結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2008年04月26日(土曜日)

商業経営問題研究会で品川昭さんの「SM競争力研究レビュー」に議論百出

4月23日、東京麻布台・商業界会館。
商業経営問題研究会が開催された。
リテイル・マネジメント・ラーニング・サークル。
RMLC。

最初に、座長の私からご挨拶。
先日の「商人舎発足の会」のお礼と、
そのときの主張のエッセンスを、
45分ほどお話させていただいた。

「知識社会の知識商人を養成する」

皆さんありがとうございました。

さて、今回は、世話人のお一人品川昭さんのご報告。
品川さんは、品川エコ・エコノミー研究所所長。
品川さん
パワーポイントを使っての、
丁寧なレクチャー。

テーマは、
「SM競争力研究のレビューと競争の現局面」

第一講は「SM競争力仮説のレビュー」
これは数年前から議論されていた「杉山ゼミ」の内容総括。
杉山昭次郎先生が座長、
磯見精祐さんが事務局長となった豪華版の勉強会。
その杉山ゼミでの長きに渡る議論の結論らしきものが、
品川さんによって解説された。

小売業における競争の定義。
・地域マーケットにおける
・店と店との
・顧客を取り合う
・闘い

安土敏さんの表現を借りると、
「小売業の競争は、
もともと寡占化の中で展開される」

私もこのご意見に、賛成。

すなわち、相手が見える競争。
だから「競合店対策」が盛んに研究される。

「競争力」の定義。
競争力とは、二つの側面を持つ。
①競争に強い店づくりが出来ること
②競争に強い小売りチェーンであること

①は、競争がどんなに激しくなっても、
継続して利益を保持し、
存続できる店。

②は、チェーンストア・マネジメントシステム、
マーケティング能力、
財務力、
この3要素で構築される。

競争に強い店づくり能力は、
・立地開発
・店舗企画
・商品・サービス・品揃え・売り方
・業務システム
・人的能力開発
この5つの要素に収斂される。
そして、これらの要素すべてにおいて、
競争相手に対し優っていること、
あるいは2~3の項目で突出して高いこと。

さらに絶えず店づくり能力を高めることが重要。

これ、杉山理論の真骨頂。

私は、「2~3の項目で突出して高いこと」
という表現が、何というか、好きだ。

ここから品川さんの展開は、
「能力⇒使命⇒利益」の循環理論へ。
そして「SMにおける競争と進化の過程」
「店づくり能力向上とイノベーション」
「業態開発過程」
そのための「マネジメント三層構造」へと発展する。
品川さんは、ヤオコーのケースとサミットのケースを対比させて、
三層構造を説明。

このあたりで、質問や議論交換。
メンバー
面白かったのは、ヤオコー大塚明常務の発言。
「サミットさんは男社会。
当社は女社会」

たとえ話だが、よく分かる、という意見が多かった。

ここから先、再び議論百出だが、
読者の皆さんに自分で考えていただこう。

品川さんの第二講は「SM競争の現局面」
1997年と2007年の政治経済比較。商業統計の10年比較。
日本のスーパーマーケット、共同仕入機構の、
規模的競争力比較、
食品マーケット規模、資本統合、
そして「現局面とこれからの競争」の俯瞰図。
結論は「新たなフォーマットの創造」
結論

ここでも議論百出。
1時30分から始まった研究会は、夕方5時まで続いた。

最後は、直近の値上げ問題の核心にまで迫る意見が出て、終了。
ありがとうございました。

よい研究会でした。

 

この研究会は、杉山先生、磯見先生のご功績の上に立って、
ずっと続いてきたもの。
充実させつつ、成果を生みたい。

またわが商人舎でも、いくつかの研究会を発足させたい。
乞う、ご期待。

<結城義晴>

[追伸]
私の著書『お客様のために いちばん大切なこと』
全国の書店に並び始めました。

一度、手にとってご覧ください。
よろしくお願いします。 

 

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.