結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2008年03月14日(金曜日)

2009トレードショー実行委員会と日本セルフ・サービス協会総会

ドル安がとどまらず、
とうとう1ドル100円を切った。
12年ぶりに、99円台に。

世界の通貨、ドルには安定してもらうほうがよい。
グローバル化が進む中での世界通貨のドルは、
世界言語の英語と並んで、世界標準。

世界標準は、何よりも安定がよい。
少なくとも小売業やサービス業にとっては、
それがよいと思う。

消費財産業やホスピタリティビジネスは、
相場の乱高下で儲けたりはしない。
だから平和産業なのだ。

戦争産業は、戦争による混乱が、相場の波をつくり、
それによって儲けをつくったりする。
私たちには、それがない。
だからドルも、安定してもらいたいものだ。

さて3月13日、千葉県成田エクセルホテル東急。
日本セルフ・サービス協会の通常総会。
その前に、今年2月の第42回目の、
2008年スーパーマーケットトレードショーの結果報告。
実行委員会
出展規模は1009社2246小間。
海外からも24カ国、145社86小間の出展があった。
このインターナショナルなエキジビターは、
今後、どんどん増えるに違いない。

来場者数は、3日間で、7万5052人。
昨年が7万3542人であったから、1510人の増加。
今年は、初日に登録して、2日目にも来場といったケースが多かった。
事前登録してIDを発行する場合もこの来場者数にカウントしない。
だから、実際に数えたらもっともっと増えたはず。
あくまで予測だが、8万人は超えただろう。

来場者の内訳。
①スーパーマーケット・総合スーパー42.2%
②食品メーカー11.7%
③食品関連卸売・商社・輸入代理業11.4%
④設備機器メーカー8.3%
⑤ホテル・飲食業・サービス業6.0%

前年よりjも伸びたのは、①と②、
そして、コンビニ・FC4.6%、百貨店・各種専門店4.2%、
さらにドラッグストア2.4%。

エキジビターもビジターも増えたうえに、
ターゲットがフォーカスされてきた。
すなわち専門フェアとして、
規模が拡大しつつ、精度が高まってきたということ。

これだけの国際級の食品フェアで多数の来場者を迎えながら、
ゾーニングや事前登録システムがうまくできているために、
混乱がほとんどなかった。

併催催事の基調講演、特別講演、無料セミナー、
レセプションパーティ、食の商談会なども大盛況だった。

これだけの事業が、多くの協力者があるとはいっても、
基本的に10人の協会職員を中心に企画運営されていることは、
驚異に値する。
三浦正樹専務理事をはじめ運営事務局の皆さん、
そしてとくにチーフプロデューサーの川崎かおるさんには、
「ご苦労様」と言いたい。
日本のスーパーマーケット応援団長として、
「ありがとう」とお礼を述べたい。

さて、来年の第43回トレードショーは、
2月11日、12日、13日。同じくビッグサイトで開催される。
テーマは、“創”ニッポン。
今年、来場できなかった皆さん、ぜひおいでください。
今から、手帳に予定を書き込んでください。
出展を希望する皆さん、早めにお申し込みください。
来年の満小間時期は、早い。

スーパーマーケットトレードショーは、
何のためにあるのか。

もちろん、日本のスーパーマーケット産業の健全な発展のため。
これは最大の目的。
しかし、私は思う。
「つくり手を育てるため」
つまり小さなメーカーや生産者を発掘し、彼らの販路を開拓する目的。
さらに言えば、「スーパーマーケットは最も敷居の低い食育の場」。
トレードショーは、だから、顧客を育てる目的ももつ。
従って、こうなる。

売り手を育て、
つくり手を育て、
買い手を育てる。
そして、
日本の食文化を育てる。

そんな目的をもつものなのだ。

さて、トレードショー実行委員会の後、
平成19年度通常総会。
そして協会事業説明会。
さらに特別講演会。
講師は、私、結城義晴。

日本セルフ・サービス協会50周年事業の目的と内容。
「最も働きたい企業をつくることとは何か」。
そして、薬事法改正を実現させたもの。
これらは、ご理解いただけたと思う。

次の50年に向けて、私たちは何を残すか。
「人を残す」
これです。
だからコーネル大学リテール・マネジメント・アカデミーを、
この秋、日本に開設する。
これは日本のスーパーマーケットの業界内大学です。
ご理解とご協力のほど、
お願いします。

<結城義晴>

 

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.