結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2020年02月17日(月曜日)

新型コロナウィルスに「今日もお仕事・おまんまうまいよ」

Everybody! Good Monday!
[2020vol⑦]

2020年第8週にして、
2月第4週。

今日の横浜は最高気温16℃。

あっという間に、
「光の春」の季節は過ぎた。

気象学者で理学博士の故
倉嶋厚さん。
その著『お天気歳時記』に書いている。
416KABTSDDL._SX320_BO1,204,203,200_
二月の光は
誰の目から見ても
もう確実に強まっており、
風は冷たくても
晴れた日には
キラキラと光る。

厳寒のシベリアでも
軒の氷柱から
最初の水滴の
一雫(ひとしずく)が
輝きながら落ちる。

ロシア語でいう
「光の春」である。

新型コロナウィルス騒動で、
「光の春」も忘れていた。

そのうえ地球は、
[極端気象]に見舞われている。
202001_cover

日経新聞「ニュース一言」
㈱ユナイテッドアローズ。
社長の竹田光広さん。
img-01
「暖冬はもはや異常気象でない。
来年以降も冬の気温が高く推移すると
考えて行動すべきだ。
コートやダウンジャケットに偏重した
商品構成からの脱却を目指していく」

日経記事。
「今冬の販売で苦戦した反省から、
ユナイテッドアローズは2021年3月期に、
秋冬に展開する衣料品の見直しを始める」

同社は1989年に、
重松理(しげまつさとし)さんが創業した。
バブル経済の最後の絶頂期だった。

重松さんは、
有名なセレクトショップ「ビームス」の、
1号店店長だったが、
ビームスを出て、
ユナイテッドアローズをつくった。

㈱商業界では、
月刊「ファッション販売」の全盛期。
「チャネラー」誌と競い合っていた。

私は月刊「食品商業」編集長に就任した。

それから30年。
「チャネラー」は廃刊し、
「ファッション販売」は売却された。
時代は変わった。

しかしユナイテッドアローズは、
2019年3月期決算で、
連結売上高1589億円、2.9%増、
経常利益113億円、5.0%増。
店舗総数は237店舗。

結局はオーソドックスな、
チェーンオペレーションがなければ、
セレクトショップもDCブランドも、
存続できないし、成長もできない。

竹田さんは2012年に社長就任。
「冬場でも薄手の洋服を多く用意するなど、
シーズンにこだわらず
顧客の実需に対応する」

アパレルでも、
[極端気象MD]が必須となる。
202001_coverpage-448x634

月刊商人舎Webコンテンツ。
「月曜朝一2週間販促企画」
mask_kafun_woman

「新型コロナウイルスをものともせず、
横浜の高島屋のスイーツ売場には、
若い女性から年配の女性まで押し寄せ、
大混雑だった」

人気のある店には長い行列ができる。

「ただし週末はその横浜駅周辺の商業も、
閑散としていた」

横浜港には依然、
ダイヤモンド・プリンセス号が停泊中。
新型コロナウイルスの風評被害もある。
横浜中華街も閑散としている。

一方で東京・渋谷は、
いつも通りに賑わっていた。

新型コロナウイルスが、
経済や商業に与える影響は大きい。

中国経済はどこまで落ち込むか。
それに影響を受けて、
日本をはじめアジアも、
アメリカも先行き不透明。

2月、3月に決算を控える小売業。
百貨店の決算は悲惨だろう。

「2019年の消費増税に始まり、
暖冬、そして新型コロナウイルスと、
下半期は三重苦に近い。
しかしこの状況はしばらく続く」

中国と韓国のインバウンド需要は、
大きく後退する。

観光業もインバウンド小売業も、
打撃を受けることは間違いない。

いつごろ収束するか。
東京オリンピックに影響は出ないか。

歴史的に見ると中世ヨーロッパで、
ペストが大流行した。

もともとはネズミ⇒ノミ⇒ネズミだった感染が、
ネズミ⇒ノミ⇒ヒトとなった。
11世紀と14世紀がひどくて、
欧州全域で2000万から3000万人が、
ペストによって死亡したと推定される。
これは当時の全人口に対して、
3分の1から3分の2に当たる。

今回の新型コロナウィルスが、
この時代のペストのようにはなりえない。
心配はいらない。

しかし当時の閉塞感の中で、
人間たちに3つの心理的傾向が出た。

第1が刹那的な欲望の追求や浪費に走る。
第2に懺悔して神仏に頼る。
第3に犯人を仕立て上げて迫害する。

人間とその人間集団の心理は、
同じような傾向を示すから、
刹那的な浪費現象は出るかもしれない。
新興宗教の勃興や事件も、
起こるかもしれない。
誰かが、あるいはいずれかの人種が、
スケープゴートにされるかもしれない。

21世紀の現代人として、
それらのことには誇りをもって、
「否」という姿勢を示したい。
シンプルな生活態度を貫きたい。

手洗い、うがいの励行。
場合によってはマスクもしっかりして、
何よりよく食べ、よく働き、よく眠る。

2012年9月。
商人舎の「今月の標語」は、
平櫛田中の言葉。

「今日もお仕事、
おまんまうまいよ」

平櫛はこの後に続けて言う。
「びんぼうごくらく、
ながいきするよ」

平櫛田中は、
「ひらぐし・でんちゅう」と読む。
明治5年(1872年)生まれ、
昭和54年(1979年)没。
なんと107歳まで生きた彫刻家。
51bgBoqdBRL._SX373_BO1,204,203,200_
100歳を超えても、
現役として作品を創り続けた。

そして豪語した。
「60、70は鼻たれ小僧」

私もまだまだ鼻たれ小僧。
今週も頑張ります。

では、みなさん、
「今日もお仕事、おまんまうまいよ」
Good Monday!

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.