結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2017年03月24日(金曜日)

籠池劇場後の「公人・私人」と「翌日は雨が降る」

侍ジャパン準決勝敗退。
World Baseball Classic。
と思っていたら、今度は、
サムライブルーがUAEに快勝。
こちらはFIFA World Cupアジア最終予選。

1点目は前半に、久保裕也が決めた。
ベルギーのヘントで活躍中。
IMG_0746.JPG-7
そして後半には2点目を、
代役の今野泰幸が入れた。
こちらはガンバ大阪のベテラン。
IMG_0750.JPG-7
ベースボールもフットボールも、
日本はなんにでも参加して、
楽しめる国ですね。

国技の大相撲では、
新横綱の稀勢の里が無傷の12連勝。
しかし、13日目に落とし穴。

一方、
春のセンバツ高校野球。
清宮幸太郎主将の早稲田実業が、
明徳義塾高校に延長10回の勝利。

スターの存在する甲子園は、
これも楽しめる。

ウィンタースポーツが終わりに近づいて、
春の種目がスタートする。

プロ野球ペナントレース、
ゴルフのトーナメント、
テニスは錦織圭。

見るだけではいけません。

高血圧の人も、
中性脂肪の多い人も、
尿酸値が高い人も、
自ら体を動かして、
有酸素運動に励みましょう。
そして基礎代謝を促進させましょう。

そのうえで、プロの技術と気力を、
観戦で楽しむ。

それが応援する対象と、
「共に闘う」ことの意味です。

さて、今日のDaily商人舎。
Japan  news。

イズミニュース|
Tポイント・ジャパンと提携、島根・広島の7店でスタート

サツドラニュース|
新事業「北海道くらしの百貨店」6月開始

セブン&アイニュース|
「女性活躍推進」に優れた企業
「なでしこ銘柄2017」に選定

セブン&アイニュース|
ヨークマート ハレノテラス東大宮店、
4月12日(水)開業

セブン&アイニュース|
八王子市とセブン‐イレブン、
イトーヨーカ堂が連携協定

そしてStats News。
2月主要4小売業態まとめ|
昨年のうるう年の反動で各業態すべてマイナス

ちなみに「stats」は「統計」の意。

World News。
ダラーゼネラルニュース|
2016年度決算で年商220億ドルの増収増益

西日本の雄イズミ、
いよいよTポイントを始めます。

サツドラは新フォーマット開始。
「北海道くらしの百貨店」
意欲的です。

そしてセブン&アイ・ホールディングス。
初めて「なでしこ銘柄2017」に選ばれた。
目出度い。

それにしても籠池劇場の余韻。
すごいものがある。

今朝の日経新聞総合欄。
「トップのあるべき振る舞い」
大石格編集委員が指弾する。

「100万円の寄付があったのかどうかは
当事者同士の言い分が食い違うので、
どこまでいっても水掛け論である」

その通り。

だから、「不正の有無は
捜査当局の手に委ねるしかない」

大石さんが考えるのは、
騒動を巡る政治的・道義的責任。

「安倍晋三首相は
行政府のトップである。
公人には重い責任があり、
ものごとを判断する際、
私心が働いたと疑われるような言動は
厳に慎んでもらわねば
政治の信頼は保てない」

指弾しているようで、
これは安倍総理に対する、
激励のことばだ。

そして、「昭恵夫人も同じだ」

「政府は『私人である』と
閣議決定までしたが、
『居酒屋経営もする主婦』以上の
存在であることを自任しているから、
全国を飛び回っているのだろう。
騒動後も講演などを
自粛する気配がないのは
どうしたことか」

安倍昭恵氏は今日も、
北九州市小倉北区で講演した。
九州賢人会議所の主催。

自身の生い立ち、
首相の妻としての活動、
約1時間の講演。

「ここに来られてよかった」と、
涙ぐんだという。

やっぱり能天気だ。
だから付け込まれる。

「トップの妻としての
自覚はないのだろうか」

大石さんも、こちらには厳しい。

日経電子版3月15日「経営者ブログ」
丹羽宇一郎さんが、やはり手厳しかった。
「森友学園の『真実』はどこに」

元伊藤忠商事社長・会長、
そして初の民間出身中国大使。

「公人」か「私人」か――。

「伊藤忠商事の社長時代に
向き合った問題の一つです」

「大企業の社長だった当時の私は
公人だと自分自身に
言い聞かせていました」

「当時の私も妻も
公人としての振る舞いには
非常に気を使いました」

「肝心なのは安倍晋三首相や昭恵夫人が
どのように関わっていたかという疑惑が
出ていることではないでしょうか」

「この問題の本質は本人がどう思うか
ということではないのです」

「相手がどうとらえるか
の方が重要です」

これも、その通り。

「森友学園側は無名の主婦を
名誉校長にしたのではなく、
総理大臣の夫人として
選んだと思われます」

籠池泰典側は、
首相夫人と接触し、
夫人がそれに応じた。

政府の側からメール公開などして、
これは明らかになってしまった。

「あちこちで邪推が生まれないように、
安倍首相には実際に森友学園と
関わることに至った
経緯を国民に分かりやすく
説明してもらいたいものです」

「早く事実関係を明らかにして、
一刻も早く誤解を解いた方が賢明です」

「時間がたてばたつほど
事態は悪化します」

国会籠池劇場の前に、
丹羽さんは指摘していた。

「悲しいかな、権力が
ウソをつくのは歴史の常です」

一方で、
「天網恢々疎にして漏らさず」
天の張る網は広くて一見、
目が粗いようであるが、
悪人を網の目から漏らすことはない。

丹羽さん、本当に手厳しい。

「こうした疑惑が
持ち上がってしまった段階で、
国民の目線としては、
そこにおごりがなかったか、
権力の悪用はなかったかと
疑ってしまいます」

「公人か私人か」という話ではない。
「『自分は公人だ』と戒める態度が
常に求められている」

最後に、
「マキアヴェッリ語録」
もちろん塩野七生著から。
51NNAKGQG9L._SX339_BO1,204,203,200_
「誰だって
誤りを犯したいと望んで

誤りを犯すわけではない
ただ、晴天の日に
翌日は雨が降るとは
考えないだけである」

これは、
リーダーの心構えでもある。

最悪を覚悟して、
最善を尽くせ。

そして、
ブレーズ・パスカル。
「パンセ抄」(鹿島茂編訳)より。
②index
「あなたは人から
よく思われたいと
願っているのだろうか?
なら、自分から
そう言ってはいけない」

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト商人舎magazine

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外 視察研修会
ミドルマネジメント研修会

ミドルマネジメント研修会in湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
マス・カスタマイゼーション

杉山昭次郎・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.