結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2014年05月08日(木曜日)

いなげや成瀬直人社長「一に惣菜・二に生鮮」とイオン事業分類体系

今日は鈴木國朗さんが、
横浜商人舎オフィスを訪ねてくれた。
20140508200029.jpg
㈱アイダスグループ代表取締役社長。
同社は30周年を迎えて、
記念の品をプレゼントしていただいた。
おめでとうございます。
ありがとうございます。

コンサルティング・カンパニーで、
30周年はすごい。

今日、送られてきたばかりの
「Meiji Marketing Review」をもって、
一緒に写真。

さて4月1日の消費税増税後、
反動や影響はどうだったのか。

㈱いなげや社長の成瀬直人さんが、
日経新聞の決算トーク欄で答えている。
「購買意欲の衰えは全く感じない」

5月に入ってからの既存店売上高は、
前年同月を3%上回るペースだとか。

「和牛がびっくりするほど売れ、
高めのワインも好調だ」

従って、来年の2015年3月期連結経常利益は、
31億円と今年3月期対比1%増を見込む。
これはいなげやにとって、3期ぶりの増益。

2013年1月に社長に就任した成瀬さん。
「競争力を高めるための
改装などの投資は減らせない」。

1976年3月にいなげや入社のプロパー組。
様々な社内職歴を経て、
1998年、人事部長。

最近は、人事を始め管理部門の担当が長いが、
スーパーマーケットの経営戦略には長けている。

その食品スーパーマーケットにとって、
既存店へのリニューアル投資は、
新店開発よりも重要だ。

古くて小さな店が多いいなげや。
店舗改装作戦が、
企業の成長の鍵を握っている。

いなげやの前期は、
過去最大の改装年度だった。
小規模改装を含めて131店中約60店舗。
新店は5店舗だった。

来年3月までの今期も、
改装中心に活性化を果たす。

原則は「2年に1回サイクルの改装」。

そのリニューアル・コンセプトは、
一に惣菜、二に生鮮。
そのために、
惣菜子会社の㈱クックサンを本体に統合。
グループ全体の経営資源の集中を企図している。

遠藤正敏会長の後を受けて、
上手に難局を乗り切っている。

そのいなげやの15%の株式は、
イオンが保有している。
連結子会社ではないが、
持分法適用会社。

これも日経新聞企業欄の記事だが、
イオンの子会イオンタウン㈱が、
住宅地に近接する中小型ショッピングセンターを、
「2014~16年度は全国30カ所以上に開く」。

業界で言われる近隣型のNSC、
つまりネイバーフッドショッピングセンター。
スーパーマーケットを核店舗とする商業集積。
だから全国のマックスバリュや「ザ・ビッグ」が核となる。

つまりイオンタウンは、
NSC専門のディベロッパー企業。

イオンはもうひとつ、
イオンモール㈱をもつが、
こちらはRSCのディベロッパー企業。
リージョナル・ショッピングセンター。
核店舗はイオンリテールの総合スーパー。

イオンタウンの前身はロック開発㈱。
「日本及び、中国・アセアンにおける
ナンバー1 NSCディベロッパー」を目指す。

そしてイオンモールの前身は、
ジャスコ興産、イオン興産と、
㈱ダイヤモンドシティ。

イオンタウンは、これまで約120店を展開。
今後も毎年10店以上の新店開発を行って、
活発。

一方、イオンモールのRSCの14年度は、
従来計画より出店ペースを抑える。

イオンの全体戦略としては、
グランド・ゼネレーションをターゲティングして、
NSC開発を急ぐ。

イオンタウンの商圏は、
NSCの教科書通り。
車を利用する場合で、商圏10~15分。
徒歩客、自転車客もターゲット。
首都圏では駅の近くにも開発。

売場面積は5000~2万5000㎡。

イオンタウン社長の大門淳さん。
「冷蔵庫代わりに週3~4日
通ってもらえる店にする」

イオンタウンの特徴は、
食料品のスーパーマーケットに加えて、
日常的に使う専門店を20~100店、
店揃えする。

この中には非物販のサービス業も、
揃えられなければならない。

まさに教科書的なNSC。

それを教科書的にやり遂げられるのが、
イオンタウンとイオンモールの強みだ。

グループ企業一覧には、
14の分類がある。

まず①純粋持株会社としてのイオン。
小売業態別にグループ分けされる。
②GMS(総合スーパー)事業
③SM(スーパーマーケット)事業
④DS(ディスカウントストア)事業
⑤戦略的小型店事業
⑥ドラッグ・ファーマシー事業

その他の業態別事業グループ。
⑦総合金融事業
⑧ディベロッパー事業
⑨サービス事業
⑩専門店事業
⑪Eコマース事業

それから海外展開。
⑫アセアン事業
⑬中国事業

最後に、⑭商品機能等。

この中の⑧ディベロッパー事業が、
さらに二つに分かれて、
イオンモール㈱とイオンタウン㈱。

イオンモールが大型のRSC担当、
イオンタウンが小型のNSC担当。

③のスーパーマーケット事業には19社あって、
そのうち持分法適用会社が4社。
㈱マルエツ、㈱カスミ、㈱ベルク、
そして成瀬社長の㈱いなげや。

私は分類の概念が大好きだが、
イオンは連邦経営でグループを拡大して、
その後、業態別、事業別、地域別に、
企業群を分類整理している。

分類整理そのものが、
純粋持株会社イオンの役目でもある。

まだまだ分類の改善の余地は大いにあるし、
足りない事業も多数見受けられるが、
この事業体系を有することと、
そこにトップマネジメント層を持つこと、
そしてそのトップたちがそれぞれ、
自分の見識と実行力を持っていることが、
イオンの強みといえよう。

持分法適用会社とはいえ、
いなげやの成瀬さんもその一人だし、
イオンタウンの大門さんも、
もちろんその一員。

日経新聞の中で、
別の欄に分かれて掲載されている記事が、
実はみな繋がってくる。

時流に合わせて、
それらのつながりの紐帯
(ちゅうたい)を、
引いたりゆるめたりする。

それができることが、
いまやイオンというリテール・トップ企業の、
特長であると見るが、
いかがだろう。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
第18回 ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.