結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2008年03月19日(水曜日)

ウォルマート西友ドル安還元セールへ、「利は元にあり、しかし品質は維持・向上させよ」

今日、19日で、
日本銀行福井俊彦総裁の任期が切れた。
このドル安円高のまっただ中に、
「財界の法王」とまで言われた最重要ポジションが、
空席となる。

逆に考えると、この局面で、
空席でも支障なしという職責に、
堕してしまっていたことが、
明らかとなったのか。

 この緊張感のなさが、
現在の私たちの国の実態なのか。

さて、昨日のこのブログで、
「ドル安還元セール」の提案をした。
早速、ウォルマートは、日本の西友で、
それを始めると、発表。

エドワード・カレジェッスキーCEOは、
日本経済新聞記者に対して、語ったという。
「直輸入品拡大に大きな商機あり」

もともとウォルマートは、
創業者サム・ウォルトンの時代から、
偉大なるハイ・ロー・オペレーターと言われていた。
すなわち、
「商機に対するに敏なり」のDNAを持つ。

それが、現在の世界的商品調達力を活かして、
発揮されるわけだ。

ただし、そういった商品が、
人々の暮らしに必需の生活財かどうかはわからない。

もうひとつ、
「素性の確かな商品」であることを忘れたら、
それは意味がない。

私の言葉でいえば、
五つの方法。

一 利は元にあり
二 利は売りにあり
三 利は内にあり
四 利はこの品にあり
五 利は他の品にあり

ここに、
「品質は、維持・向上させよ」という表現が付かねばならない。
現在は、特にそうだ。

だからこうなる。

一 利は元にあり、
  しかし品質は維持・向上させよ
二 利は売りにあり、
  しかし品質は維持・向上させよ
三 利は内にあり、
  しかし品質は維持・向上させよ
四 利はこの品にあり、
  しかし品質は維持・向上させよ
五 利は他の品にあり、
  しかし品質は維持・向上させよ

昨3月18日、福島出張。
いちいの取り引き先との会合で講演。
いちいは、福島県に展開する年商174億円のスーパーマーケット。
鮮魚部門がとりわけ強化されている。
私は、これからのローカルチェーンは、
特徴を持たねばならないと思っている。
それも「際立った特長」
「際立った特長」を少なくとも二つは持たねばならない。
それは二つの部門という意味ではない。
二つの部門でもよいし、
鮮魚部門とホスピタリティ溢れるレジチェッカー部門でもよい。

スーパーマーケットの原理原則を徹底したうえで、
それができれば、必ずサバイバルできる。

いちい代表取締役社長・伊藤信弘さんは、
私より5歳下の脂ののったトップマネジメント。
いちい2
勉強熱心で、体力・気力充実。
今後が大いに期待できる。

講演では、私の持論を展開。
取引先との間に共通言語、共通認識を持って、
一体となって、まずは2010年の区切りまで、
頑張ってほしいものだ。

<結城義晴>

 

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.