結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2019年01月17日(木曜日)

シアトル2日目の動物的巨大チェーンと植物的インディペンデント

第72代横綱稀勢の里が、
現役を引退。

残念、無念。
しかし本人が一番、
悔いを残しているだろう。

アメリカでは、
またまた同盟のニュース。

商人舎流通Supernews。
ウォルグリーンnews|
マイクロソフトと提携/ヘルスケアにクラウド・AI活用

ウォルグリーンとマイクロソフト。
7年間の戦略的パートナーシップ契約。

ウォルグリーンは全米1位2位を、
CVSヘルスと争うドラッグストア。

ヘルスケアに関するITインフラの大半を、
マイクロソフトのクラウドサービスに、
移管すると発表した。

述懐を書いておいた。
「今回の両社の提携は、
共通の敵アマゾンに対抗する動きである」

「ウォルグリーンは昨年すでに、
クローガーと提携して、
ネット事業を協業し始めているが、
マイクロソフトも去年7月にウォルマート、
今年1月9日にはクローガーと提携している」

「ウォルグリーンとクローガーの提携は、
ウォルマート対策であり、
同時にアマゾン対策の意味もあって、
ちょっとややこしいことになる。
クローガーとウォルマートが、
アマゾン対策で共闘することは、
“敵の敵は味方”ならば、
ありえないこともない。
しかしそれはないだろう。
マイクロソフトがひとり、
いい思いをしたことになる」

日本でもアークスと
バローホールディングスと、
そしてリテールパートナーズの、
新日本スーパーマーケット同盟が生まれた。

何が起こるかわからないのが、
アライアンスという闘いだ。

さてシアトル2日目。
朝から2時間の講義。
DSCN01219

今回は㈱マルイチと㈱マツヤスーパー、
そして㈱フレインの3社が、
共同して勉強会を開催。

私が講師の役を担った。DSCN01209
2011年にも、同じような勉強会があった。
㈱阪急オアシス、㈱ハローデイ、
㈱サンシャインチェーン、㈱エブリイ。
私がコーディネートして、
アメリカで勉強をした。

その後もこの4社は共闘して、
いい成果を上げている。

そのアメリカの最新の動向を語った。
できるだけわかりやすく、
丁寧に、ゆっくりと話した。DSCN01279

後半はオーガニックの問題。
サステナビリティの問題。
IMGP01249

全員が集中して、清聴してくれた。
感謝したい。IMGP01289

講義が終わると、
ホテルから2ブロック離れた新店。
Amazon Go2号店へ。DSCN01549
オープンは昨年8月27日(月)。

シアトルのダウンタウンのオフィス街。
ターゲット層はビジネスマンだから、
営業は平日の7:00~19:00のみ。

面積は1号店の167㎡よりも小さくて、
約135㎡。IMG_12519

店の右サイドに入口ゲートがあり、
ワンウェイコントロールで、
通路をぐるっと回って、
左サイドの出口ゲートに行く。IMG_12589

面積が狭いので品ぞろえも縮小。
インストア・キッチンは併設されず、
アルコール類の販売もない。

しかし最新の寿司などの商品展開は、
ほぼ1号店と同じ。
IMG_12459

私はワンウェイコントロール方式、
とてもいいと思う。IMG_12489

カメラ、マイク、センサーなどは、
ちょっと効率よく配備された感じ。IMG_12579

商品ストックのバックヤードが、
右手から回り込んだ奥に併設されている。IMG_12509
これはちょっと、
出店スピードが上がりそうだ。

続いて、
トレーダー・ジョー。
DSCN01719

相変わらず、素晴らしい。
IMG_12599

青果も充実してきた。IMG_12609

このレジ前のエンド陳列は素晴らしい。IMG_12619

冷凍食品売場は新製品が、
どんどん投入されつつ、
しかし売れ筋は、
しっかり品ぞろえされている。IMG_12629

奥の乳製品売場からワインコーナーへ。IMG_12699

そして見事なエンドプレゼンテーション。IMG_12709

レジは自慢のフレンドリーサービス。
IMG_12639
ありがとう。

コストコ本社。DSCN02109

質素でカジュアル。DSCN02099

マルイチ会長の高木亮輔さんと、
受付のところで握手してスナップ。
コストコの受付担当の男性が、
わざわざシャッターを切ってくれた。DSCN02079

隣接するコストコ店舗。DSCN02119

大繁盛店。IMG_13319

生鮮食品の鮮度もとてもいい。IMG_13309

プロデュースの冷蔵室。IMG_13289

デアリーの冷蔵室も配備。IMG_13329

そしてひそかに、
セルフ・チェックアウトを導入。IMG_13359
本部横の店で実験している。

これによって、レジに並ぶことが、
ちょっとだけ緩和される。
さらにあの長いレジに並ぶとなると、
量を買わなければ時間の無駄。
セルフレジによって、
その気分が緩和され、
1品、2品、3品ほどでも買える。

実際に観察していたら、
黒人の男性が、
シャツを1枚だけ買って、
するりとレジを出ていった。

ここシアトルではコストコも、
Amazon Goの影響を受けている。

デリバリーサービスの告知もしている。IMG_1341i

今日はインディペンデントを訪問。
まずセントラルマーケット。DSCN01939

シアトルに6店舗のスーパーマーケット。
しかしこの青果部門は圧巻。IMG_13159

入口の左手に花売場。IMG_12819

そして「中央市場」の名前の通り、
市場の活気が満載。IMG_12829

スケルトンの天井。
スポットライトを浴びた商品。IMG_13249

この丁寧な陳列。IMG_12849

ため息が出るほどの売場で、
しかも安い。IMG_12859

地産地消のアピール。IMG_12909

オーガニックももちろん、
豊富な品ぞろえ。IMG_12919

そして鮮魚売場がすごい。
氷をふんだんに使って、
超鮮度商品を売り込む。IMG_12839

肉のショップは手堅い。
独自のインストア加工ソーセージなど、
顧客をしっかりとつかんでいる。IMG_12959

壁面のリーチインケースが美しい。IMG_12939

この光景。IMG_12969

酒売場にはワインセラーがあり、
コンシェルジュが配置される。IMG_1300l

バルク売場も、
ホールフーズに引けを取らない。IMG_13019

真ん中にグロサリーがあって、
店舗右サイドはデリコーナー。IMG_13069

角にチーズのプレゼンテーション。IMG_13089

そしてセルフデリ売場。IMG_13099

自分で選んで、
イートインコーナーでランチ。IMG_13119

サービスデリ売場で、
好きなものをつくってもらうのもいい。IMG_13129
グロサラントの最先端を行く。

このシアトルにはホールフーズが1店。
ウェグマンズもない。
だからセントラルマーケットが、
グロサラントをけん引する。IMG_13259

さらにインディペンデント、
PCCコミュニティマーケット。DSCN02129

共同購入から始まった生協。
現在、12店舗。
IMG_13699

入口の青果部門はコンパクトだが、
オーガニック中心に特徴のある売場。IMG_13549

それからサービスデリへと続く。IMG_13609

なじみの顧客ばかりで、
店員と話し合いながら、
楽しそうに買物している。IMG_13619

奥に精肉とシーフードの対面売場。IMG_13469

乳製品は壁面に、
巨大な牛の写真。IMG_13519
店内レイアウトも斜めに切ってあって、
特徴的だ。

インディペンデントは、
マーケットニッチャーである。

超巨大チェーンが、
あれこれと同盟を組むが、
そんなことは気にかけずに、
「我が道を行く」

しっかりと顧客のほうを向いて。
そしてぶれない。

最後の最後は、
フレッドマイヤー。DSCN02269
もちろんクローガー傘下の、
ハイパーマーケット業態。
つまり総合スーパー。

盟友のQFCとともに、
このシアトル地区で、
35.3%のトップシェア。

青果部門は市場の活気を出す。
これは鉄則だ。IMG_13719

圧倒的なボリューム陳列。IMG_13789

葉物やオーガニックも、
これでもかと売場づくりに力を入れる。IMG_13799

そしてフレッシュ・ギャランティー。
鮮度保障。IMG_13809

青果の裏にデリカテッセン売場。
アジアンフードと寿司バー。IMG_13759

デリカテッセンの中核は、
ボアーズヘッド。
加工肉とチーズのトップブランド。IMG_13939

そのデリ売場は広い。IMG_13819

中央に「マレーズ」のショップ。
ニューヨークの人気チーズ店を、
そっくり買収して売場の核に据える。IMG_13839
模倣困難性を確立。

チーズの隣はもちろんワイン。IMG_13869

コーク&タップは、
グロサラントのコーナー。IMG_13959

シーフードは奥壁面に対面売場で展開。
これもウォルマートと違いを出す。IMG_13989

奥主通路は広くて長い。
5000坪のハイパーマーケットで、
ウォルマートに対抗している。
そのうえ、この地区では、
ウォルマートより強い。

PBのシンプル・トゥルースを、
天井からこれでもかと告知している。IMG_14079

総合スーパーだが、
アパレルと服飾品が充実している。
ウォルマート以上。

写真は靴売場。IMG_14109

そしてベビー、キッズ衣料は、
とてもかわいい。IMG_14149

レディスはエレガント。
もちろんウォルマートよりも。IMG_14169

昨年開発したブランドが「dip」。
レディス、メンズで大展開。IMG_14339

左手のどん詰まりは、
テレビなどエンターテインメント売場。IMG_14199
一応、フルラインの総合スーパー。

そしてレジにはQビジョン。
顧客を待たせないシステム。IMG_14389
ウォルマートは大量購入もあって、
やや待ち時間の長い店だが、
フレッドマーヤーは同じ業態ながら、
待ち時間を短縮する仕組みを開発した。

店を巡ると、
ウォルマートへの対抗意識が、
むんむんとしていて、
それが伝わってくる。

巨大チェーンは巨大チェーンの、
力技の格闘技による殴り合い。
インディペンデントは、
自分らしい生き残り方。

前者を動物的といえば、
後者は植物的だ。

両者の存在価値に優劣はない。

シアトル地区はその、
マーケットニッチャー企業が、
数多くサバイバルしたエリアだ。

それもノードストロームやコストコ、
スターバックスやAmazon、
さらにマイクロソフトなど、
イノベーティブな企業を輩出した、
土地柄なのだろう。

インディペンデントも、
実に革新的である。
(つづきます)

〈結城義晴〉

2019年01月16日(水曜日)

シアトル初日の「店にいたくないニーズ」と「第3の場所のニーズ」

成田国際空港を飛び立って9時間。

夜が明けた。
DSCN00409

朝日が海面に映る。DSCN00419

そしてまた雲海。
DSCN00439

雪を頂いた山脈。
DSCN00459

シアトルが近づいた。DSCN00469

フィヨルド海岸。
DSCN00499

そしてワシントン州の大都市。DSCN00509

ダウンタウンが現れる。DSCN00529

その中心部の高層ビル群。DSCN00539

機体は回り込んで、
シアトル・タコマ国際空港へ。DSCN00599
今回はほとんど眠らなかった。
それでも元気です。

バスに乗り込んで、すぐに、
ウォルマート・スーパーセンター。DSCN00639

7000坪1フロアの総合スーパー。DSCN00609

生鮮食品部門がどんどん良くなる。IMG_11819

冷蔵ケースのコンビニエンスフードも、
これまた増えてきた。IMG_11789

そして現在のプロモーションは、
バレンタインデー。
IMG_11729
ウォルマートの早仕掛けは、
依然、貫徹されている。

それから、
アマゾンフレッシュの、
ピックアップステーションへ。IMG_11959

あらかじめ顧客は、
スマホで注文し、決済する。
アマゾン側は顧客の購買商品群を、
ピックアップして袋に入れて待機する。

顧客は自分の車で、
ステーションにやってくると、
到着の合図を送る。

すると店員が、
カートに袋を載せて出てきて、
車のトランクに積み込んでくれる。

出てきました。
DSCN00739

何か話しかけながら、
積み込んでいます。DSCN00769

そして楽しそうに戻ってきて、
笑顔を振りまいてくれた。DSCN00779

隣にスターバックス本社。
記念写真。
DSCN00669

その1階に、
スターバックス・リザーブ。IMG_11949

超高級巨大スターバックス。IMG_11829

バリスタコーヒーのカウンター。IMG_11839

いちばん奥でピザとパンの製造販売。IMG_11859

壁面装飾も見事。
IMG_11899

暖炉の周りにソファーがあって、
ここでくつろぎながらコーヒーを楽しむ。IMG_11909

アマゾン・ピックアップステーションは、
できるだけ店にいたくない人への機能。
スターバックス・リザーブは、
できるだけ店にいて、
「第3の場所」にしたい人のためのもの。

その両者が隣り合っている。
これが未来の小売りサービス業だ。

その隣にホームデポ。DSCN00729

世界最大のホームセンター。IMG_11979

スケールの巨大さに、
みんな驚く。
IMG_11989

ここにもオーダーピックアップロッカー。
ネットで注文して決済し、
このロッカーに受け取りに来る。
DSCN00719
米国のホームセンターも、
このホームデポとローズの2社になった。

1970年代には1000社あったが、
すべてが淘汰されて複占状態。

これも未来の小売業の世界か。

みんな待ってましたとばかりに、
ホールフーズ。DSCN00789

アマゾン傘下に入って、
ディスカウント色を出し始めた。
それ以上にアマゾン・プライム会員の、
募集機能を担う。
DSCN00839

しかし美しい青果部門。IMG_12009

みずみずしいオーガニック野菜。DSCN00799

根菜もきちんと管理されている。IMG_12029

精肉と鮮魚の対面コーナー。IMG_12079

グロサリーのゴンドラアイルでは、
手が空いた店員が参集して前出し作業。
昔、関西スーパーがやっていた、
「クリーンタイム」だ。IMG_12039

バルク売場も充実。IMG_12149

酒コーナーのカラーコントロールは見事。IMG_12159

最後は右壁面沿いのサービスデリと、
中央のセルフデリ。IMG_12189

ここにもピックアップロッカー。
もちろんアマゾンロッカー。DSCN00859
ピックアップ機能は必然となってきた。

そして最後が、
Amazon Go。DSCN01119

入口のセンサーに、
スマホのQRコードを当てて入場。IMG_12359

約60坪のエクスプレスストア。IMG_12249

みんな揃ったところで、
店内で写真。
DSCN01059

寿司コーナーが新設されていた。
DSCN00999

この握りと巻き寿司。DSCN00979

なんと13ドル99セント。
1ドル100円ならば1399円。
高ーい!!
DSCN00989
それでも売れている。

商品管理の状態が格段に良くなった。

天井のカメラやマイク、センサー。
IMG_12289

だれか専門家に解説してほしいところだ。IMG_12279

商人舎流通Supernews。
昨年11月13日のアマゾンnews|
AmazonGo1号店年商486万ドル/セブン-イレブンを上回る?

調査会社のブリック・ミーツ・クリック社。
AmazonGo1号店は、
平方フィート当たりの年間売上高を、
2700ドルと推定。
年商は約5億円。

日本のセブン-イレブンの約2倍強。

これならば3000店つくるという目標も、
実現性を帯びてくる。

夜景のアマゾン・タウン。DSCN01129

植物園もライトアップされて、
実に美しい。
DSCN01159

初日の勉強は満載だった。
レストランは、
メトロポリタン・グリル。IMG_12429
地元のビールと、
プライムサーロインステーキを堪能。

お疲れ様。

ピックアップ機能の競争はすごい。
その前提は当然ながら、
ネットで販売する小売業。

Amazon Goもその意味では、
できるだけ店にいたくないニーズだ。

だからこそ、その一方で、
「第3の場所」が必須になってくる。
(つづきます)

〈結城義晴〉

2019年01月15日(火曜日)

柳井正の「標準化型チェーンストア終了宣言」と「6つのC」

1月15日、小正月、あるいは女正月。
そして1999年までの成人の日。

おかげさまで、注文が殺到。
鈴木哲男著『流通RE戦略』
EC時代の店舗と売場を科学する
表紙鈴木

ありがとうございます。

書籍価格 1,800円(本体)+税
ISBNコード ISBN978-4-9910649-0-6
四六判  261ページ

ご注文は商人舎へ
FAXでのご注文は☞から
Emailでのご注文はinfo@shoninsha.co.jp

鈴木綾子、倉内綾子。
両綾子がすぐに対応します。

小売流通業における、
リ・エンジニアリング。
定義は、
業務・組織・戦略を、
ゼロから根本的に再構築すること。

その技術体系を、
鈴木哲男先生は10項目に整理しました。

まず、企業の外から情報を得る。
マーケティングの方法。
§1 ビッグデータ活用
§2 ストアコンパリゾン

そしてプランニングし、
実行する。
鈴木哲男の真骨頂。
§3 52週マーチャンダイジング

店を改革し、売場を革新する。
§4 既存店活性化
§5 店舗レイアウトと店づくり

さらにその店や売場を、
よりよく改善する。
§6 プレゼンテーション

外に向かって、顧客に対して、発信する。
§7 チラシ販促
§8 商品提案と顧客サービス

再び内側を見る。
§9 ロス・エンジニアリング

最後にリ・エンジニアリングの発展を学ぶ。
§10 リ・エンジニアリングの歴史と未来

鈴木哲男先生はかつて、
故渥美俊一先生に乞われて、
ペガサスクラブの講師陣の一翼を担った。
だから渥美先生へのオマージュを込めて、
その理論を前提としつつ、
それを超える現代化の技術体系を確立した。

「52週MD」の巨匠が放つ
EC時代の「商売改革」
集大成!!

ぜひ、手に取ってみてください。

さて、日経新聞に、
柳井正さん登場。
気分良さそうに未来を語りつつ、
チェーンストアの終結を宣言。

言うまでもなく、
㈱ファーストリテイリング会長兼社長。photolib_portrait09l-448x671
聞き手は日経編集委員の中村直文さん。

小売業の変化に対して。

「これからは
情報産業とサービス業だけになる。
小売業もなくなる」

「すでに製造から小売りまで一体化したが
それでは足りない」

「デジタル化は消費者個々人の嗜好を
生産に直結できる可能性を持つ。
製造から顧客まで、
川上から川下までをつなぐ
エンドtoエンドの姿に変わる必要がある」

「電子商取引(EC)と小売業が融合し、
存在意義のある企業だけが
生き残ることになる」

柳井さんの眼は、
ずいぶん先を見ている。

しかしそのずいぶん先は、
意外にすぐにやってくる。

「顧客のためになっていない企業は
淘汰される。
それが世界レベルで進む」

柳井さんはいつも正論の人。

「その中心概念になるのが
グローバル化とデジタル化だ。
ECと小売りがすべて、
融合したような企業体を目指す」

店が変わる。

「店はすべて建て替えないと
いけないかもしれない。
デジタル化で消費者は
どこでも服を買えるようになった」

「逆に店舗は”そこでしか買えない”
商品やサービスを提供する場になる。
着こなしの提案から商品情報の収集まで、
地域に根ざしながらも
世界中の人が集まるような店だ」

そして宣言する。
「店舗を標準化する
チェーンストアの時代は
終わった」

AIの、商売への影響。

「社員には、AIの導入を考える前に
自分の頭脳を鍛えてほしいと話している。
これから知識労働へシフトするわけで、
そのためには
“AIにはまねできない意味”を理解し、
適切な質問ができる人間にならないと
使いこなせない」

「ノーベル賞を受賞した本庶佑先生の話した
6つのCが重要になる」
honjo2_-448x326

キュリオシティー(好奇心)
カレッジ(勇気)
チャレンジ(挑戦)
コンフィデンス(自信)
コンテニュー(継続)
コンセントレーション(集中力)

これ、私のブログでも、
2016年1月11日に書いた。
本庶佑のPD-1発見による「がんは治せる」と「3C+3Con」
偶然にしてもうれしいね。

柳井さんは続ける。
「それと教科書を信じるな、
教科書以上の答えを出せと言っている」

ピーター・ドラッカー、
”ポスト・モダンの七つの作法”
その第3作法は、
「基本と原則を補助線として使え」
book03101-448x698

教科書を補助線として使い、
教科書以上の答えを出せ」

同感。

柳井さんも、
月刊商人舎を読んでくださっているし、
鈴木哲男著『流通RE戦略』も贈呈した。
読んでくださるだろう。

さて、今日は、
横浜シティエア―ターミナルから、
リムジンバスに乗り込んで、
横浜ベイブリッジ。DSCN99959

朝からちょっと雨模様。
それも上がって、
美しい横浜港とみなとみらい。
DSCN00099

ベイブリッジを過ぎると、
東京方面の空に虹が掛かった。DSCN00159

大きなスケールの虹が、
東京から千葉に向かってアーチを描いた。DSCN00249

昨年11月のハワイ・ホノルル以来の虹。
きっといいことがあるだろう。
IMG_11269

成田国際空港第1ターミナル南ウィング。
スーパーマーケット勉強会のメンバーが、
もう集合していた。DSCN00279

輪になって、簡単な挨拶とレクチャー。DSCN00309

楽しみつつ、学ぶ。
つまりよく学び、よく遊ぶ。
DSCN00319
楽しくなければ、
スーパーマーケットではない。

トップ抜きで、写真。
DSCN00339

元気にシアトルへ。
Amazon GoへGo!
だから当然ながら、
軽くGo! Go! ポーズ。IMG_11279

いやいや、それではいけません。
今回も全力疾走で、
Go! Go! ポーズ。
IMG_11329
では、往ってきます。

好奇心と勇気をもって、
挑戦するために。
自信と集中力をもって、
継続するために。

〈結城義晴〉

2019年01月14日(月曜日)

成人の日の「仕事は万病の薬」と「人生のポジショニング」

Everybody! Good Monday!
[2019vol2]

Good Morningがあって、
Good AfternoonやGood Eveningも、
Good Nightもあるのだから、
Good Monday! があっていい。

そう言いつつ始めたのが、
月曜日の挨拶「Good Monday!」

もう今日で556回目となる。

今年もよろしくお願いします。

2019年第3週に入って、
今日は成人の日。

月刊商人舎webコンテンツ。
月曜朝一・2週間販促企画。
成人の日を語る。
その祝日の趣旨。
「おとなになったことを自覚し、
みずから生き抜こうとする青年を
祝いはげます」

昨2018年6月13日の民法改正によって、
2022年4月から成人年齢は18歳となる。

良いか悪いかはわからない。
私自身のことだったら、
ちょっと嫌な感じがする。

平成最後の2019年の成人は推計125万人。
昨年より2万増えた。

新成人のピークは1970年の246万人。
昭和24年(1949年)生まれの人たち。

今年はちょうど半分くらいになった。

私は1973年に成人の日を迎えた。
朝からの雨が、午後には霙に変わった。
私は自宅の部屋にこもって、
一日を過ごした。

中日新聞と東京新聞の一面コラム。
「中日春秋」と「筆洗」。
脚本家の山田太一さんの言葉を紹介。
51wCL13APdL

「君たちには無限の可能性がある」
成人の日や入社式などで、
よく使われる祝福の言葉。

山田さんが嫌うのは、
この「無限の可能性がある」。

「大人が若者を
無責任に励ましているようで
本当にいやな言葉だと思います」

同感だ。

山田さん。
「第一にリアリティーがない」

「人生はままならぬ。
だれもが無限の可能性を生かして
成功を収められるわけではない。
能力も同じでもない。
運もある」

「その言葉は失敗した人に向かって
無限の可能性があったのに
“その分の努力が足りなかった”と
言うのと同じではないか」

その通り。

「無限の可能性」を、
若者に訓示する際は、
よく考えたほうがいい。

「天に唾するごとし」
に、ならないように。

成人式の祝典は、
大半の市町で昨日の日曜日に、
行われている。

ハッピーマンデー制度で、
第2月曜日になったから、
成人の日といっても、
3連休の最終日の「休日」感が強い。

稲盛和夫さんの著書『働き方』
南日本新聞の「南風録」が引用。
412QRjmwx2L._SX355_BO1,204,203,200_
「多くの人が働く意義やその目的を
見失っている」

「若い人の間で、労働を嫌い、厭(いと)い、
できるだけ回避しようとする傾向が
顕著になっている」

これは困った現象だとも思うが、
しかし、仕方がない面もある。
大人の世界が、
働くことを喜びとしていなければ、
若者たちもそれを敏感に感じ取る。

父や母や兄や姉や先輩たちが、
なければいけない。

稲盛さんは説く。
仕事は「万病に効く薬」
本当に素晴らしい。

「あらゆる試練を克服し、
人生を好転させていくことができる
妙薬だ」
51092Kfw8JL._SX349_BO1,204,203,200_

コラムニスト。
「稲盛さんは若い頃、
立て続けに挫折を味わう。
中学受験に2度失敗し、
結核で死線をさまよった」

「戦災で家までも焼かれ、
大学受験や就職も
思うようにならなかった。
京都の小さな製造会社に
就職してからの道のりも、
山あり谷ありだった」

「ただ一生懸命に働く」

「そう思い定めて仕事を始めると、
不思議なことに人生の歯車が
よい方向に回り始めた」

成人式を迎えた人たち。
働いている人。
学校で学んでいる人。

今日の日経新聞「18歳プラス」で、
秋元康が発言。
放送作家で作詞家。
AKB48や乃木坂46のプロデューサー。
IMG_11208

「働く」ことの意義を語る。

「金銭的、経済的なこと以上に、
自分が必要とされているか、
されていないかということの
確認事項だと思います」

「社会の一員としていられるのか、
社会から肩たたきされるのか」

秋元発言、ここがいい。
「必要とされる人材となるには、
集団の色に染まらない方が
いいのではないでしょうか」

「100人いれば
100色の価値を見い出される」

昔は「理数系が欲しい会社は
理数系だけだったが、
今は理数系の会社だからこそ
文系が欲しいと多様化しています。
自分の色を持てるかどうかが大事で、
それがアイデンティティです」

このアイデンティティこそ、
私の言う「人生のPositioning」である。

「人と比較しすぎるのです」

「マジョリティーの中にいた方が
傷つかないですが、
その分個性は埋没します。
自分はこっちだと思うが、
それを言うと奇異な目で見られる。
そういうことを避けていると
自分の色が見えなくなります」

これは新成人に限らない。

すべての社会人に、
当てはまる。

すべての商品、
すべての売場、
すべての店、
そしてすべての会社に、
当てはまる。

成人の日こそ、
「働くこと」と「人生のポジショニング」を、
考えたい。

では、みなさん、
今週も「仕事は万病に効く薬」で、
Good Monday!

〈結城義晴〉

2019年01月13日(日曜日)

[Sunday Go! Go! Pose]乗り物の前でポーズ!!

日曜日の朝――。
咳はずいぶん治った。

今度は娘が、
デンバートーストをつくってくれた。IMG_11059

今月の「Harvard Business Review」。

特集は、
コレクティブ・インパクト
企業と社会の利益は一致する。IMG_09929
月刊商人舎をつくるときにも、
いつも意識する雑誌。

巻末には調査。
[2018年版]世界のCEOベスト100IMG_09949
2018年の首位はスペインのパブロ・イスラ。
「ZARA」を展開するインディテックスCEO。
2年連続で1位。

日本からはシスメックスの家次恒さん。
9位と大健闘の会長兼社長。
前年は18位だったが9位と健闘。

日本では30位に永守重信さん、
日本電産CEO。
35位に柳井正さん、
ファーストリテイリング会長兼社長。

首位のパブロ・イスラは今や、
柳井さんにとってはライバル。

上には上がある。

それから55位に孫正義さん、
もちろんソフトバンク会長兼社長。
65位に河合利樹さん、
東京エレクトロン社長。
今回は合計5人となった。

ところで、東急東横線横浜駅ホーム。IMG_099589

日曜日のGo! Go! ポーズ。IMG_09979

やっぱり今年も、
時々、ポーズすることにした。IMG_09989

よろしく。
IMG_09969

家に帰ってからも、
愛車の前で、Go! Go! ポーズ。
IMG_11069

今日の[Go! Go! Fashion Item]
セーターもシャツもパンツも、
インナーも全部、
柳井さんに敬意を表してユニクロ。

ニットの帽子は、
ライフ大口店2階で買った、
マリオ・バレンチノ。
マフラーはDKNY、
ダナ・キャラン・ニューヨーク。
ダウンジャケットはAquascutumで、
靴はECCO。
私の好みのブランドです。
IMG_11109
Amazon GoへGo! Go!から始まった。
今年もGo! Go! ポーズをよろしく。

〈結城義晴〉

2019年01月12日(土曜日)

横浜大口の闘い[ライフvsMEGAドンキUNY]の棲み分け

正月早々、咳が出る。

火曜日からシアトルへ。
海外出張を控えているというのに。

休養し、早期の回復を図ると、
私の場合、すぐに治る。

昨日は横浜商人舎オフィスを、
名古屋文彦さん(写真左)が訪ねてくれた。
門脇裕司さんを伴って。IMG_10858
名古屋さんは、
立教大学院ビジネスデザイン研究科修了。
教授時代の結城ゼミ第1期生のゼミ長。
そして結城ゼミOB/OG会会長。

その名古屋さんは現在、
㈱ユニマットキャラバン社長付。
日本マクドナルドから、
セブン&アイ・フードシステムズへ。
いずれも最後はコーヒー事業を担当し、
現在は横浜キャラバンコーヒー。

門脇さんは北海道のセコマから、
デイモンワールドワイドインクへ、
そしてイオントップバリュ㈱から、
このたびユニマットキャラバンへ。

プライベートブランドの体系や、
ライフスタイルブランドの開発。
そんなレクチャーをした。

いい仕事をして、
社会に貢献してほしいと思う。

今日は夕方、横浜の大口へ。
ライフ大口店。IMG_10939
昨年11月19日の商人舎流通Supernews。
ライフnews|
ライフ大口店(2層747坪)刷新/食強化でドンキ対策

MEGAドンキ・ユニー大口店。IMG_10969
道路を挟んで直接競合。

今年の年賀状。
岩崎高治さんから手書きのメッセージ。
「大口店、よろしくお願いします」
もちろん㈱ライフコーポレーション社長。

岩崎さんから頼まれたからではないけれど
成人の日がらみの三連休の初日。
両店を訪れた。

ライフの入り口は花売場。IMG_10929

プロデュース部門も美しい。IMG_10919

魚屋の寿司「うを鮨」。
1780円。IMG_10889
土曜日の夕方6時過ぎだが、
氷雨の影響もあって客数は多くはない。
しかし売場は上手にコントロールして、
早めの見切りを展開。

一方のMEGAドンキUNY。
地下1階食品売場に降りると、
青果部門の客数はまばら。IMG_10949

鮮魚から精肉部門も、
やはり客数は少ない。IMG_10959
しかし惣菜部門には顧客が群がる。
グロサリーのゴンドラアイル内にも、
集客の仕掛けをしている。

ライフは入口の惣菜と花、
それから青果、インストアベーカリー、
対面の鮮魚コーナーや精肉の店。
米国でいうペリシャブルス型とすれば、
ドンキUNYは惣菜とグロサリー強化。

客層も大きく分かれて、
棲み分けが進んでいる。

顧客の服装や雰囲気、
購入商品を見ればわかる。

MEGAドンキUNYのフォーマット転換は、
同社・同グループに対して、
収益性回復モデルをもたらした。

ライフはそれに対する競争戦略において、
一定の成果を挙げたと見ていいだろう。

結局、私たちはライフで買物。
その中にマッシュルームがあった。IMG_10999

実家に帰って来ていた長男が、
アヒージョをつくってくれた。IMG_11019
風邪気味の体調が回復した気がした。
有り難い。

沖縄タイムズの巻頭コラム、
「大弦小弦」

「子どもが風邪をひくと、
庭先のフーチバーを摘んで黒糖を混ぜ、
練り込んで食べさせた。
しぼったシークヮーサーに
黒糖を混ぜて飲むもよし。
田んぼにいるカエルの素揚げや
タニシは滋養となった」

沖縄県中部地区で生まれ育った80代女性、
医療現場で長く働いた人の言。

「かつての暮らしには、
薬や医療に頼らない知恵があふれていた」

厚生労働省の昨日11日の発表。
インフルエンザ流行の最新調査結果。
昨年12月31日~今年1月6日の1週間。
推計約58.6万人の患者が医療機関で受診。
去年の秋口からの累計受診患者数は、
およそ165万人という結果。
インフルエンザの流行シーズンに入った。

「沖縄県全域に注意報が出され、
那覇市では警報レベルに達した」

新学期が始まって、
学校での感染拡大が懸念される。
1週間後には大学入試センター試験。

「ワクチン接種や手洗い、うがいなど
自らの身を守る力を備えたい」

コラムニストは溝井洋輔さん。
「発熱だけで食欲もあって
脱水症状もなくて意識状態も良ければ
救急受診せずに自宅療養の方が
良いこともある」

私の場合は、咳だけだが。

「インフルエンザが流行する今こそ、
自宅で見守る力”おばあちゃんの知恵”
の出番である」

同感しつつ、
アヒージョを食べて温まろう。

〈結城義晴〉

2019年01月11日(金曜日)

鈴木哲男著『流通RE戦略』発刊!! 発刊の辞は「知識商人に寄す」

                 リ・エンジニアリング
鈴木哲男著『流通RE戦略』
EC時代の店舗と売場を科学する

発刊しました。
表紙鈴木
発行年月日  2019年1月10日
書籍価格 1,800円(本体)+税
ISBNコード ISBN978-4-9910649-0-6
四六判  261ページ

ご注文は商人舎へ
FAXでのご注文:ご注文はコチラから
Emailでのご注文:info@shoninsha.co.jp

[主な内容]
はじめに
§1 ビッグデータ活用
― 「仮説・検証」の罪と功18条
§2 ストアコンパリゾン
― サム・ウォルトンも実行した「MBWA」実践法
§3 52週マーチャンダイジング
― 最新「52週MD」のStrategy&Technology
§4 既存店活性化
― 良い店とは売れて利益の上がる店である‼
§5 店舗レイアウトと店づくり
― 変形layoutにもルールがある
§6 プレゼンテーション
― 売り方・見せ方・伝え方の技術体系
§7 チラシ販促
― お客と企業(店)をつなぐ架け橋である
§8 商品提案と顧客サービス
― EC時代のリ・エンジニアリング的「お試し論」
§9 ロス・エンジニアリング
― 商品ロスは戦略的に「元から絶つ」と考える
§10 リ・エンジニアリングの歴史と未来
― 経営・業務改善の進化プロセスを解析する
おわりに

「52週MD」の巨匠が放つ
EC時代の「商売改革」集大成!!

素晴らしい本です。

㈱商人舎を創設させて10年。

肩ひじ張って「10周年」、
などとは言いませんが、
何とか10年目に間に合いました。

1993年11月、
マイケル・ハマーによって、
ジェイムズ・チャンピーによって、
『リエンジニアリング革命』が、
発刊されました。
翻訳はあの野中郁次郎先生。
416ckIC80CL._SX346_BO1,204,203,200_

企業の経営と業務を、
まったく新しくつくり直すための、
体系的な方法の原理。

それが「リエンジニアリング」でした。

鈴木哲男先生はこのコンセプトを、
小売流通業の現場を通して、
探求し続けてきました。

鈴木哲男の人生そのものが、
「流通リエンジニアリング」でした。

イトーヨーカ堂に入社し、
RE部のエースとして大活躍し、
コンサルタントに転身してからは、
クライアントの業績を、
次々に改革し続けてきました。

REとはリテイル・エンジニアリング。

現在の鈴木先生の会社の社名は、
Retail Engineering Associates。
略してREA。

私は4つ年下ですが、
1977年に、初めてお会いしました。
鈴木先生がRE部に所属していました。

今でも覚えています。

東京・原宿。
マーケティングコンビナート。
今井俊博先生と阿部雍子さんのオフィス。

私は販売革新誌の駆け出し記者でした。

イトーヨーカ堂はその後、
燦然と輝く成果を上げ続けました。
鈴木先生もその中で、
流通RE戦略の体系を、
熟成させていきました。

それらが集大成されたのが、
この本です。

ぜひ、会社ぐるみ、部署ぐるみで、
この本を読んで、
よく考えて、
よりよく実行して、
会社と業務の改革を進めてください。

この本の最後に一文。

「知識商人に寄す」 
――発刊の辞 結城義晴
商人に学問は必要ない、と言われた。商人に難しい理論や論理は無用である、とも喧伝された。しかし「商人の技術」は客観化されて、高等学校に商業科が誕生した。最高学府においては、その「商人の学問」が確立されて、大学や大学院に商学部が生まれた。商売のためのマーケティングが誕生し、マネジメントが構築され、イノベーションが追究された。
商人とは小売り商いをする者に限らない。製造業、卸売業、サービス業、その他の関連産業やIT産業において、営業と販売とマーケティングに従事する者たちすべてを、商人と呼ぼう。
商売の知恵や知識は、それらすべての商人から求められ、深められることを、自ら欲している。商売の精神と技術は、すべての商人から愛され、高められることを、自ら望んでいる。かつても、現在も、商売に関する言葉と論理は、多くの人々によって高められ、深められてきた。
ここにわたしたちは、商人の知恵と知識、精神と技術、言葉と論理とを、時代のメルクマールのごとく総括し、集大成し、上梓することを決意する。現場・現物・現実に即して、Practice Comes First! を貫徹し、難しいことを易しく、易しいことを面白く、面白いことをより深く、考察、分析、論述、表現してゆくことを宣言する。
しかしながら、多くの商人を煽り、貶める甘言はなくならない。あまたの商人を迷わせ、道を外させる詭弁はふえるばかりだ。昭和の時代に起こった商業の近代化が、平成の時代を通して、商業の現代化へと、わたしたちを誘う。さらに次の元号の時代へ向けて、わたしたちは甘言や詭弁を排し、それらを見分けることのできる知識商人をこそ同志と考え、真の商売を探求するものである。それら知識商人の総力によって、商業の現代化を志すものである。その達成のため、世の知識商人との喜ばしき連帯を期待する。
読む、知る、考える、行う。検証する。再び実行する。顧客のために。再び、読む、知る、考える、行う。顧客のために。それが知識商人の尊い態度である。
――2018年11月

鈴木哲男先生には、
心から感謝いたします。

編集の二宮護さん、
本文組版の三宅秀典さん、
表紙デザインの七海真理さん。
そして三永印刷㈱の高安さん。
商人舎編集スタッフのみなさん。

ありがとうございました。

次は、結城義晴の本です。

さて、商人舎流通スーパーニュース。
今日のニュースは15本。
その中に四半期決算記事が8本。

ライフnews|
第3Qは投資コストを上回る営業収益3.7%増で増収増益
リテールパートナーズnews|
第3Q微増収も西日本豪雨が響いて6.5%営業減益
ローソンnews|
第3Q総収入6.8%増/システム投資で12%営業減益
コスモス薬品mews|
第2Qは46出店で売上高10.2%増・経常利益16.5%増
キリン堂news|
第3Qは災害・天候不順だったが増収増益/通期下方修正
コーナンnews|
第3Q営業収益6%/円高で経常利益14%の増収増益
ジュンテンドーnews|
第3Q営業収益0.2%減・経常利益28%減の減収減益
ビックカメラnews|
第1Q売上高4.5%増/先行投資で営業利益5%減

西日本の豪雨、北海道の地震。
業績に大きく影響を与えた。

リテールパートナーズはその影響を受けた。
くしくも資本業務提携を発表したアークスも、
北海道地震の打撃をこうむった。

そういった衝撃から立ち直るとき、
リ・エンジニアリングは、
重要な考え方となる。

ライフは高投資となる物件で、
実によく利益回収している。

従来、出店コストは、
低く抑えるべき課題だった。

しかしいまや、
開発費が安くて、
しかも売上げが上がる物件など、
そうそうあるものではない。

したがって、開発経費が高くて、
だれも出店しない物件で、
利益を出すことができれば、
それこそが企業優位となる。

ここでも、
古典的なチェーンストア理論に対して、
リ・エンジニアリングの考え方が生きる。

読む、知る、
考える、行う。

検証する。再び実行する。
顧客のために。
再び、読む、知る、
考える、行う。

顧客のために。
それが知識商人の尊い態度である。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2018年の開催研修会
  • USA視察研修会 Beginnersコース 2018年11月下旬開催場所:ハワイ・オアフ
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
マス・カスタマイゼーション

杉山昭次郎・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
2019年1月
« 12月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.