をとって、
快調。

今年125周年を迎える老舗だが、
各地の企業を買収、合併して巨大チェーンとなった。
しかし傘下に収めた企業を、インディペンデントな存在と評価し、
トータル・マネジメントはしっかりしている。

店も、ずいぶん良くなった。

店舗入り口には、顧客を迎えるように、
巨大な積み上げ陳列。
k2

オーソドックスな導入部とサービスデリ部門。。
k3
そして、強大なベーカリー部門が続く。
そのあとに青果部門。
k4
デリ、ベーカリー、プロデュースが、売り物。

プライベートブランド開発が盛んで、
売上げの25%を占める。

2007年から始めた「クローガー・バリュー」は、
競争ブランド。
k6
明らかにウォルマート対策。

一方、「オーガニック」と命名したブランドも開発。
「ナチュラリー・プリファード」
「アクティブ・ライフスタイル」など、
新ブランドも立ち上げて、
ますますプライべーブランド開発への熱心さをみせる。
k7

10月末のハロウィンに向けて、
プレゼンテーションが始まっている。
k8
クローガーの店は、いま、
一番オーソドックスな路線と評価できよう。

店の向かいには、
ドラッグストアのCVSファーマシーがある。
k9
年商489億8900万ドル、6981店舗。
ドラッグストア協会第2位、
全米チェーンストア第7位。

巨大チェーンを訪れた後は、
ローカルチェーンへ。
ユナイテッド・スーパーマーケット。
その新フォーマット「マーケット・ストリート」
m1
こちらの店頭は、もうハロウィン。
昨日から、衣替えしたという。
m2
このフォーマットの最大の特徴は、
フードサービス部門の充実。
m3
ウェグマンズと全く同じ考え方。
私は、フードサービスとスーパーマーケットのコンビネーションと、
位置づけている。

フードサービスといっても、
レストランの味と品質をもたねばならない。
それが実現されている。

さらに青果部門が強い。
m4
オーガニックも、当然ながら強化。
m5
この充実ぶり。
m5
ワインは、500アイテム。
m7
鮮魚は対面で、これはホールフーズをコピー。
m8
精肉では、「プライム」を入れて、
他との差異化を成し遂げている。
m9
フローズンフードも、品揃えの豊富さは欠かせない。
m9
ビールは、これもワインと並んだ強化部門。
m10
そしてファーマシー。
m11
アシスタントマネジャーのリックさんが、
丁寧に案内してくれて、
インタビューに答えてくれた。
m12
24歳で、高校の頃からアルバイトで入り、
大学を出て、そのままこの会社に。
「いい仕事です」
私たちは今回も、いい仕事を見せてもらった。

ホテルに帰って、
ノブ・ミゾグチとお別れの握手。
a
ここまで、本当によくしてくれた。

万代の磯田さん、
MDD会会長の今津さんも入って、
ミゾグチさんとの最後の写真。
b

その後、2班に分かれて、夕食。
c

イタリアンレストラン。
ここでも、若さ爆発。
d
食べきれないくらい注文し、
食べつくした。

ホテルに帰って、私の部屋へ、次々に訪問者あり。

現場の生の声を聞きながら、
議論を戦わせて、
深夜に及ぶ。

今日も、心から、ありがとう。

朝に希望、
昼に努力、
夕に感謝。

Everybody! Good Thursday!

<結城義晴>


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2019年の開催研修会
  • ハワイ・オアフ小売視察研修ツアー ビギナーズコース2019年9月5日(木)~9月9日(月)<3泊5日>開催場所:アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 第17回
    2020年7月7日(火)~7月9日(木)
  • 第18回
    2020年9月8日(火)~9月10日(木)

詳細は決まり次第、ご案内いたします

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.