結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2015年11月21日(土曜日)

サンフランシスコのとんがり店舗と悲惨な店舗

2015年11月、
結城義晴のアメリカ23日間研修旅行。
大詰めを迎えた。

長かったようで、
短かったようで。

とにかく疲れたけれど、
マラソンに例えれば40キロ地点を超えて、
最後のスパート。

頑張ります。

さて野村総合研究所の今夏の調査。
日本を訪れた中国人旅行者に聞きました。
インターネットで6000人が回答。
約4800人が再び「必ず来る」「多分来る」。

ありがたいことだ。

そして再来日の関心事は、
「地方都市観光・レジャー」が28.1%でトップ。
地方都市にとって、朗報。

今は、大都会でのインバウンド消費が隆盛、
それが地方に及ぶ。

「大都市観光・レジャー」は26.7%だった。

日本列島全国で、
観光大国を目指したい。

ただし必須な要件が、
まずは三つ。

第1に、ネットでの積極的な情報発信、
第2に、無線LANの整備、
そして第3に、観光地での中国語表示の充実。

アメリカに来ていても、
ニューヨーク、シカゴ、ロサンゼルス、
そしてここサンフランシスコ。

それだけでなく、
テキサス州のサンアントニオや、
オースイティンは素晴らしい観光地だ。

日本もそういった条件を整えて、
地方都市の活性化を図りたい。

さて平和堂の研修会は、
ダラスからサンフランシスコに移動。

昨日は、20日金曜日。
終日の視察は、
とんがり店舗フォーマット。

明日から早い人は、
サンクスギビング休暇に入る。

まずバークレーのホールフーズ。DSCN9913-5

朝から店の前の駐車場には
たくさんの車が並ぶ。
DSCN9915-5

いつみても見事な青果部門。
この店は壁面のステンドグラスが特徴で、
なんとも言えない空間を作っている。DSCN9879-5

青果から、チーズ・ワイン売場が隣接している。
この部門をホールフーズは新しく、
「ラグジュアリーデパートメント」と、
分類して、マネジメントしている。
DSCN9875-5

その次に地ビールとワインの売場。
アメリカでは大ブーム。
DSCN9867-5
ここまでが、青果に次ぐ第二コーナー。
この部分が新しい試みで、
それは見事に完成している。

次にバルク売場。
壁面のデザインとバルク商品の、
カラーコントロールは、
言葉も出ないほどすばらしい。DSCN9836-5

そして奥壁面が対面のミート&シーフード。
鮮魚の品揃えはどこよりも豊富だ。
魚はヘルスフードだから、
ホールフーズにとって、
かけがえのない商品群だ。
DSCN9872-5

平和堂の団員も、
売られている商品やその売られ方を、
真剣に観察。
DSCN9843-5

レジはステンドグラスの壁を挟んで
青果の反対側。
DSCN9864-5
この店舗は、
青果売場からワンウェイに近い形で、
お客を誘導する。

店舗左手がイートインスペース。
バリスタのカフェコーナーが、
その中心にある。
DSCN9898-5

朝日が降り注ぐ日にはガラス戸を開ける。
本当に素晴らしい快適な空間。DSCN9899-5

一方、ホールフーズの小型店。DSCN0085-5

入口にはサンクスギビングのデコレーション。DSCN0083-5

青果のバナナ売場。
フックに吊るす売り方は、
この小型店から始まった手法。
これが受けて、他の大型店舗にも、
水平展開された。
DSCN0078-5

そして、青果から穀類のバルク販売に続く。
量り売りは必要な量を購入できる。
これは環境に配慮した売り方。DSCN0074-5

次にセルフセレクションのデリにつながる。
DSCN0073-5

それからピザの対面売場、
チーズ売場へと連続。
狭い売場に、商品を縦や前に積み上げ、
目いっぱいの工夫をしている。DSCN0067-5

ミート&シーフード売場もコンパクト。DSCN0066-5

奥壁面沿いには、
フレームが少ないリーチインケース。
商品が実によく映える。
DSCN0047-5

2列に並ばせた銀行方式のレジ。
行列はできるが、
意外に早くチェックアウトできる。
DSCN0046-5

ホールフーズやトレーダー・ジョーの繁盛店は、
必ず銀行方式を採用する。
順番どおりに公平にチェックアウトができるから、
お客はストレスを感じない。

それがポイントだ。

並ばせるのは仕方ない。
しかしストレスを最小限にする。
それが必須の仕事だ。

そしてアラメダのセーフウェイ。DSCN9951-5

花卉売り場はいつみても美しい。
バルーンや垂れ幕などで、
シーズンのプロモーションを打ち出す。DSCN9944-5

ウッディな床とスポット照明の多用。
この店の特徴。
DSCN9941-5
セーフウェイの中でも、
群を抜く売場の管理状態。

店舗奥の調剤薬局コーナー。
DSCN9926-5
ライバルのクローガーは、
ファーマシーを店舗入口に設ける。
どちらがお客の利便性が高いか。

天井は張らないスケルトン方式。
快適感をつくると同時に、
ローコスト。
DSCN9947-5

ベーカリーやデリをまとめた店舗右翼。DSCN9949-5

スーパーマーケット第2位のセーフウェイ。
業績不振で、投資会社サーベラスに売却され、
これまた不振に喘ぐアルバートソンと統合された。
セーフウェイの現場は、
モチベーションが下がっているはず。
しかし、このアラメダの店は、頑張っている。

その理由のひとつは、
隣接するトレーダー・ジョーの存在。
隣同士で切磋琢磨しあっている。DSCN9966-5

トレーダー・ジョーは
店頭では花を飾ってお客を迎える。DSCN9965-5

バナナは1本売り。
1本19セント。
スナックフーズだ。
DSCN9952-5

サンフランシスコに来たら
もちろんバークレー・ボウル。
IMG_6918-5

同じバナナでも、
この品種の多さとこの量。IMG_6906-5

トマトの品揃えも圧巻。
IMG_6907-5

野菜のほとんどはバラ売り。IMG_6908-5

葉物もみずみずしい。
IMG_6912-5

世界中から野菜や果物を仕入れる。
珍しい果物のオンパレードに、
平和堂のメンバーも興味津々。IMG_6915-5

バークレーにあるアンドロニコスも視察。
一応、高級スーパーマーケット。
DSCN9985-5

天井を張った伝統的なスタイルだが、
店がドヨンとしている。
DSCN9983-5

スティール什器を使ったグロサリー売場。
驚くほど床が汚い。
DSCN9980-5

お客は入っているが、
明らかにシニアの伝統顧客。DSCN9984-5
高級スーパーもレギュラースパーマーケットも、
イノベーションがない店は、
どんどん退場させられる。

アンドロニコスは、
ピークには13店展開していたが、
今は相次ぐ閉鎖で5店舗。

そのうちの1店がこのバークレーの店。
しかし悲しくなるほどの体たらく。

ポジショニングを喪失した店の末路は、
悲惨だ。

昼食はインナウトバーガー。
出来立てのハンバーガーを食べさせる。DSCN9978-5

ドライブスルーが併設されている。
注文を取るスタッフ。
DSCN9968-5

われわれも注文をし、
ドリンクバーに並ぶ。
DSCN9970-5

何十人が来ようが、
淡々とスピーディに動くスタッフたち。
そのオペレーションは必見だ。DSCN9972-5

おいしいハンバーガーを頬張り、
喜ぶメンバー。

DSCN9974-5

こちら団長、副団長も笑顔。DSCN9976-5

天候に恵まれた一日。
サンフランシスコ湾に浮かぶように、
ダウンタウンの街並みが見える。
DSCN9967-5
とんがった店を次々に見て回った。

感動した。

しかしかつての高級スーパーの、
現在の悲惨な姿。

背筋がぞっとする店を訪れ、
第10回平和堂アメリカ研修団は、
複雑な思いを抱くとともに、
イノベーションへの気概を燃やした。
(つづきます)

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.