結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2021年09月22日(水曜日)

イオンスタイル横浜瀬谷開業取材と「万引き防止」の言葉

シルバーウィーク。
なんだか高齢者週間のイメージ。
だからだろうか、この言葉は、
最近、あまり使われない。

それに祝日は、
月曜日の敬老の日と、
木曜日の秋分の日だけ。

ゴールデンウィークと比べると、
明らかに見劣りする。

同時に今週は彼岸週間。
月曜日が彼岸の入り、
木曜日が彼岸の中日、
日曜日が彼岸の明け。

テレビなどで報道されるのは、
「人流」は増えていることだ。

それでも全国の新規陽性判明者は、
一昨日の月曜日で2224人、
昨日の火曜日が1776人、
今日の水曜日が3245人。

この沈静化、
いったいどうしたことだろう。

今日は午前中、オンライン会議。
㈱True Dataの取締役会。

お陰様で好調な営業状況。
それでも次々に様々な問題が起こる。

まるで映画のようだ。

しかし会社はどこでも、
そんなドラマのようなものだ。

事実は小説よりも奇なり。

役員会が終わったら、
東横線で横浜駅へ。
それから相鉄線で瀬谷駅へ。

その駅前に、
今日、グランドオープンしたのが、
イオンスタイル横浜瀬谷。
IMG_68031
商人舎流通スーパーニュース。
イオンリテールnews|
駅直結「イオンスタイル横浜瀬谷」9/22オープン

今日はイオンリテールの広報が、
記者たちに大いにサービスしてくれて、
朝と午後の2回、取材の機会を設けてくれた。

ありがたい。

私は当然、午後の部。

2層のフード&ドラッグ。
1階は生鮮食品、日配品、
そして惣菜の売場。  IMG_68051

2階は駅直結の駅側の入り口は、
イオン薬局のドラッグストア。
それからグロサリーと酒売場、
さらに冷凍食品売場。
IMG_68981
その1・2階をエスカレーターが結ぶ。

意欲的な試みで、
問題を解決しようとしている。

イオンリテールの商品力は、
俄然、向上している。
ちょっと感心した。

店長は津留﨑敬樹さん。
初めての新店店長。
現在、45歳。
IMG_68881
この店の前は横浜のイオン駒岡店店長、
その前は奈良のイオンいかるが店店長。

その奈良時代に優秀店長となって、
アメリカ研修に参加した。
講師は結城義晴だ。

この店でも必ず成果を上げる。
私はそう思った。

それから林博明さんは、
南関東カンパニー東神奈川事業部長。  IMG_68741
林さんも最近、
ヒット店舗を次々に出している。

そしてそれらはいずれも、
スーパーマーケット業態である。

それから吉田和弘さん。
経営企画本部広報部長。IMG_31871
吉田さんの配慮で、
午後の部ができて、
私も参加することができた。

感謝したい。

イオンスタイル横浜瀬谷。

競合相手は、
駅を挟んだ反対側の、
イトーヨーカドー食品館瀬谷店。
IMG_69081
2018年3月31日オープンの2層。
こちらもスーパーマーケットだ。

そしてイトーヨーカドーから、
ビル2つ隣がマルエツ瀬谷店。
こちらは1フロアのスーパーマーケットで、
2階にテナントの非食品ショップが入る。

スーパーマーケットの激戦。

日本中の傾向だ。

月刊商人舎10月号で分析しよう。

さて、朝日新聞に面白い記事。
「”謎の言葉”で万引き3割減」

読んだ人もいるだろう。

ベイシアフードセンター常滑店。
愛知県常滑市の店だ。

万引きの被害が半年で3割減った。

2種類の不思議な言葉を、
店のあちこちで
利用客の目に触れるようにした。

それは、
「万引き防止 実験Ⅱ」

昨年10月、黒地に白字のカードに、
この文句を書いて棚に置いた。
カードは縦7cm、横5cm。
プライスカードとほぼ同じ大きさ。

菓子や卵、ビールなどの売場に、
合計1000枚以上。

さらにレジ前の床には、
「防カメピント調整」の文字。

発案したのは、
愛知県警常滑署生活安全課長、
中川元宏警部、46歳。

「防犯カメラなどの対策に気付かせて、
思いとどまらせるのが狙いです」

多くの店にあるのは、
「防犯カメラ作動中」の文言。
見慣れてしまって万引き犯には、
効果が薄い。

ヒントにしたのは「仕掛学」。
著者は松村真宏大阪大学教授。

人の行動を促すアイデアを、
研究対象とする学問。

この効果は大きかった。
昨年9月から半年間の万引き被害額は、
前年同期比で30.7%減少。

松村教授によると、
誰かに見られていると感じると、
実際には見られていなくても
恥ずかしくない行動を取るようになる。
「被視感」というが、
それを利用した仕掛けだ。

警部ではなくて、
店長や店員さんから、
こういったアイデアが出たらよかった。

読書して、考察する。

商売は行動科学だし、
店舗運営は心理学だ。

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.