結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2021年02月22日(月曜日)

象徴天皇誕生日と「全体の奉仕者」の「崇高な仕事」

Everybody! Good Monday!
[2021vol⑧]

2021年も第8週となった。
2月は早くも第4週を迎えた。

一月、往ぬる。
二月、逃げる。

しっかり握っているつもりでも、
指の間からするりと逃げてしまう2月。

だからといって、
ギュッと握りしめてはいけない。

たとえば掌で卵を包むように、
ヒヨコを手の中に収めるように、
2月をソフトに握りしめてやらねばいけない。

ゴルフスウィングのグリップの要領だ。
51U+6Jfb+OL._SX403_BO1,204,203,200_
なんでもゴルフに喩える。
荒井伸也先生のようになってきた。

いけない、いけない。

さて今週は、
明日の火曜日が、
第126代の天皇誕生日の祝日。
令和に入って二度目となる。
41obc-ts8QL._SX380_BO1204203200_
天皇は日本国の象徴であり、
日本国民統合の象徴である。

世界でも例のない「象徴天皇制」。
その意義は私たちも理解しておきたい。

前にも書いたけれど、
イギリスとフランスの話。

昨2020年1月末日、
イギリスは正式にEUを離脱した。
袂を分かったことになる。
もう1年が経過する。

そのことを忘れさせるように、
COVID-19の嵐が吹き荒れた。

英仏は二度の世界大戦では、
連合国として共闘した。
が、歴史的に仲は悪い。

しかしそのフランス人が、
ひとつだけイギリス人に対して、
うらやましいと思うことがある。

それは「王」の存在に関することだ。

イギリスは1688年の名誉革命で、
英国王室を残した。
無血革命と呼ばれた。
51-R9m+keqL._SX326_BO1,204,203,200_

現在は1952年に即位したエリザベス2世。
私が生まれた年に女王となって、
68年間も在位している。

対するフランスは、
フランス革命によって、
1793年にルイ16世をギロチン台に送って、
王室制度を廃止した。
511E-PI9HxL._SX351_BO1,204,203,200_

ヨーロッパで王室が存在するのは、
イギリスのほかに、
オランダ、ベルギー、ルクセンブルク、
ノルウェー、スウェーデン、
デンマーク、スペインなど、
結構、君主制の国が残っている。

フランス人はライバルのイギリスに対して、
王政を廃止したことを悔やむ。
やや、うらやましいと感じている節がある。

今や先進国では、
専制君主制などありようがないから、
立憲君主制も悪くはないという空気だ。

だから緩やかな君主制もいいだろうし、
とりわけ、わが象徴天皇制などは、
優れたシステムなのかもしれない。

若い人たちの大半は、
天皇誕生日も単なる休日のひとつと、
割り切って捉えているのだろうが、
それも非難すべきことではない。

海の日だって山の日だって、
ある意味では象徴の祝日だ。

象徴天皇の誕生日の祝日は、
同じように象徴と見られてもいい。

二十四節気では今は、
「雨水」から「啓蟄」への間となる。

「立春」は今年で言えば2月3日で、
寒さのピークだったし、
「雨水」もそれほど目立つ日ではないから、
新しい天皇誕生日は、
「春の到来を意識する祝日」と、
位置づけられることになるかもしれない。

それもよし。

販促企画も「天皇誕生日」と謳う企業はない。
商売上は単なる春の祝日との認識だろう。

さて、
新型コロナウイルス問題は、
ファイザー社製のワクチンが、
医療従事者から順に粛々と接種されている。
faiza0--448x300

しかし通常国会は、
「東北新社」問題で揺れている。
suga
菅義偉首相の長男・菅正剛氏らによる、
総務省幹部への接待問題では、
接待を受けた人数と回数が、
さらに多かったことが明らかになった。

12人が延べ38回。

国家公務員倫理規程違反の疑い。

懇親会や忘年会、暑気払いの名目で行われ、
もう接待は常習になっていた。

2人が事実上更迭され、
懲戒処分はさらに広がる模様だ。

しかし国家公務員倫理規程を、
知らないわけではないから、
感覚が麻痺していたに違いない。

麻痺させてしまったものの真因は何か。

清廉潔白で優秀だとされた日本の官僚が、
どんどん腐っていくとしたら、
これこそ国家的損失だ。

官僚は「公僕」と言われ、
「全体の奉仕者」である。

日本国憲法第15条。
「すべて公務員は、全体の奉仕者であって、
一部の奉仕者で はない」

さらに国家公務員法第96条。
「すべて職員は、国民全体の奉仕者として、
公共の利益のために勤務しなければならない」

この「奉仕者」という点は、
小売業・サービス業の組織にも当てはまる。

日本の官僚や公務員はかつて、
国民の「奉仕者」としてまっとうだった。

日本の商業者やサービス業者は、
顧客の奉仕者をまっとうする。

しかし国会中継などで、
「倫理規程違反」や「忖度」が露になり、
それがウイルスのように伝播するのが怖い。

東京電力の福島第一原子力発電所3号機。
昨年設置した地震計が故障していて、
13日の震度6の地震について、
データが記録できていなかった。

いやな空気が流れている。
その空気を一掃したい。

店や売場、現場には、
そんな嫌な空気を払いのける、
清廉な存在感がある。

仕事には崇高な精神が宿っている。

それが救いである。

清廉な職場を大事にしたい。
崇高な職務を磨きたい。
202102_cover-pic

では、みなさん、今週も、
くじけずに、仕事に邁進しよう。

Good Monday!

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
2021年2月
« 1月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28 
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.