結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2017年03月18日(土曜日)

第17回Japanドラッグストアショーと小売業態別順位の考察

第17回JAPANドラッグストアショー。
DSCN9541.JPG-7
主催は日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)。
協賛は オールジャパンドラッグ㈱と、
㈱ニッド・日本ドラッグチェーン会。

幕張メッセで開催されている。
昨日の17日、
そして今日明日の18日・19日。DSCN9542.JPG-7

幕張メッセ 4・5・6・7・8ホール。DSCN9544.JPG-7

規模は400社、1200小間。
来場者数は3日間延べ人数で、
約13万人というスケール。DSCN9553.JPG-7

展示ゾーンのヘルスケアゾーンには、
大木ヘルスケアホールディングス。DSCN9546.JPG-7

ビューティケアゾーンには、
資生堂ブース。
DSCN9545.JPG-7

2017テーマブースでは、
街の健康ハブステーション構想の紹介。
これは2015年から掲げられている。DSCN9548.JPG-7

さらに健康サポートドラッグと、
コンシェルジュマスター。DSCN9547.JPG-7

次世代ドラッグストアのための、
モデル店イメージも展示された。DSCN9549.JPG-7

昨日の17日は、午後6時から、
レセプションパーティーが開催された。
DSCN9559-1

開会のあいさつは、
実行委員長の関口周吉さん。
龍生堂本店社長。
DSCN9558-1

ドラッグストアが、
百貨店の売上高を抜いた。

これが冒頭で語られた。

2016年度のドラッグストア売上高。
6兆4916億円になる見込みで、
これは前年比5.9%の伸び率。

一方、16年度の全国百貨店売上高は、
2.9%減の5兆9780億円。

これによって、ドラッグストアは、
百貨店との地位を逆転させた。

主催者代表あいさつは、青木桂生さん。
日本チェーンドラッグストア協会会長。
㈱クスリのアオキホールディングス会長。DSCN9563-1

来賓は政治、行政から3名。
まず参議院議員の林芳正さん。
ヘルスケア議員懇話会会長を務める。
DSCN9566ー1J

その懇話会事務局長が秋元司さん。
衆議院議員。
DSCN9568-1

3人目は大西友弘さん。
厚生労働省医政局経済課長。
DSCN9570-1

乾杯の発声は小林一俊さん。
㈱コーセー社長。
DSCN9574-1
レセプションパーティーでは、
健康(セルメ)川柳コンクールや、
出展ブースコンテストの受賞発表など、
多彩なイベントも行われた。

中締めは富山浩樹さん。
副実行委員長で、
サツドラホールディングス社長。
DSCN9581-1
ドラッグストアが、
百貨店を超えた2016年。

みんな、誇らしげな顔をしている。

日本チェーンドラッグストア協会の調査。
ドラッグストアの売上高は、
調査開始の2000年から、
16年連続プラス成長。

最も勢いのある業態である。

しかし2016年の伸び率が5%超は、
2008年以来8年ぶり。

6兆4916億円の内訳は、
第1に調剤を含む医薬品が2兆874億円、
前年同期比6.2%増。
この中で調剤事業は7849億円、
9.6%増と牽引役を果たす。
第2に化粧品が1兆3670億円、5.4%増。
第3に日用雑貨が1兆3899億円、5.2%増。

2016年度の調剤医療費の中に、
ドラッグストアは10.7%のシェアを獲得。

日本の小売業の歴史では、
まず百貨店が最大の存在になった。

つぎに総合スーパーが、
百貨店を抜いて王者となった。

さらに食品スーパーマーケット、
コンビニエンスストア、
ホームセンター、
そしてドラッグストアなど、
様々な業態が次々に発達して、
多彩な業態の時代が生まれた。

現在、小売業態別に見ると、
食品スーパーマーケットがトップシェア、
次がコンビニエンスストアで、
2016年は9兆6328億円。

そのあとに百貨店と総合スーパー、
さらにドラッグストアが、
団子状態で続いていた。

この中から、勢いも加味すると、
ドラッグストアが抜け出して、
第3の業態になりそうだ。

ちなみに、
業績が芳しくない総合スーパーで、
イトーヨーカ堂が改革を進める。
日経新聞の記事。

3月1日に就任した三枝富博社長。
「社員の意識を変えていく必要がある」

そこで部門横断組織を新設。
30~40歳代の約30人で構成。
営業、企画、人事など本社中堅社員、
それから店長など現場の中核社員が参加。

10~20年後を念頭において、
経営理念、経営課題、
さらに商品や売場のあり方などを、
ディスカッションして指針をつくる。

これはカルロス・ゴーンの考え方と同じ。
つまりクロスファンクショナルチーム。
私も推奨している。

三枝さんは既存店に対して、
「立地や客層に応じ、
1店ずつ見直していく」

これはSTPマーケティングを、
意味しているだろうと、私は見る。

しかしそれでも業態としては、
ドラッグストアにも抜かれている。

三枝さんは語る。
「業態を論ずるより
中身をどう変えるかが大事だ。
総合スーパーは衣食住のモノが
ワンストップで買えるという魅力が
やはりあると思う」

したがってイトーヨーカ堂の、
新しいフォーマット確立が求められる。

業態とフォーマット――
「二階層分析が必須である」

神戸大学の田村正紀名誉教授の名言だ。

〈結城義晴〉

 

 

 

「月刊商人舎」購読者専用サイト商人舎magazine

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外 視察研修会
ミドルマネジメント研修会

ミドルマネジメント研修会in湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
マス・カスタマイゼーション

杉山昭次郎・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
2017年3月
« 2月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.