結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2008年04月10日(木曜日)

総合スーパー、ファミレス、かつての主流総衰退、イノベーションが求められている

わが「商人舎発足の会」まで「あと7日」

少しずつ、高揚してきました。

2月1日に、会社設立してから、2カ月と10日。
私たちの本当の出発が、17日なのです。

ご期待ください。

4時間の記念講演も「励まし祝う会」も、
サプライズを企画しています。
英知を集めて。

「期待を裏切らず、予想を裏切る」
この心意気です。

さて今日は、仙台に出張。

テラオカニューバランスフェアで講演。

入院・手術後、初めての90分。
無理せず、それでいて誠実な講演を心がけますが、
語っているうちにいつものようにテンションが上がり、
いつしか全力投球。
こうなってしまいます。

東北の皆様、ご期待ください。

 

昨日は、午後から、
東京・渋谷で新しい単行本の打ち合わせ。

フリー編集者・二宮護さんと、
㈱産学社編集部・新垣宜樹さん。

「小売業」に関する本質的で初歩的な解説本を書きます。
夏から秋に向けて。

難しいことを、易しく。
易しいことを、面白く。
面白いことを、より深く。

これ、私の信条であります。

しかし今回は、「より深く」は、
抑えて、抑えて。
「イージー、イージー」。

易しく、易しく。
面白く、面白く。

これに徹する。

二宮さんは、日本実業出版で凄腕編集者といわれた。
あくまでクールで、あくまで誠実。
それでいて、つぼを押さえる。

私の大学時代の後輩、相棒、女房役、誕生日同じ。

私の『メッセージ』の編集も担当してもらった。

楽しみです。

 

その後、池尻大橋の東邦大学病院。
手術後の検査、診察。

手術した右目の眼圧は何と7。
正常な左目が、14。

入院前、右目は眼圧47だった。
「このままでは失明」といわれた。
それがここまでよくなった。

まだ油断は出来ないが、経過良好。

私、また一段と、気力が湧いてきた。

「志定まれば、気盛んなり」

 

最後に業界全体の話。
昨日書いた『商業統計』には、
昭和51年から「小売業態別統計」という項目が現れた。

この中に「総合スーパー」という中分類がある。
「総合スーパー」の中には「大型総合スーパー」という小分類あり。

今回の、その大型総合スーパーの数値と前回比。

①年商 7兆4397億円(前回比マイナス 11.5%)
②店数 1384店(同マイナス7.5%)
③売場面積 1585万0381?(同プラス4.3%)

売場面積は増え続けているものの、
年商は二ケタ台で減って、
しかも店舗数も減っている。
1384店で、ここからイオンは100店を閉鎖するという。
イトーヨーカ堂も、不採算の大型総合スーパーを、
177店舗のうち4分の1、リニューアルする。
このフォーマットは完全に衰退期、
そして改革期に入ったといってよいのではないでしょうか。

あたかもセブン&アイ・ホールディングスは、
ファミリーレストランのデニーズの大幅見直しに入ると発表。

かつての主流フォーマットが、
衰退期にはいり、
決定的なイノベーション、もしくは閉鎖に見舞われる。

 

『商業統計』はそんなことを表しているし、
時代は2010に向けて、
猛スピードで変わろうとしている。

<結城義晴>

 

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.