2019年11月の標語

よそに合わせてどうすんねん!

中国戦国時代の荘子。
「変化こそ不変の真理である。
流転こそ万物の真相である」

日本にも同じ思想を持つ者はいた。
明治時代の岡倉天心。
「変化こそ唯一の永遠である」

イギリスの作家イズレイル・サングウィル。
「すべてのものは変化するが、
変化のみは不変である」

商業界主幹の倉本長治も言い残した。
「変化するという事実だけが、
変化しない」

だがピーター・ドラッカーは説く。
「エントロピーの法則」。
組織は放っておくと陳腐化する。

「いかなる経済といえども、
放置しておくならば資本の生産性は
確実に逓減に向かっていく」

陳腐化も逓減の法則も、
変化であることに変わりない。
しかし、この変化には対処法がある。

ご存知、上田惇生。
ポストモダンの七つの心得のひとつ。
「自ら陳腐化せよ」

自ら陳腐化するとは、
破壊的イノベーションを、
自ら企図せよということだ。

消費増税・軽減税率制度導入。
そして不公平競争のポイント還元。
目に見える波は動揺と混乱を引き起こす。

しかし海上の波の、ずっと下には、
大きな潮流のうねりがある。
波が変化なら、潮流も変化である。

その潮流の変化を捉え、
それに先行し、
自ら陳腐化する。

それを生み出すのはビジョンである。
支えとなるのはポジショニングである。
「よそに合わせてどうすんねん」(阿部秀行)である。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年5月12日(火)~18日(月)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会<第17回>2020年7月7日(火)~9日(木)<第18回>2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.