結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2008年03月13日(木曜日)

㈱商人舎の事業の当面のガイドラインを発表します

お待たせいたしました。

いよいよ、わが㈱商人舎の事業が固まってきました。
ガイドラインをお知らせします。

①4月17日木曜日
 「商人舎発足の会」第一部講演会。

 事業として主催するのは、これが、記念すべき最初のものです。
 私、結城義晴が、4時間、基本的な考え方を丁寧にお話します。

 難しいことを易しく、
 易しいことを面白く、
 面白いことをより深く。

 この、商人舎の基本精神にのっとって、
 たとえて言えば、できるだけ「ひらがなの言葉」に、
 翻訳してお話しようと考えています。

 商人にとって、その生き方のうえで、
 「ひらがなの言葉」が、
 とても重要だと思うからです。

 この日、第二部では、
 「結城義晴君の独立を励まし
 商人舎発足を祝う会」

 が開催されます。
 嬉しいことです。
 結城義晴の一世一代の晴れ舞台。
 是非、ご参加ください。
 必ず、実り多き集まりにします。

②6月19日金曜日 渥美俊一の
 「小から中、中から大への成長セミナー」

 渥美俊一先生をメインに、
 結城義晴もたっぷり講義します。

 渥美先生は、チェーンストア産業の構築は、
 まず「ビッグストアづくり」から
 という基本政策を立てています。
 ここで言う「ビッグストア」とは、
 年商50億円以上の企業を指します。

 このビッグストアが基盤となって、
 人材と資産が蓄えられ、
 チェーンストアがつくられる。

 その最初のステップを丁寧に指導してくださるセミナーです。

 私の「商業の現代化」は、
 「近代化があって現代化がある」と言うものですが、
 それとまったく矛盾するものではありません。

 渥美先生は現在、
 ペガサスクラブという研究団体を主宰されています。
 だから、外部で渥美先生の指導を受けることは出来ません。

 特別に、商人舎の研修にだけ出講してくださいます。
 ありがたいことです。

 そして、このセミナーでは、実は、
 渥美先生のお話が、ペガサスクラブでの講義よりも分かりやすい、
 というメリットがあります。
 これにも是非ご参加を。

③6月から始まる「CDオーディオセミナー」

 商人ねっと㈱と㈱商人舎のコラボレーションによる
 「音と声」のセミナーです。

 私が、様々な経営者にインタビューします。

 商業インタビュアーとして30年間仕事をしてきた結城義晴の、
 最も得意とする、最も楽しい仕事です。

 私のインタビューを水元均さんの商人ねっとが上手に編集して、
 コンパクトなCDにまとめます。

 車の中でも、自宅でも、どこでも、いつでも、
 耳から学びや気づきを得られるセミナーです。
 

④6月30日から7月6日
 「商人舎アメリカ視察研修」

 ダラス・ニューヨークを中心に、
 「米国最も働きたい企業ランキング上位」
 小売業・商業を網羅したセミナー。
 ニューヨーク
 ウェグマンズ、ホールフーズ、コンテナストア。
 スチュー・レオナード、トレーダー・ジョー、コストコ。
 まだまだたくさんの店、ショッピングセンター。

 今回は私、結城義晴がアメリカ視察の体系を、
 総整理して臨みます。

 7月4日の「独立記念日」に、
 私たちはニューヨークの街にいます。

 郊外のショッピングセンターにも訪れます。
 大統領選挙の盛り上がりの中、
 アメリカ人が、ニューヨーカーが、どんな暮らしをするのか、
 それに商業者がどんな対応をするのか、
 じっくりと観察します。

 もちろんアメリカ小売業から学ぶべきことは、
 網羅します。
 そして私も、参加者も、「自ら、変ります」

 ダラスでは、ローカルチェーンのHEバットと
 ウォルマートの闘いをじっくり見ます。
 HEバット元上級副社長のフレミングさんのレクチャーも受けます。
 ウォルマートの店長のインタビューもします。
 マーケットストリートの店長は顔なじみです。

 小売業に誇りを持って働くアメリカ人にたくさん会います。
 そんなアメリカ研修です。

⑤7月から毎月1回「二人のビッグセミナー」

 結城義晴と各分野の権威・専門家との
 具体的且つ専門的なワンデーセミナー。

 渥美先生と結城義晴のセミナーのようなスタイル。
 当面は結城の得意なスーパーマーケット分野から

 7月、8月、9月、10月、11月と続きます。
 詳細は近日、公開の予定。
 乞う、ご期待。

今日は、お知らせばかりで恐縮。

しかし、勉強と体験の機会をご用意します。
私自身、猛烈に勉強します。
そして皆さんと一緒に、変ります。
その決意です。

是非是非、ご検討ください。

今、単行本の執筆で、極限状態です。
1週間ほどで、まとめるのです。
これが実は、2番目の事業でもあるのですが。

「今日も一日、慌てず、急げ」

<結城義晴>

 

 

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.