結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2015年04月08日(水曜日)

1994年「上越ウィング」と上越のマーケットニッチャー「イチコ」

4月に入って、
東京では5年ぶりに、
雪が降った。

その寒気団に覆われた日本列島を、
新開通した北陸新幹線に乗って、
軽井沢を過ぎ、長野から、
上越妙高へ。
DSCN9977-5

左手に標高2454mの妙高山も見える。DSCN9973-5

新築された上越妙高駅で、
㈱ブルーチップの皆さんに、
出迎えていただいた。
DSCN9980-5
真ん中が宮本洋一社長、
右が鍋島丈夫営業統括部長。

それからこのエリアの店舗を視察。

まず、イチコ直江津店。
DSCN9981-5

隣はファーストリテイリングのGU。
DSCN9982-5

それからイチコ高田西店。
DSCN0008-5

この店はツルヤをベンチマークして、
店づくりがなされた。
DSCN0006
イチコは上越市に地盤を持つ、
クォリティ&サービス型スーパーマーケット。
現在7店舗で、年商93億円。

私はマーケット・ニッチャーと位置づけた。

一方、マーケット・リーダーは、
アクシアルリテイリングで、
店舗バナーはナルス。
DSCN0010-5
もともとは上越市のナルスが、
長岡市に本部を持つ原信と経営統合。
さらにフレッセイが加わって、
アクシアルリテイリングへ。

新潟県ナンバー1のスーパーマーケットから、
北信越北関東のリージョナルチェーンとなった。
2014年3月期売上高1724億円、
経常利益57億6200万円。

株価も3550円と絶好調。

この店は業績同様、
状態のいい新店。
DSCN0011-5

この他、上越市には、
バローが進出し、
もちろんイオンモールも、
デンと構えている。

そして懐かしいのが、
上越ウィング。
DSCN9983-5
日本初のパワーセンターとして、
1994年6月オープン。

私は㈱商業界の月刊『食品商業』編集長で、
大特集を組んだ。

当時は核店舗にカウボーイ、
コメリなどが入って、
さらにほとんどがワンフロアで、
広大な駐車場を持っていた。

そのカウボーイも撤退し、
ロゴの跡だけが残る。
DSCN9985-5

コメリパワーとバナーがつけられていたが、
現在はこんな感じ。
DSCN9988-5

カウボーイは当時、勢いのある、
週末型ディスカウントスーパーマーケットだった。

そこでダイナマートが出店。
DSCN9992-5
こちらは確か、生鮮ディスカウンターと、
シーツー・ネットワークが共同出店していた。

今はひらせい。
DSCN9990-5

ホームセンターもコメリとひらせい。
DSCN9993-5

テナントも随分、撤退して、
質屋や温泉などが入っている。
DSCN9987-5

ショッピングセンターはオープンする時点で、
第5次くらいまでの増床計画を持たねばならない。
店舗にも将来の増床計画はあったほうがいい。

上越ウィングの周辺には、
オープン当時も土地はあった。

しかしそれを確保することもなしに、
周辺にインモールなどができて、
だんだん陳腐化していった。

いまは最新の北陸新幹線と対比的に、
古い古い上越ウィングが残る。

私には感慨深いものがあった。

上越市は桜の名所。
DSCN9999-5
車で通過して、
講演会場へ。

㈱一小イチコ協力会第34回総会。
DSCN0019-5

その記念講演。DSCN0021-5

300人以上の取引先の皆さんが、
参集して、盛況。
DSCN0045-5

前列には協力会幹部の面々。DSCN0029-5

コンテスト型競争の本質と、
その中でマーケット・ニッチャーの、
採用すべき戦略を、
90分間、語った。
DSCN0050-5
ご清聴を感謝したい。

その後、全員での着席懇親会。

そして二次会。
DSCN0057ー5
私の両隣りが、
竹内寿イチコ会長と竹内一夫社長。
社長の隣は義理の弟さんの根橋弘樹さん。
日清食品冷凍㈱プロダクトマネジャー。
両サイドはブルーチップの宮本さんと鍋島さん。

竹内寿会長は、77歳。
商品に造詣が深く、
そのモットーは、
「よい商品を適正な価格で提供すること。
安全でごまかしのない商品を扱うこと」
じっくりと話をして、
随分と勉強になった。

マーケット・ニッチャーは、
隙間企業ではない。
ニッチとは「正当に位置づけられた存在」。
小さくてもその市場で存在感のある企業が、
マーケット・ニッチャーだ。

イチコは全国でも珍しい、
そのマーケット・ニッチャー。

マーケット・リーダーは、
圧倒的なシェアを持つトップ企業。
マーケット・チャレンジャーは、
リーダーとは判然と異なる戦略を打ち出す企業。
そしてマーケット・フォロワーは、
リーダー、チャレンジャーを追随、模倣する企業。

そしてマーケット・ニッチャーには特に、
竹内寿会長のような一徹の哲学が必須である。

最新整備新幹線の北陸新幹線、
日本初のパワーセンター上越ウィング、
そしてマーケット・ニッチャー「イチコ」の哲学。

時代を行ったり来たりして、
実に感慨深い一日だった。

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
第18回 ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.