結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2008年03月20日(木曜日)

「春分の日」から4日間の書き入れ時に黒田節子のマーケティング!

今日は「春分の日」。
けれど、全国的に雨模様。
西から少しずつ、あがってくる。
雨模様
今日からの4日間。
書き入れ時。
出だしは、雨模様だが、
だんだん良くなる法華の太鼓。
週末を楽しみに。
桜の木私のオフィスの窓から見える桜の木。
世の大勢とは別世界のように、
人々の暮らしは淡々と行われる。
小さな喜び、小さな悲しみ、
小さな出来事が少しずつ現れては消える。
そんな暮らしの機微に触れつつ、
大衆とともに生きるのが商業である。

ちらほらちらほらと桜の花が開いた。
今日から、プロ野球は、
パシフィック・リーグが開幕。
私は、生まれ故郷の福岡をまだ引きずっていて、
だから今は存在しない「西鉄ライオンズ」ファン。
日本経済新聞・スポーツ欄のコラム、
豊田泰光の「チェンジアップ」を愛読している。

三原脩監督のチームづくり、モデルにしている。
選手をとことん信じる采配。

さてプロ野球が始まると、春であることが、
強く認識される。
ビールが美味くなる。

そして食べ物も、バラエティが出てくる。
生活に意欲が出る。

社会全体に、元気が出てくる。
それがわが日本の特長だ。
自分たちの特長や強みを、正しく認識し、
それを意識して、生きていくことと、
無意識のうちに過ごすのとでは、
大きな差が出てくる。

大事なことだ。

今日は、私は、原稿書きの仕事。
テーマは「マーケティング」。

マーケティングとは、
Market(市場)をingさせる(動かす)こと。

これは、マーケティング・コンサルタントの黒田節子先生の定義。
素晴らしい。
だから私も、この定義を、
基本に据えて考えを組み立てる。

言葉とは面白いもの。
本当に。

英語で、マーケット、フランス語でマルシェと言えば、
二つの意味を持つ。
ひとつが、市場(いちば)。
生鮮品など持ち寄って売る市が立つところ。
売り手と買い手が定期的に特定の商品を取り引きするところ。
狭義の意味という。
もうひとつが、市場(しじょう)。
こちらは需要と供給の間に存在する交換関係を意味する。
金融市場、日本国内の家電マーケットなどという。
広義の意味。

日本語のほうが意味の規定が明確で、
間違いが少ないだろうけれど、
市場と漢字で書くと、Market、Marcheと同じになる。

いずれにせよ、マーケティングは、
その広義のマーケットを、
動かし、揺さぶり、価値を生み出す行為

ということになる。

商売そのものだ。

ご名答。

そう。

マーケットや市場が、大きい、小さいはあるが、
我々が毎日やっていることこそ、
マーケティングそのものなのだ。
人々の暮らしの機微をとらえ、
その小さな喜びをちょっとだけ増やして差し上げる。
それが私たちのマーケティング。
春分の日のマーケティング。

さあ、今日から始まる4日間の書き入れ時。
あなたは、あなたの店は、あなたの会社は、
どんなマーケティングを志すのだろうか。

<結城義晴>

追伸
4月17日「商人舎発足の会」詳細とお申込方法、
このホームページ左最上段に載せました。
是非、ご参加ください。
商人舎最初の仕事です。
結城義晴一世一代のイベントです。
張り切っています。

張り切りすぎて、
来週、目の手術です。
でもすぐ、復帰して、
また元気を売ります。
よろしくお願いします。
    

 

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.