結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2017年10月15日(日曜日)

[日曜漫歩]サンフランシスコ湾の夕陽

ああ、神は、
最初の日に昼と夜をつくり、
次の日には、天をつくった。

三番目の日に海と地をつくり、
植物を茂らせた。
四番目の日には、
太陽と月と星をつくった。

五番目の日に、魚と鳥を、
六番目の日には、動物をつくった。
そしてこの日、自分に似せて、
男と女を創造した。

そして七番目の日に、
神は、休んだ。

それが日曜日。

畏れ多くも神は漫歩などしないだろうが、
人間の私はサンフランシスコを日曜漫歩。

それにしても北カリフォルニアの山火事。
DSCN7827.JPG7

連日の現地報道。
DSCN7819.JPG7

消火活動も展開されている。DSCN7831.JPG7

しかしこれだけの地域が焼けた。DSCN7835.JPG7

その影響が出た。

日航ホテル25階から市街を臨む。
DSCN7646.JPG7

北の山の上層部は、
茶色い空気に覆われているDSCN7647.JPG7

ゴールデンゲートブリッジは快晴だが、
その背景の山の上には茶色の幕。
DSCN7673.JPG7

アルカトラズ島はくっきり。DSCN7672.JPG7

そして平和堂研修団は元気。DSCN7668.JPG7

しかし夕方になると、
アルカトラズの周りに霧が立ち込め、
その後ろにはやはり茶色の幕。
DSCN7746.JPG7

アルカトラズがぼんやり浮かび上がる。DSCN7744.JPG7

木々が焼けた煙が、
ベイエリアを覆っていく。
DSCN7747.JPG7

しかし、そのために、
夕陽が大きく見える。DSCN7521.JPG7

ベイブリッジに向かう。DSCN7527.JPG7

車の列の上に大きな夕陽。DSCN7532.JPG7

右手はるか遠くに金門橋、
その左にサンフランシスコ市街。
そして夕陽が沈み始めた。
DSCN7533.JPG7
トレジャーアイランドに降りて、
夕陽を鑑賞。

景観は左からベイブリッジと貨物船。  DSCN7542.JPG7

サンフランシスコの街。DSCN7541.JPG7

そしてゴールデンゲートブリッジが、
浮かび上がる。
DSCN7538.JPG7

陽は沈み始めた。
DSCN7543.JPG7

金門橋と夕陽。
DSCN7544.JPG7

また貨物船が通る。
DSCN7549.JPG7

その貨物船がベイブリッジに抜ける。
DSCN7553.JPG7

その間に夕陽はずいぶん低くなった。
DSCN7555.JPG7

少しずつ、すこしずつ。
DSCN7560.JPG7

静かに降りていく。
DSCN7564.JPG7

そして夕陽は大きくなる。
DSCN7572.JPG7

山火事の煙の層があるからこそ、
こんなにくっきりと大きく見える。
DSCN7575.JPG7

まん丸の夕陽が沈む。
DSCN7578.JPG7

木々の陰に夕陽がかかる。
DSCN7582.JPG7

沈んでゆく。
DSCN7588.JPG7

静かだ。
DSCN7589.JPG6

サンフランシスコベイで、
壮大なドラマが展開される。
DSCN7591.JPG7

ああ、沈んでしまう。
DSCN7592.JPG7

カモメが羽を翻した。
DSCN7599.JPG7
陽は沈んでもしばらく、
サンフランシスコ湾は、
赤い空気に包まれていた。

〈結城義晴〉


「月刊商人舎」購読者専用サイト商人舎magazine

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外 視察研修会
ミドルマネジメント研修会

ミドルマネジメント研修会in湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
マス・カスタマイゼーション

杉山昭次郎・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.