結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2008年04月30日(水曜日)

伊藤雅俊さんとコーネル・リテールマネジメント・アカデミーと荒井伸也さんの主張

伊藤雅俊さん
イトーヨーカ堂創業者で、
現在、セブン&アイ・ホールディングス名誉会長。

時価総額約60億円の個人所有株を、
幹部社員や勤続年数の長い社員に、
贈与される。

今朝の日経新聞一面のコラム記事。

「今年で50周年を迎えるのを機に、
社員の士気を高める」
こう、記者は書いているが、
それは、全く違う。

私は何よりも、伊藤さんの、感謝の気持ちが、
一番の動機だと思う。

日本最高の「商いの心」をもった企業グループ。
この商いの心を担ってくれた社員たち。
その社員への感謝の念。

創業以来の50年を思うときに、
伊藤さんの胸を去来したもの。

想像するだけで、ジンとする。

伊藤さんは昨年の決算期で、
2159万株を個人所有していらっしゃるが、
その1割を、この贈与に当てるという。

「無私と利他」を公言する私も、
改めて、伊藤さんに、脱帽のうえ、心より合掌。

さて、
コーネル・リテール・マネジメント・アカデミー。
この秋、10月にスタートします。

米国アイビーリーグのひとつ、コーネル大学
そのフード・エグゼクティブ・プログラムをベースに、
日本で食品産業を中心としたリテール・マネジメントを教える。
次代の経営者・経営幹部を養成する。
ドラッカー用語でいう「トップ・マネジメント」
その体系を教授し、その育成・養成をお手伝いする学校。
日本のスーパーマーケットの中の「産業内大学」。
日本の「スーパーマーケット大学」

大分、固まってきました。

28日、東京・神田の日本セルフ・サービス協会で、
会議がもたれました。

70時限のカリキュラムの叩き台を、私から提出。
それについての議論も進められました。
これが煮詰まって、さらに講師陣も決まっていきます。

荒井伸也さんを、主任講師に迎えます。
ご存知、作家・安土敏。
最近は小説『後継者』(ダイヤモンド社刊)が評判。
「結城義晴君の独立を励まし商人舎発足を祝う会」の
発起人代表をお引き受けくださった。

その荒井さんの言葉。
「サービス残業をなくすこと。
これが、日本の小売業にとって、
最も重要なことです。

サービス残業を認めるというのは、ゴルフで言えば、
手で好きなところにボールを運んでよろしい、とうこと。
それならば、どんなによいスコアでも出せる」

私も、もちろん賛成。

私のいう「働きたい会社、働きたい店」は、
お客様と働く人が、ともに満足する状態が維持されたもの。

だから当然ながら、サービス残業はあってはならない。
あってはならないと言いつつも、
それがあるべき論に終始してしまってはいけない。

荒井さんは、そこから始めるべきだと言う。
「サービス残業しないで、
高い給料を出せる高収益体質をつくる。

そのために科学的なマネジメントが、
必要になる。

だから科学的な作業体系が必要だし、
バックルームや店舗も、品揃えも、
科学的に設計されなければならない」

もちろんマーチャンダイジングもプロモーションも。
サービス残業を完全否定する厳しさの中から、
理想に近いマネジメントが生まれる。

「ドラッカーの考え方がベースです」と荒井さん。

私ももちろん、ドラッカー派。
ドラッカー主義者といってもよい。

コーネル・リテール・マネジメント・アカデミーは、
この精神をもとに、スタートします。

私は、思う。
ドラッカーの言うことは、
身も蓋もないことばかり。

しかしそれを実現させることが、
すなわちサイエンスなのです。
サイエンスでなければ、
名門コーネル大学からお墨付きをもらうことが、
出来るはずがありません。

この考え方を植えつけられた経営者が、
毎年、次々に育って生きます。

この考え方が、ベースにあれば、
卒業生は、自ら、道を切り拓いてくれます。

私は、そんな論理的な学校がつくりたい。
荒井さんの参戦は、なんとも心強いものです。

ありがとうございます。

会議の後、荒井さん、事務局と会食。
志が高いから、食事も会話も盛り上がった。
すべての人に感謝。
CRMA
お店は、御茶ノ水に近い「土桜」(におう)。
トマトは、実にワイルドで瑞々しかった。

来週からの渡米は、
コーネル大学マクラフリン教授にお会いするためでもある。

FMIジャパン事務局の中間徳子さんが先乗り。
頼りになります、中間さん。

日本商業の現代化に向けて、
ひとつ、足を、踏み出した気がします。

「志定まれば、気盛んなり」

合掌。

<結城義晴>

 

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.