結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2020年02月14日(金曜日)

Valentinedayのウォルマート・アマゾン・CVSヘルスの1兆ドル

聖バレンタインデー。

雪が積もれば
Christmas♪
想いが募れば
Valentine♬

赤いリボンで結ばれた
贈り物が待ってる

さよならだけがよく似合う
僕のValentineday
寂しくなんかないぞとつぶやくと
誰かがすみのほうで
くすっと笑った♬
〈詞・曲 山﨑眞幹〉

いい曲です。

大学時代の1年先輩がつくった歌。
毎年、2月14日が近づいてくると、
いつも、必ず、自然に、口ずさむ。

雪が積もれば
Christmas♪
想いが募れば
Valentine♬

口ずさみつつ、
東横線、南武線、武蔵野線を乗り継いで、
新小平へ。

第一屋製パン㈱本社・小平工場。IMG_53120

冬なのに春みたいに 
あたたかい日には
ゆくさき不明の汽車にのり
荷物のようにがたごとと
はこばれてゆきたいと思うのです
〈詩・鈴木順子〉

こちらも1年先輩の天才詩人。

もうすぐ春です。
IMG_53130
東証一部上場企業。
第一屋製パンの取締役会。
私は独立社外取締役。

「おいしさに
まごころこめて」

ひたすら仕事しましょう。

会議が終わると、
横浜商人舎オフィスに戻る。

夕方、来客。

片山隆さん
㈱寺岡精工前社長。
現在、RTK Design代表。
IMG_53180
片山さんとは30年来の付き合い。
ヨーロッパでは、
様々な情報を提供していただきつつ、
何度もご一緒した。

アメリカや中国の最新情報も、
適宜、供給していただいた。

今日はその欧米や中国のITの変貌、
日本のチェーンストアが抱える課題、
そして将来展望などなど、
2時間半ほど熱談。

素晴らしい。

互いに同年配なので、
まだまだ業界のお役に立てる。
片山さんの知見を埋もれさせるのは、
本当にもったいない。
一緒に仕事しましょう。

「世のため、人のため。」に。

さて今日の商人舎流通スーパーニュース。
海外編も凄く充実している。

CVSヘルスnews|
’19年通期は総収入32%増の2568億ドル

全米第1位のドラッグストア。
12月31日締めの2019年度決算。
総収入2567億7600万ドル。
1ドル100円換算で25兆6776億円。
なんと売上高は前年比プラス32.3%。

営業利益は153億3900万ドルで36.2%増、
1兆5339億円。
純利益は66億3100万ドルの6631億円。
前年度は純損失5億9600万ドル(596億円)。
677207d7146c7021948229c08f40abef
飛躍的な改善だが、
とうとうウォルマートの半分くらいまで、
スケールを増やしてきた。

そのウォルマートはまだ、
1月末日の決算が発表されていない。
昨年は5144億500万ドルで2.9%増、
円換算すると51兆4405億円だった。

CVSヘルスの3割を超える成長の理由は、
医療保険会社3番手「エトナ」の買収にある。

一方、先週の月曜日、
2月3日の商人舎流通スーパーニュースは、
アマゾンnews|
売上高2805億ドル・21%増/純利益15%増も成長率鈍化

こちらも12月末締め。
2019年通年売上高は20.5%増で、
2805億2200万ドル(28兆522億円)。

営業利益は17.1%増で、
145億4100万ドル(1兆4541億円)。
DSCN984101-448x327

北米部門が20.8%増の1707億7300万ドル、
国際事業が13.4%増の747億2300万ドル、
AWSが36.5%増の350億2600万ドル。
AWSはアマゾンウェブサービスの略で、
クラウドによる出展者へのサービス事業だ。

アマゾンもウォルマートの半分を超えて、
しかもM&Aを展開するわけではない。
だからこのまま2割ずつ伸びていくと、
4年でウォルマートに追いついてしまう。

凄いことになってきた。

第1位のウォルマート52兆円、
第2位のアマゾン28兆円、
第3位のCVSヘルス25兆円。

トップ3のスケールを足し算すると、
1兆ドルの100兆円を超えて、
日本の国家予算に並ぶ。

そのウォルマートも、
1年に3%足らずの伸び率だが、
その金額は実に1兆5000億円。

そして規模の拡大だけではない。
ウォルマートnews|
1/29「ウォルマート・ヘルス」2号店を開店

1月29日に新フォーマットの2号店を始めた。
「ウォルマート・ヘルス(Walmart Health)」。
プライマリー・ケア・クリニック実験である。
90-768x501
スーパーセンターに併設されて、
手頃な価格でヘルスケアを提供する。

プライマリケアから、
ラボ、X線、診断、カウンセリング、
歯科、眼科、聴覚サービスまでを提供する。

これまでもターゲットなどが、
ミニッツクリニックサービスを展開した。
それらをはるかに超えた、
総合的なヘルスセンターだ。

しかも患者の健康保険の有無だとか、
ステータス(序列)に関係なく、手頃な価格。
その価格表も明示されていて、
明朗会計の診療が受けられる。

便利な医療サービスセンターである。

小売業は規模だけではない。
つまりレース型競争だけではない。
新たにコンテスト型競争が生まれた。

元学習院大学院長の故田島義博先生。
tajima_mono
最後の講義で述懐。
「私は製造業の規模の経済を、
流通業に持ち込んだ。
これは間違いだった」

ウォルマートもCVSヘルスも、
もちろんアマゾンも、
レース型競争の規模の経済と、
コンテスト型競争の範囲の経済を、
併せ持ったサービス業になろうとしている。

そしてそれを果たさなければ、
今後の成長はない。

一方の日本のチェーンストア。
昨日の日本経済新聞[Deep Insight]
「荒野生む 流通0強時代」
イオンとセブン&アイ・ホールディングス。
筆者は両者を、そして小売業全体を、
停滞する敗北者のごとく描く。

この記事の「流通」の見方、考え方、
そして基本的なスタンスに対して、
私は、全面的に「否」を唱えるものだ。

「流通は『0強』の時代に突入した」

否。

両者ともに、
組織の制度疲労は起こしているだろうが、
「0強」ではない。

規模の経済の原理はなくならないからだ。

「恐らくこの先、
イオンとセブンを中心とした再編劇は
見られなくなる」

これは完全な間違いだ。
事実が証明してくれるだろう。

「撤退した小売りや店舗の買い手はつかず、
各地に荒涼とした風景が広がりそうだ」

これも的外れだ。

「居ぬき出店こそ、
これからの店舗展開に必須の要件だ」

異論・反論は月刊商人舎で、
十分にスペースを取って、
展開しなければならない。

現場をよく見よう。
よく聞こう。
モニタリングしよう。

日本もアメリカもヨーロッパも、
そしてアジアも。

そこには躍動する現場がある。
見る、聞く、考えるが足りない者には、
その躍動感はわからない。

〈結城義晴〉

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.