結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2019年03月29日(金曜日)

ショーケンの「がんじがらめ」とイオンスタイル上麻生の趣向

ショーケンが死んだ。
萩原健一さん。
517iv9m1TuL._SX425_
本当に平成が終わるギリギリの、
3月26日午前10時30分。
昭和のスターが逝った。

68歳。

私よりも2歳上だが、
まだまだ若い。

昭和49年(1974年)の「傷だらけの天使」。
水谷豊とのコンビ。
51r7qSdvWnL._SX342_

昭和50年(75年)は「前略おふくろ様」。
こちらは桃井かおりとのコンビ。

よかったなあ。

私はまだ学生だった。

昭和42年、
グループサウンズ全盛のころ。
ザ・テンプターズでデビュー。

ブルー・コメッツ。
スパイダース。
タイガース。

そしてテンプターズ。

ボーカルのショーケンだけが、
抜きんでて目立っていた。

そして昭和47年(72年)。
俳優となって、
石原プロのドラマ「太陽にほえろ!」。
新人刑事のマカロニ役。

長髪の型破りの刑事。

毎週のドラマが進んで、
主人公がチンピラに刺されて、
嘘のようにあっけなく死んでしまう。

信じられないような展開。
ショーケン本人のアイデアだったらしい。

何になりたかったのかはわからない。
しかしショーケンは、
沢田研二のジュリーよりも、
あの時代そのものを体現していた。

ご冥福を祈りたい。

さて今日も朝から取材へ。

川崎市麻生区上麻生。
イオンスタイル上麻生。
DSCN96209
今日がグランドオープン。

小田急線新百合丘駅から徒歩15分。
昨年5月13日に、
「ミアクチーナ上麻生店」が撤退。
生活協同組合ユーコープの店だった。
そのあとへ入居したスーパーマーケット。

商人舎流通スーパーニュースの3月14日。
イオンリテールnews|
「ここdeデリ」核の小型イオンスタイル上麻生3/29出店

イオンリテール㈱の、
南関東カンパニーの店だ。

朝9時20分から2階のスペースで、
記者会見。
IMG_44889

横浜川崎事業部長の間渕和人さんと、
店長の堀川悌志さんが、
記者団に囲まれて質疑応答。
IMG_44909
直営売場面積は1228㎡(372坪)、
駐車台数53台、駐輪台数50台。
もしかしたら駐輪台数を、
増やしたほうがいいかもしれない。

近隣には昨年4月に改装オープンした、
イオンスタイル新百合ヶ丘があって、
こちらは広域商圏店舗。

上麻生は地域の冷蔵庫代わりの小商圏型。

イオンリテールが珍しく展開する、
小型スーパーマーケットだが、
全体にイオンのノウハウと独自商品が、
結集されている。
IMG_45079
詳細はこの店も、
月刊商人舎4月号で分析する。
乞う! ご期待。

朝から期待を込めて、
近隣の顧客が来店してくれる。IMG_451089

イオンのいつものやり方だが、
小型スーパーマーケットでも、
2日前にソフトオープンし、
今日がグランドオープン。

スーパーマーケットに、
調剤を持つ「イオン薬局」が併設されて、
この面ではイオンの強みを生かす。IMG_45209

そしてレジの前に、
「ここdeデリ」の70席。

ガブリングステーキと、
生パスタのペルグラーノがあって、
ここdeデリのテーブルで、
出来立てを食べさせてくれる。 IMG_45288
これも従来の生協にはなかった機能だ。

間渕さんが店内を巡って、
新しい試みをくまなく説明してくれた。
間渕さんは一昨年の7月に、
私のコーディネートで、
ダラスとニューヨークを訪れた。

それから堀川店長が丁寧に、
この店のコンセプトを説明してくれた。
堀川さんは2013年に米国研修に参加して、
ダラスとサンフランシスコで学んだ。DSCN97829

左から間渕さん、堀川さん。
そして広報部長となった吉田和弘さん。DSCN95269

南関東カンパニーの本部から、
多数の応援者が来てくれた。

大森修さんは、
商品統括部コーディネーター部部長。DSCN95289
大森さんもアメリカ研修に参加した。

イオンではもう、
ずいぶんたくさんの人たちと、
アメリカ研修をした。

それが徐々に店頭に現れてきている。
私にとってはとてもうれしいことだ。

この居ぬきの店は、
以前のユーコープの売場を、
圧倒的に凌駕することによって、
地域の顧客から熱い支援を、
勝ち取ることができる。

「圧倒的な差異」が必須だ。
多分、それは可能だろう。

頑張ってほしいところだ。

最後に今日も「折々のことば」
第1417回。

私たちが
音楽的だと
考えていることが、
ほんとうは
人間の不幸の
始まりかもしれない。
(小泉文夫『音楽の根源にあるもの』より)

小泉は56歳で没した民族音楽学者。
ユニークで鋭い切り口を持っている。

「歌唱の形式は、
社会生活の形態と連動している」と分析。

「小規模な狩猟採集民は
声を揃えて歌うことが少なく、
他民族との抗争や巨大な獲物を狙うなど
結束した行動が必要な民は、
日頃から歌や踊りで
拍子を合わせる練習をしている」

「権威や規則で生活が
“がんじがらめ”の社会ではじめて
“複雑”で”個性的”な音楽が誕生する」

がんじがらめのなかで、
個性的な生き方をした。
その意味でショーケンはやはり、
ミュージシャンだったのだ。

店にも、この意味での「音楽」が欲しい。

合掌。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2019年の開催研修会
  • ハワイ・オアフ小売視察研修ツアー ビギナーズコース2019年9月5日(木)~9月9日(月)<3泊5日>開催場所:アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2019年の開催予定
  • 商人舎2019年 ミドルマネジメント研修会2019年9月10日(火)~9月12日(木)開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.