結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2020年11月01日(日曜日)

[訃報]ショーン・コネリーの映画「結城義晴が選ぶベスト5」

2020年の11月1日。
新型コロナウイルス年も、
残すはあと2カ月。

年の初めにはまったく、
想像もしなかったCOVID-19禍。

東京オリンピックも延期された。
令和2年となった新元号も、
残念ながら目立たなくなるほど。
しかし11月から年末まで、
年中行事が続く。

国民の祝日は、
11月3日の火曜日、
11月23日月曜日の勤労感謝の日。
後者は三連休となる。

11月15日は「七五三」。
11月第3木曜日は今年は16日だが、
ボジョレー・ヌーボー解禁の日。

アメリカでは第4木曜日が、
サンクスギビングデー。
翌日の金曜日はブラックフライデー。
それから1カ月間、クリスマスまで、
ホリデーシーズンが続く。

アメリカのウォルマートは、
COVID-19禍の今、
ブラックフライデーを、
3回に分けて実施する。

商人舎流通SuperNews。
ウォルマートnews|
ブラックフライデー・セールを3回に分けて開催
8d1b95f7a53c5db993524283488eaf46

混雑を避けながら、
3回のセールを行うことで、
顧客に安全に買物を楽しんでもらう。

と言いつつ、
3回分のセールが実施される。

さて、訃報。
ショーン・コネリーさん。
90歳。

スコットランド人俳優。
西インド諸島のバハマ。
その自宅で眠っている間に、
安らかに大往生した。

ある意味で理想的な逝去だ。
51PySkUnNiL._SX382_BO1,204,203,200_
1930年、エジンバラ生まれ。

若いころは苦労して、
様々な仕事を転々としたが、
1962年、007のジェームズ・ボンド役で、
一躍トップスターとなって、
1997年以降は総指揮を兼務しながら、
2003年まで現役を続けた。
最後はナレーターや声の出演だったが、
2012年まで映画に関係した。

スコットランド生まれで、
その祖国の独立運動を支援し続けた。

本業の映画だけでも60数本に出演した。

私もすべてを観ているわけではない。
しかし観た映画の中で絞りに絞って、
「結城義晴が選んだ5本」。

これは、本当につらい選択だ。
それでもあえて選ぶとすると、
時代を逆に並べて、
⑴2000年、「小説家を見つけたら」
index
晩年の渋い映画だ。
小説家と黒人の少年の交流。

R・B・パーカーの小説「初秋」も同じだが、
大人や老人の男が少年を育てる物語は、
不思議な共感を生む。

⑵1990年、「レッド・オクトーバーを追え!」
51TC0JNBZ2L._AC_SY445_
ソ連の原子力潜水艦艦長が亡命する物語。

この映画が日本で封切られたころ、
私は「食品商業」の編集長だったが、
スーパーマーケットの店舗サイズを、
「タイフーン級」などと命名して、
雑誌で使っていた。

⑶1989年、「ファミリービジネス 」
512QJ8K07ZL._SL250_
三世代の泥棒の物語。
ダスティン・ホフマンが息子、
マシュー・ブロデリックが孫。

祖父役のコネリーが亡くなったあと、
最後に警官たちと泥棒仲間が、
全員で「ダニーボーイ」を歌う。
実にいい。

⑷1987年、「 アンタッチャブル」
71lf9X9rmlL._AC_SY445_
エリオット・ネスの相棒ジム・マローン役。
正義感の強い警官役だが、
最後に死んでしまう。

賞には縁が薄いコネリーが、
この映画でアカデミー助演男優賞、
ゴールデングローブ賞助演男優賞受賞。

⑸1986年、「薔薇の名前」
nameofr
中世の修道院で、
カトリックの元異端審問官が、
怪死事件の謎解きをする重厚な物語。

こう見ると、
ジェームズ・ボンド役の後に、
コネリーのアクターとしての才能が、
開花した。

1980年代後半の50歳代後半。

これ以外にも、
1989年の「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」。
ジョーンズの父親役として安心感がある。

1996年の「ザ・ロック」は、
サンフランのアルカトラズ島を舞台にして、
これもスリリングな映画だ。
100062_01

007ももちろん面白い映画ばかりだが、
1963年の第2作が一番だと思う。
「ロシアより愛をこめて」
51Vcdag4kiL._AC_SX342_
時代を逆行して、
私が好きな映画を並べたが、
ベスト1はどれかと問われれば、
ん~、難しい。

ショーン・コネリー自身が、
どれが好きだったかと想像すると、
「小説家を見つけたら」だろうか。

いい役だし、いい演技だった。

「ファミリービジネス」は、
ダスティン・ホフマン。
「アンタッチャブル」は、
ケビン・コスナー。
「インディジョーンズ」は、
もちろんハリソン・フォード。
そして「ザ・ロック」は、
ニコラス・ケイジ。

いずれも超人気の名優と共演して、
その相手役を引き立てた。

スコットランド独立の運動家としては、
英国諜報部員のボンド役よりも、
「ファミリービジネス」の、
アイルランド人役が好みだったと思う。

ご冥福を祈りつつ、
これからもビデオで、
ショーン・コネリーを楽しみたい。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.