結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2018年12月07日(金曜日)

パナソニックの広島講演と「生きることと食べること」

神戸ハーバーランドで目覚めて、
新神戸から新幹線。
1時間余りで広島へ。

一昨日、大阪に入って、
昨日は神戸へ。
そして今日は広島。
旅がらす。

その広島は寒い。

広島駅前。
IMG_0556.JPG8

その広島駅前の「駅前大橋」IMG_0557.JPG8

太田川水系の分流「猿猴川」(えんこうがわ)。IMG_0558.JPG8

その猿猴川のすぐそばの会議室。IMG_0560.JPG8

食品小売業向けセミナー。
パナソニック産機システムズ(株)主催。
「食品小売業の問題を解決」

司会は吉原典江さん。
パナソニック産機システムズ㈱
新事業開発本部販売促進部主務。IMG_0561.JPG8

私のテーマは、
「惣菜・即食・Grocerant」DSCN9914.JPG8

始めに日本の動向とアメリカの動静。
クローガーとウォルグリーンの同盟。
CVSヘルスとターゲットの提携。
それはウォルマート対策であり、
Amazonへの対応である。

日本でもイオンとフジ、
セブン&アイとイズミ。
ユニーファミリーマートとドンキ。

巨大チェーン同士のアライアンスが進む。DSCN9908.JPG8

その中で惣菜の重要性は高まるし、
グロサラントも流行する。DSCN9909.JPG8

しかし巨大企業同士の同盟が進めば、
上位寡占化が進捗するとともに、
コモディティ化現象も深化する。
IMG_0565.JPG8

当然ながらノンコモディティによって、
いかに豊かさや便利さを提供するか。IMG_0569.JPG8
それも重要になる。

世界の巨大企業の資本の動きと、
商品や売り方の変容は、
シンクロしている。

グロサラントの本質を、
2つの側面から分析した。

食べるものを売る市場、
食べることの場を供する食堂、
食べるもの・食べることを学ぶ学校。
これがグロサラントの最高峰「EATALY」だ。
20170210_yuuki_01-600x339

私の次の講師は新谷千里さん。
サミットリテイリングセンター代表。IMG_0579.JPG8

テーマは、
「人手不足を解消する実践としての省力化」IMG_0581.JPG8

新谷さんは商人舎Websiteで、
連載を書いてくれている。

「お客と従業員に支持される生産性向上策」

この講演でも、省力化を進め、
生産性を上げるための原理原則を、
事例を交えて語った。IMG_0580.JPG888

小手先のノウハウで売上げを追わない。
売上げが上がっても、
それが利益を圧迫してはならない。

新谷さんの考え方は一貫している。

固い握手。
DSCN9918.JPG8

最後に事務局の皆さんと写真。
小谷真一さん(左)と渡邊好子さん(右)。
DSCN9915.JPG8
小谷さんは常務執行役員、
新規事業開発本部本部長兼新規事業開発室室長。
渡邊さんは販売促進部担当部長
兼コールドチェーン販促課課長。

ありがとうございました。

さて静岡新聞の巻頭コラム。
「大自在」

「スーパー店頭のミカン売り場が
だんだん広がっている。
品不足で高値になった2017年産と違い、
今年は値ごろのようだ」

静岡新聞だねえ。

「ミカンの三大産地は
和歌山、愛媛、静岡だが、
昨年の本県は裏年に不作が重なり
生産量で熊本に抜かれ4位に後退した」

あらら。

「今販売されているのは早生[わせ]品種。
JA静岡経済連の11月の取扱数量は
16年とほぼ同じで、
平均単価は1割ほど安かった」

「来週14日には普通品種で
県内栽培面積の半分強を占める
主力[青島]の出荷が始まる予定」

今年の商品傾向。
「糖度は平年並みだが酸が低く、
食味に自信とか」

ここでミカンに対するウンチク。

落語の「千両みかん」。

「江戸の大商家の若旦那が病気になり、
真夏なのにミカンを食べたいというので、
番頭が探し回ってようやく一つ見つかる。
代金は演目通り”両みかん”」

この話の焦点は希少性の価値と価格。

一方、芥川龍之介の短編「蜜柑」。

「奉公先に向かう娘が走る汽車の窓から、
町はずれの踏切まで見送りに来た弟たちに
投げた〈暖な日の色に染まって〉いた
5、6個のミカンは、
乗り合わせていた”私”(芥川)を
〈或得体[あるえたい]の知れない
朗[ほがらか]な心もち〉にさせた」

こちらは提供するときの体験の大切さ。

コラムニスト。
「価格ではなく価値。
そう言えば、昔話「わらしべ長者」で
ミカンは反物に交換された」

静岡新聞、なかなかい。

最後に日経ビジネスオンライン。
「今日の名言」

食べることは生きること
生きることは食べること
(料理研究家 鈴木登紀子)
51U7i6FjJ7L._SL500_SX258_BO1,204,203,200_

これ、EATALYのスローガンと、
まったく同じ。

オスカー・ファリネッティと同期した。
20170210_yuuki_04Oscar-Farinetti-

鈴木登紀子さんが、
EATALYをまねたわけではないし、
オスカーが鈴木さんをパクったのでもない。

偶然の一致は、
真理に近い。

「私は昔から楽天的で、何かあっても
“きっと、何とかなるわ”と
考えてきました」

料理人は楽天家。
商人も楽天家でなければいけない。

「賢くて仕事を頑張りすぎてしまう人ほど、
“きちんとやらなきゃ””どうしよう”
と落ち込んだりするみたいですね。
そうなると、食事をしっかり
取れなくなることがあります」

食べることは生きること。
生きることは食べること。

生きて、食べることを支える仕事をする。
食べて、生きることを助ける役割を担う。

それが商人です。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2019年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2019年5月7日(火)~5月13日(月)<5泊7日>開催場所:ラスベガス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2019年の開催予定
  • 商人舎2019年 ミドルマネジメント研修会2019年6月4日(火)~6月6日(木)開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.