結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2020年02月06日(木曜日)

似鳥昭雄さんの渋沢栄一賞受賞と「夢なかるべからず」

寒気団がやってきた横浜。
1月のニューヨーク並みの極寒。

それでも新田間川には、
春の気配がする。
IMG_52940
少しずつすこしずつ、
昼が長くなっている。

横浜駅周辺のビルのネオンも、
暖かい色合いを見せる。
IMG_52950
春はもうすぐ。

しかし新型コロナウィルス。

毎日新聞巻頭コラム。
「余禄」

俳人の日野草城(ひの・そうじょう)の句。
昭和初めに季語のない新興俳句を主導した。

月明や沖にかゝれるコレラ船(せん)
DSCN13640

船内で感染者が出て沖止めされた船――
しかしこの句は「コレラ船」が夏の季語。

コラムニスト。
「昔はコレラによる船舶の沖止めが
ひんぱんにあったようだ」

今、横浜港大黒ふ頭沖の豪華クルーズ船。
乗員乗客数3711人、感染者は10人。
今日また10人増えて20人。

残りの乗客も潜伏期間の14日程度は、
船内の個室にとどまることになった。

もうクルーズどころではなかろう。
エコノミック症候群の方が心配だ。

しかし昨日もこのブログで書いた。
毒性が強い病原体は患者を死に追い込み、
だからウイルスの感染が広がりにくい。

反対に毒性が弱いと患者が死なないから、
体内でウイルスが増えて感染が広がる。

重症急性呼吸器症候群のSARSが前者、
新型肺炎や新型インフルエンザが後者だ。

とは言っても死者の数も増えている。
2002年11月から2003年7月のSARSは、
中国広東省や香港を中心に8096人が感染、
37カ国で774人が死亡した。

今回の新型コロナウィルスは、
現時点で感染者2万2820人、
死者はほとんど中国で565人。

SARSを超える危険性も出てきた。

油断はできない。
最悪を覚悟して、
最善を尽くす。

[極端気象]に対しても、
同じ姿勢で臨むしかないから、
令和という時代は、
そんな時代なのかもしれない。

ああ。

さて商人舎流通スーパーニュース。
ニトリnews|
似鳥昭雄会長が第18回「渋沢栄一賞」を受賞

似鳥昭雄さん
第18回渋沢栄一賞を受賞。
7dd4c3f74f006b34bb1d70d7adebd54e-4-768x607
おめでとうございます。

もちろん似鳥さんは、
㈱ニトリホールディングス会長。

渋沢栄一は、
「日本資本主義の父」と称され、
近代日本の礎を築いた人物。
天保11年(1840年)~昭和6年(1931年)。
51WG71RHLlL._SX355_BO1,204,203,200_
現在の埼玉県深谷市生まれ。

生家は豪農だったが、
江戸末期の動乱のなかで、
尊王攘夷の志士となり、
やがて一橋慶喜の家臣に取り立てられる。

その間、パリ万国博覧会を訪れたりするが、
大政奉還のあと、大蔵官僚として、
井上馨らのもとで活躍。

しかし大久保利通や大隈重信と対立し、
退官し、実業の道へ。

第一国立銀行(現・みずほ銀行)頭取を初め、
理化学研究所、東京瓦斯、東京海上火災保険、
王子製紙、秩父セメント、帝国ホテル、
秩父鉄道、京阪電気鉄道、
麒麟麦酒、サッポロビール、
東洋紡績、大日本製糖、明治製糖、
それから東京証券取引所まで創設し、
その企業数は500以上。

二松學舍第3代舎長のほか、
商法講習所(現・一橋大学)、
大倉商業学校(現・東京経済大学)を設立。

「論語」をもとにした経営哲学にも精通した。
512p3frdrWL._SX305_BO1,204,203,200_

2024年からは、
福澤諭吉に代わって、
新紙幣1万円札の顔になるし、
来年の2021年には、
NHK大河ドラマ「青天を衝け」の、
主人公となる。

渋沢栄一賞は、
埼玉県が表彰する経営者賞だが、
冠(かんむり)が渋沢栄一でもあって、
極めて高い意義と権威をもつ。

渋沢栄一の生き方や功績を、
埼玉県から全国に発信するとともに、
今日の企業家のあるべき姿を示すため、
渋沢栄一の精神を今に受け継ぐ、
全国の企業経営者に贈られる賞である。

似鳥さんの受賞の理由は、
日本を代表する小売業企業ニトリを創業し、
2019年2月期売上高6081憶円、
経常利益1030憶円。
32期連続の増収増益を達成。

さらに似鳥国際奨学財団の設立、
北海道応援基金や似鳥文化財団の設立など、
社会貢献の実施が評価された。

似鳥さんの波乱万丈の生き方も、
渋沢栄一賞にふさわしいと思う。

なお、同賞は、
2008年度の第7回には、
(株)ヤオコーの川野幸夫会長が受賞。
川野さんは埼玉県の出身だけに、
ことさら目出度いし、ご自身、
喜ばれたと思う。

2018年度の第17回には、
田代正美さんも受賞。
(株)バローホールディングス会長兼社長。

渋沢栄一の言葉。
「商売をする上で重要なのは、
競争しながらでも、
道徳を守るということだ」

これは倉本長治と同じだ。
損得より先に善悪を考えよう。

それからこの言葉も好きだ。
夢なき者は理想なし。
理想なき者は信念なし。
信念なき者は計画なし。
計画なき者は実行なし。
実行なき者は成果なし。
成果なき者は幸福なし。
ゆえに幸福を求むる者は、
夢なかるべからず。

夢があれば、
新型コロナウィルスも、
乗り超えることができる。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年5月12日(火)~18日(月)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会<第17回>2020年7月7日(火)~9日(木)<第18回>2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
2020年2月
« 1月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.