結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2020年11月26日(木曜日)

あああアマゾンがウォルマートの7割まで迫ってきた!

アメリカでは今日11月26日が、
サンクスギビングデー。

しかし私はまたまた毎日、
数を数えている。
新型コロナウイルス新規感染者。

神奈川県が254人で過去最多。
兵庫県も184人で過去最多。

東京都は481人、大阪府は326人。

累計感染者数は14万人に達した。

それよりも全国の重症者は410人で、
これが過去最多。

高齢者の感染も増えている。

しかし、マスク、手洗い、
フィジカルディスタンシング。

そして早期の発見と早期の対処。
対処療法は進化している。

少しずつ少しずつ、
COVID-19との共生を、
私たちは学んでいる。

さて商人舎流通スーパーニュース。
アマゾンnews|
第3Q売上高37%増・961億ドル/連続最高純利益

アマゾン・コムの2020年度第3四半期。
9月30日までの3カ月の業績。

売上高は961億ドル、
1ドル100円換算で9兆6145億円。
これが前年同期比37.4%増。

営業利益は96.2%増の61億9400万ドル、
純利益は196.7%増の63億3100万ドル。
純利益は前期に続いて過去最高。

ウォルマートの第3四半期は10月末だが、
総収入は1347億ドルで5.2%増。

こちらは、
ウォルマートnews
第3Q総収入1347億ドルの5.2%増/EC79%増

アマゾンは四半期レベルで、
ウォルマートの71.3%まで迫ってきた。

2007年度にアマゾンの年商は、
初めて100億ドル(1兆円)を超えた。

その時点のウォルマートは、
3788億ドル(37兆8799億円)だった。
ウォルマートは年間に8.6%伸びていた。
純利益は127億ドル(1兆2731億円)。

ウォルマートはアマゾンの38倍だった。
ウォルマートの純利益が、
アマゾンの売上高だった。

私は㈱商業界社長を、
2007年8月31日に退任した。
その後、㈱商人舎をつくって、
活動してきたが、この間、
アマゾンがウォルマートを急追し続けた。
そして7割ほどまでに肩を並べてきた。

第3四半期のウォルマートの営業利益は、
58億7800万ドル(5778億円)で22.5%増。
アマゾンはそれを抜いてしまった。

アメリカの新規感染者数は連日、
1日あたり16万人から18万人である。

ジョンズ・ホプキンズ大学調査で、
累計感染者は1277万2653人、
死者数は26万2222人。
世界で一番多い。

ネスティングの傾向も続く。
だからアマゾンのリアル店舗は、
四半期売上高9.6%減の37億8800万ドル。
ホールフーズマーケットが主体だ。

ジェフ・ベゾスCEOのコメント。
18Amazon-1-master768.jpgジェフベゾス
「業界をリードする賃金(時給15ドル)と、
優れたヘルスケアを備えた仕事を
提供することは、このような時代に
さらに意味があります」

アマゾンは今年だけで、
40万人以上を新規に雇用した。

「今年はこれまで以上に多くのお客様が
ホリデーギフトを早めに購入しています。
これは今年のホリデーシーズンが
前例のないものになることを示す
兆候の1つにすぎません」

今日のサンクスギビングデー。
そして明日はブラックフライデー。
12月25日のクリスマスまでが、
ホリデーシーズンだ。

今年のホリデーシーズンは、
前例のないものとなる。
アマゾンにとって。

eコマースが爆発する。
アメリカ国民は消費への欲求を、
溜めに溜めている。

それはノンストアリテイリングによって、
発散される。

ウォルマートも、
米国内のeコマース売上高は79%増で、
この伸び率はアマゾンを上回っている。

ダグ・マクミロンCEOのコメント。
cdn.corporate.walmart.com
「この困難な局面において、
私たちのアソシエーツは、
感銘深い仕事をしてくれています。
そんな彼らを非常に誇りに思います。
お客さまの新しい買物行動は
今後も続くものと考えています」

日本の年末年始も、
前例のないものとなるか。
それを願いたい。

最後に朝日新聞「折々のことば」
第2005回。
今持つべき目的は、
何か素晴らしいことを
しようというのではなく
(ひど)すぎる状態に
なってしまうのを
避けることです。
(エマニュエル・トッド『大分断』から)
81GoEaUdURL._AC_UL640_QL65_
エマニュエル・トッドは、
フランスの歴史人口学者。
1951年生まれの現代最高の予言者(?)。

人口動態を軸に歴史をとらえる。
ソ連崩壊もイギリスのEU離脱も、
米国トランプ政権誕生も、
トッドは予言している。

「民主主義は対立する複数の意見を
許容するものである以上、危機に際しても
“完璧な解決策を期待してはいけない”」

それを乗り越えようとしても、
「政治的な無秩序の度合いが変わる」だけ。

「何かに救いを求めるのでなく、
もたつきながらも
“泥の中を通り抜ける”ことが肝要だ」

民主主義や政治の問題だけではない。
COVID-19に対しても、
「酷すぎる状態になってしまうのを
避けること」だと思う。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.