結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2020年08月19日(水曜日)

コロナ特需の四半期決算企業と「信念を持たぬ人の偏屈」

今日は朝からオンライン会議。
㈱True Dataの取締役会。
IMG_83600
いつも刺激的なディスカッション。

㈱プラネット会長の玉生弘昌さんが、
今年度から非常勤取締役となって、
いつも高い視野から教授してくださる。

だからTrue Dataは偏狭に陥らない。

ありがたい。

オンライン会議が終わって、
外に出たら、ヒマワリ。
IMG_83640

そしてコスモス・オレンジフレア。
IMG_83680
夏真っ盛りだが、
今週末はちょっと涼しくなる。

そして暑い夏もすぐに終わる。

わが安倍晋三首相が3日間の夏休み。
いつもならば大好きなゴルフをするだろうが、
慶応大学病院で7時間も検査した。
このCOVID-19禍で、
首相の健康は日本全体の問題だ。

私より2歳年下の65歳。
しっかり養生してほしいものだ。

一方、今日と明日の2日間にわたって、
将棋の第61期王位戦七番勝負第4局。

木村一基王位に、
藤井聡太棋聖が挑戦している。
木村は47歳の働き盛り。
藤井は17歳の高校生。
二人とも健康には問題はない。

藤井棋聖がここまで3連勝。
今日の木村の気迫はすごかった。

会場は福岡市中央区の大濠公園能楽堂。
IMG_83830
「おーい」戦だけに協賛の筆頭は「お~いお茶」。
駄洒落だけれど、面白い。

勝負は明日の2日目。

さて[商人舎流通SuperNews]

第1四半期・第3四半期の決算ニュースが3本。
いずれもコロナ特需で絶好調。

ワークマンnews|
売上高364億円26.3%・経常利益28.9%の大増収増益

ワークマンはベイシアグループで、
その期待の星だ。

ベイシアはかつての㈱いせや。
群馬県のローカルチェーンだったが、
徹底的にウォルマートに学んだ。

いまやカインズなどを合計した、
グループ売上高は1兆円に迫る。

そのワークマンは、
作業着、作業用品の小型専門店チェーン。
こちらもウォルマートの思想を体現して、
コロナ禍でも絶好調。

第1四半期の売上高は364億円、
前年同期比26.3%増。
営業利益は61億6300万円で30.5%増、
経常利益は65億3500万円で28.9%増。

利益率がすごい。
営業利益率22.9%、経常利益率24.6%。
PB商品は1170アイテムで、
売上高構成比は56.2%。
前年同期比10.3ポイントの上昇。
つまり半分以上がPB。
それが収益性の高さを支える。

ヨーロッパのプライマークのようだ。

一方、
オイシックスnews|
コロナ禍で売上高231億円42%・営業利益282%増

オイシックス・ラ・大地㈱。
第1四半期は売上高231億円で、
前年同期比42.2%増。
ヒュー!
営業利益20億7600万円、
282.3%。
ヒューヒュー!!!
純利益11億8400万円で、
337.9%増。
ヒューヒューヒュー!!!

そして営業利益率は9.0%。

オイシックスは、
大地を守る会、らでぃっしゅぼーやを、
傘下に収め、とくし丸も子会社にした。
しかしこれは同志的な経営統合だ。

だからこそ、
ラストワンマイルビジネスの寵児である。

そして、
マミーマートnews|
コロナ特需で売上高919億円12.5%増・利益倍増

㈱マミーマートは、
2020年9月期第3四半期連結決算。

㈱ヤオコーと㈱ベルクに挟まれた、
埼玉県のローカルチェーン。

しかし、第3四半期までの売上高は、
918億9300万円で前年同期比12.5%増。
営業利益39億4900万円、131.2%増、
経常利益42億4400万円、108.6%増。

営業利益率4.3%、経常利益率4.6%。

3月に「生鮮市場TOP東松山店」を開発。
いわゆるロピアを模倣したモデルで、
今のところ好調だとか。

米国のウォルマートも、
ドイツのアルディやリドルも、
ドン・キホーテもオーケーも、
ディスカウント型の店舗は、
企業ぐるみで徹頭徹尾、
エブリデーローコストでなければならぬ。

一つのプロジェクト、一つの事業だけ、
ディスカウントするケースは、
例外なく失敗している。

これは小売業の歴史が証明している。

最後に朝日新聞「折々のことば」
今日の第1909回もいい。

実生活で
いちばん偏屈なのは、
ぜんぜん信念を
持っていない人である。
(G・K・チェスタトン評論集『異端者の群れ』)
41-3zPZThFL._SX340_BO1,204,203,200_

高校の英語の先生は、
チェスタトンが大好きで、
いつもその文章を引用して、
授業をしてくれた。

1874年生まれ、1936年没。
イギリスの作家、批評家、詩人、随筆家。
探偵小説「ブラウン神父」シリーズも著名だ。
51vKIoPOxWL._SX354_BO1,204,203,200_
そのチェスタトンの言葉。
「怒声とともに批判する人たちは、
批判を向けるその対象のことを
よく知らない」

「対象たる人々やその考えに”無関心な”人、
しかも自身の”意見を持たない”人に限って、
相手を頭から詰(なじ)り、迫害する」

チェスタトンの観察力、素晴らしい。
ヘイトスピーチなど、
この手の輩がするものだ。

「明確な思想を持つ人は
色んな思想に習熟していて
狂信に陥らない」

経営者も実務家も、
これは大切なことだ。

「偏狭なのはむしろ、
よく考えない人だ」

チェスタトン先生、ありがとう。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.