結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2020年08月27日(木曜日)

「おうい価格よ どこまでいくんか」デフレ懸念と体力勝負

真っ白な入道雲と青い空。
IMG_84470

それでも荒れ模様の空。
もう秋の気配がある。
IMG_84480
おうい雲よ
ゆうゆうと
馬鹿に
のんきさうぢやないか
どこまでいくんか
〈山村暮鳥〉
IMG_84450

フィリピンの東で、
新たに熱帯低気圧が発生。
台風になる可能性がある。IMG_84490

日経新聞に7月22日・23日掲載の記事。
保存しておいたが、1カ月経過して、
追加のインタビュー記事が出た。

「コロナが変えた値段」
(上)「少し高くてもよい」

「新型コロナウイルスの影響で
モノやサービスの値段に変化が出ている」

スーツやホテルなど
外出に関連した消費の価格は下落した。
巣ごもりに焦点を当てた新たなサービスは
価格が高くても人気を集める。

記事は人気の商品やサービスを列挙する。

⑴マンガアプリ
Amaziaが提供する「マンガBANG!」
ダウンロード数は前年同期の約2倍。

紙の単行本が値上がりしているから、
このアプリも単価を値上げした。
それでも利用者数や売上高は増えている。

6月の消費者物価指数で、
「ウェブコンテンツ利用料」は
前年同月比2.7%上昇。

⑵宅配代行サービス
ウーバーイーツの1日の平均利用者数は、
4月下旬~5月上旬はほぼ倍増。

宅配サービスの価格には、
手数料や配送料が含まれる。
店内で食べるより高い。

ハンバーガーは店内価格が110円なら、
宅配は130円、
牛丼は350円が570円。

⑶ネット通販
楽天市場の利用者数は10%増、
アマゾンも6%増。

日銀の指摘。
「アマゾン効果により、
消費者物価の総合指数が、
0.1~0.2%程度押し下げられている」

少し高くても、
ウーバーイーツやネットスーパーの、
宅配は売れる。

それでも物価指数は下がっている。

23日の記事は、
(下)「一番売れる時期逃した」

紳士服チェーンは、
緊急事態宣言の4月上旬から1カ月休業。
卒業式や入社式で1年の書き入れ時。
販売は激減し在庫が膨張。

そこで「緊急処分」と銘打って、
スーツの全品半額セールに踏み切った。

カジュアル衣料のライトオンも、
春物を大幅に値下げした。

6月の消費者物価指数。
男子用ズボンが前年同月比3.4%下落。
婦人用スーツも5.1%の大幅下落。

率先して値下げに動く企業に、
㈱イズミ(山西泰明社長)が挙げられている。
message_i01_2018
6月から1000品目で平均1割の値下げ。
昨年10月の消費増税時に、
350品目の値下げをしたが、それ以上。
「値下げした商品の売れ行きは好調」。

ロイヤルホールディングスの「てんや」。
5月中旬に天丼を値下げ。
540円から500円に。

黒須康宏社長の見方。
「消費マインドが減退し、
低価格商品の売れ行きが伸びる」
president_img01
コロナウイルス不安は、
消費マインドを減退させ、
価格コンシャスは高まる。

みずほ総合研究所の調査。
今夏の1人あたり賞与額は、
前年比9.2%減。
リーマン危機後の2009年に次ぐ大幅減少。
この時は9.8%減。

日本経済団体連合会の発表。
「2020年夏季賞与・一時金」では、
大手企業の夏ボーナス平均は、
92万5947円で前年比6%減。

この夏、消費は伸びることもなく、
ゆえに価格は下がった。

この「コロナが変えた値段」シリーズ。
1カ月後の8月20日。
野村総合研究所の木内登英氏登場。
エグゼクティブエコノミスト。
kiuchi_t
日本経済4~6月期の実質国内総生産は、
前期比年率27.8%減。

戦後最悪の落ち込み。

木内さん。
「長期にわたって
強い下押し圧力が
かかり続けるだろう」

「外出を控える動きなどで需要が急減し、
企業収益の悪化は避けられない。
設備投資や雇用の調整も進み、
需要は一段と抑制される」

「需要と供給力の差である需給ギャップは
2025年まで年平均で4.5%悪化し、
物価上昇率は同1.1%下振れる計算だ」

「コロナ以前から物価上昇率は0%台で、
当面はマイナス圏に沈む可能性が高い」

だからイズミの政策は、
競争する小売業として正しい。

「感染再拡大の懸念がくすぶるなか
需要は元に戻らない」

「家計や企業への支援は必要だが、
問題は財源の議論がないことだ」

国債の増発は、
企業や国民の税負担につながる。
企業の成長期待を押し下げる。

「投資や雇用が抑制されると、
物価の下げ要因となる」

ところが「政府・日銀はいまだ
物価目標2%の旗印を降ろしておらず、
コロナ禍が過ぎ去った後に
再び”デフレ脱却”を目指す可能性がある」

安倍晋三首相の進退いかんでは、
それどころではないかもしれない。
政局となると、
「物価は二の次・日銀任せ」となる。

「その際、危機対応の延長で
財政規律が緩んだまま
野放図な財政出動に走れば、
企業の成長期待が押し下げられ
デフレが再燃する懸念がある」

木内エコノミストは、
「デフレ再燃」を懸念する。
つまり価格は下がり続け、
顧客の価格マインドは高まり、
低価格消耗戦は続く。

スーパーマーケットをはじめとした、
コロナ特需は弱まりつつ継続されるものの
ヤオコー川野幸夫会長が指摘した
「体力勝負」だけは続くことになる。

おうい価格よ
ゆうゆうと
馬鹿に
のんきさうぢやないか
どこまでいくんか

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.