結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2014年03月26日(水曜日)

立教大学大学院学位授与式で一緒に修了! おめでとう・ありがとう。

昨日は立教大学の卒業式と、
大学院の学位授与式。
20140326132451.jpg

キャンパスはすっかり春。
20140326132504.jpg

私は11号館地下1階の控室へ。
20140326132533.jpg

ガウンを着せてもらう。
20140326132550.jpg

いかがでしょうか。
20140326132601.jpg

にっこり。
20140326132609.jpg

そして出発。
20140326132619.jpg

整列。
20140326132629.jpg

待機。
20140326132638.jpg

式場のタッカーホール。
20140326132647.jpg

式場の入り口。
20140326132657.jpg

聖歌隊が入って、
教授団の入場です。
20140326132709.jpg

一歩一歩、壇上へ。
20140326132719.jpg

いちばんうしろは、
チャプレンのみなさん。
20140326132730.jpg

そして登壇。
20140326132740.jpg

聖歌317番が流れる。
20140326132752.jpg

立教大学大学院4研究科の、
学位授与式が始まった。
20140326132803.jpg

宮﨑光チャプレンの聖書朗読。
「教える人は教えに、
勧める人は勧めに、
精を出しなさい。
施しをする人は惜しまず施し、
指導する人は熱心に指導し、
慈善を行う人は快く行いなさい」

(ローマの信徒への手紙第12章)

そして研究科ごとに、
代表に学位記授与。

その後、吉岡知哉総長の式辞。
600年の歴史をさかのぼって、
ユマニスト(humaniste)と識者の話。

おわりに立教大学のリベラル・アーツを語って、
吉岡さんは祝辞とした。

よかった。

祈祷、祝祷に続いて、
校歌斉唱。

最後に聖歌333に送られて、
降壇。
20140326132814.jpg

すぐに着替えて、
祭壇の前で、
結城ゼミ5期生3人と写真。
20140326132826.jpg
右から山﨑亮さん、
足立幸一さん、
倉内和博さん。

さらに清水満さん、入江泰之さんが、
加わってくれた。
20140326132836.jpg

その後、ひとり一人に学位記が授与され、
最後に第一食堂。
20140326132847.jpg

伝統のホール。
20140326132857.jpg

懇親。
20140326132905.jpg

結城ゼミ+1で写真。
20140326132928.jpg

今年修了の7人で、
結城ゼミOB・OGは、
30人になりました。
20140326132918.jpg
全員が優秀な成績で、
修士となりました。

結城義晴も一緒に、
修了しました。

すべての皆さんに、
心から感謝します。

さて、日経web刊。
丹羽宇一郎氏の経営者ブログ。
「トップの発言は撤回できない」

元伊藤忠商事社長・会長、
さらに初の民間出身中国大使。

「最近、それなりの地位にある方が発言し、
思いのほか騒動になったり、
反発があったりすると、すぐに撤回して
火消しに務めようとする動きが目立ちます」

しかし、
「組織のトップの発言は
最後の砦です。

決してキャンセルできないし、
もし舌禍事件となり
事態が予想を超えて悪化すれば、
トップは辞任するなりして
責任を取らねばならないのです。
トップの発言というのはそれだけ重い」

まったくもって、ごもっとも。

そのトップに就任した人ふたり。

イトーヨーカ堂の戸井和久さん。
現在、取締役兼常務執行役員。

月刊『商人舎』9月号で、
亀井淳社長とともに、
インタビューに応じていただいた。
20140326144626.jpg

5月15日付けで社長兼COOに就任。

戸井さんは食品の専門家。
2011年から衣料品事業部を統括し、
3年で立て直した。

手堅くて、しかも現場に強いトップが、
イトーヨーカ堂全体を蘇生させる。

59歳。

亀井淳さん(69歳)は顧問。
ご苦労様でした。
これからは、ゆっくりしてください。

会長兼CEOは変わらず、
鈴木敏文さん(81歳)。

一方、ローソンは、
玉塚元一COOが社長の座につく。

5月1日付け。

新浪剛史さんは、
代表取締役会長。

今回、玉塚さんの意思だと思うが、
CEO職、COO職を廃止。
社長の権限を強化するため。

ここはイトーヨーカ堂とは異なる。
つまりあちらはCEOの力が、
依然として強いということ。

玉塚さんは、
4年後の2018年2月期の数値目標を発表。
連結営業利益1000億円、
自己資本利益率20%。

昨2013年2月期は、
営業利益662億円、
自己資本比率15.2%だった。

日経新聞の記事では、
玉塚さんの見解が披露されている。
「小商圏における製造小売企業として
世界一になる」

そのためにM&Aに意欲を示す。
「シナジーや関連性のある企業など
様々チャンスがある」

この発言は、
実現可能性の高い数値目標と比べると、
大風呂敷の感が強いが、
丹羽さんの指摘することとは違う。

すぐに撤回することも、
その必要もないだろう。

社長として、
世界一の小商圏製造小売業を、
目指し続ければいいからだ。

しかしローソンの眼前の、
セブン-イレブンという高い高い壁。

これは慶應義塾體育會蹴球部が、
早稲田大学ラグビー蹴球部を破るのとは、
わけが違う。

慶応蹴球部とオールブラックスぐらいの差、
といったら言い過ぎか。

トップの発言としては、
それが成し遂げられなければ、
責任をとるくらいの心持ちだろうし、
そのことを玉塚さんは言いたいのだろう。

しかし、いずれにしても玉塚さんは、
ユマニストではなさそうだ。

教える人は教えに、
指導する人は指導に、
精を出そう。

社長は社長職に、
会長は会長職に、
精を出そう。

勧める人は勧めに、
売る人は売りに、
つくる人はつくりに、
精を出そう。

立教大学大学院修了生諸君、
心から、おめでとう。

〈結城義晴〉

 


2 件のコメント

  • 結城先生

    以前、イオンリテールワーカーズユニオンの機関誌取材で伺わせて頂いたメディア・ミルの山本です。
    立教大学大学院教授としてのお務め、お疲れ様でした。
    結城先生のブログは、よく拝見させて頂いておりますが、今日のブログは、教育者としてのコメントがとても素晴らしく、感動してしまったので、コメントを書かせていただきました。
    これからの産業を担う、優秀な人材を30名お作りになられたこと、
    素晴らしいことだと思います。
    直近の消費増税や世界経済、地球温暖化、少子化等、小売業に立ちはだかる問題はこれから、次から次へと襲ってくるかと思います。
    そのような中で、結城先生が育てられた生徒さんは、必ず数々の難問を乗り越え、解決して頂ける人材だと期待しております。
    結城先生、これからも、小売・流通業の発展のためにご活躍いただければと思います。

  • 山本英司さま、ご投稿感謝します。

    私が指導した立教の大学院生はすべて社会人です。
    もう既に活躍していますし、これからさらに社会に貢献してくれます。

    イオンからも、結城ゼミ第一期生にひとり、参加してくれました。
    田村直純さんといいます。

    私はこれから、商業に専念して指導し、教え、学びます。
    それに精を出します。

    彼らも自らの仕事に精を出してくれることを信じています。

    ありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
商人舎2021年 ミドルマネジメント研修会<第17回>2021年6月8日(火)~9日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原<第18回>2021年9月14日(火)~16日(木)<2泊3日>開催場所:熱海
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.