結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2020年06月10日(水曜日)

月刊商人舎6月号「コロナ禍決算」発刊と久しぶりの大阪出張

月刊商人舎6月号、本日発刊!!
特集は、
コロナ禍決算
2020「この決算では何もわからない」202006_coverpage

毎年恒例の決算特集。
2020年2月期・3月期の本決算を、
ダイジェストし、分析する。

月刊商人舎には表紙の言葉がある。
表紙は雑誌の顔である。
その顔に文章を入れる。

大日本除虫菊㈱のコマーシャル。
キンチョウ虫コナーズで、
長澤まさみが言う。

「人間でいうたら
おでこに
パスワード書いて
歩いてるようなもんやで」
[TVCM 虫コナーズ「無防備」篇より]
nagasawa

月刊商人舎のCover Messageは、
おでこのパスワードみたいなものだ。
ちょっと長いが。

[Cover Message]
コロナは世界を変える。その「変わる」という事実だけが変わらない。世界はいっせいに変わる。「コロナは時間を早める」。交通革命と情報革命のなせる業である。国や地域や社会が、素早く、激しく変わる。経済も産業も、企業も商売も、迅速に、大きく変わる。しかし、どう変わるのか。何が元に戻るのか、何が戻らないのか。それはわからない。いまは、感染拡大を抑えよう。ライフラインを支えよう。患者をいたわり、助けよう。死者を悼み、弔おう。そして仕事をしよう。仕事だけが、コロナ禍と闘う術(すべ)である。拠り所である。その小売流通業の1年間の仕事の集大成。2020年2月・3月期決算を総括した。題して「コロナ禍決算」。コングロマーチャント、総合スーパー、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、ドラッグストア、そして百貨店。衰退する者、停滞する者、混迷する者、躍進する者。そして新たに誕生する者。しかし決算の総括から、われわれはそのあとのことを考察しなければならない。想像しなければならない。「コロナ禍決算」の、そのあとの光明を見い出さねばならない。

目次。202006_contents

[特集のまえがき]は、
パオロ・ジョルダーノの引用。
イタリアの人気作家。
今年4月24日に翻訳書が発刊された。
『コロナの時代の僕ら』
その「著者あとがき」がいい。

「今からもう、
よく考えておくべきだ。
いったい何に
元どおりに
なってほしくないのかを」

業態別の決算分析は、
コングロマーチャント、
総合スーパー、
スーパーマーケット。
そしてコンビニエンスストア、
ドラッグストア、百貨店。

イオンとセブン&アイを、
コングロマーチャントとして、
そのセグメント別決算の順位を分析。
全体像を明らかにした。

それぞれの業態ごとに、
辛口での分析。

それは商人舎らしい切り口だ。

スーパーマーケットに関しては、
元食品商業編集長の竹下浩一郎さんに、
1万1500字の書下ろし原稿を、
寄稿してもらった。

感謝しておきたい。

最後はリモート鼎談。
2020コロナ決算の裏を読む
COVID-19後は何に投資するか?

竹垣吉彦さんと佐々木泰行さん。
竹垣さんは㈱イオンファンタジー常勤監査役、
佐々木さんは早稲田大学商学学術院主任研究員 。

実に面白い内容になった。
必読の鼎談だ。

もちろん特集のあとがきは結城義晴執筆。

ご愛読をお願いしておきたい。

さて今日は、
久しぶりに東海道新幹線。
以前の3分の1くらいの乗客数だが、
ガラガラというわけでもない。

新横浜からのぞみに乗ってすぐに丹沢山系。
神奈川県は晴れていた。DSCN95530

しかし静岡県は曇り。
富士川を渡るも富士山は見えず。DSCN95650

西に行くにしたがって、
空模様は怪しくなる。

愛知県、岐阜県、滋賀県を過ぎて、
京都府。

京都駅から東寺の五重塔を臨む。DSCN95730
新大阪に着いて、
なんばから上本町へ。

シェラトン都ホテル大阪で、
海外視察研修の打ち合わせ。

私の右が前田仁さん。
左は小阪裕介さん、
右が森川泰弘さん。IMG_71530
前田さんは、
万代ドライデイリー会事務局長。
小阪さんは、
㈱JTB大阪第三事業部営業四課長。
森川さんは同グループリーダーで、
商人舎の研修担当。

前田さんから、
フェイスガードをプレゼントされた。
613RDg3KFFL._AC_SL1000_
なかなかの優れもの。
飛沫防止になるし、息苦しくない。

東京よりも大阪の方が、
マスクをつけている人が多い気がする。

大阪府では、
昨日の6月9日16時以降、
今日の6月10日16時まで、
新型コロナウイルス感染者はゼロ。

納得。

神奈川県もゼロだったが、
東京都は12人だった。

まだまだコロナとの闘いは続く。
何は元どおりにするか、
何は元どおりにしないか。
それを考えるときでもある。

〈結城義晴〉

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.