結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2021年05月04日(火曜日)

高原豪久と松下幸之助とサム・ウォルトンの凡事徹底

みどりの日。

書に倦(う)めば水遣(や)りに出てみどりの日
〈宮岡計次〉

読書にあきたら、
庭の木々に水をやる。
そんなみどりの日。

昭和天皇が崩御された1989年から、
祝日法改正の2006年までは、
旧天皇誕生日がみどりの日だった。

つまり4月29日。

それが改正祝日法によって、
4月29日は昭和の日となって、
みどりの日は5月4日に移動した。

みどりの日風もみどりでありにけり
〈小林草吾〉

日経新聞電子版の経営者ブログ。
高原豪久ユニ・チャーム社長。

今回で200回を迎えた。
高原さんはのペースは、
1カ月に1本くらいだから、
16年以上の連載だ。
photo01_jp

4月29日の唱和の日のテーマは、
「凡事徹底が非凡を生む」

その高原さんが今年の新入社員に行ったこと。
「成長しやすいひとの特徴」。
①しつこい
②可愛(かわい)げがある
③素直

わかる。

①の「しつこい」を高原さんは、
「凡事徹底」に置き換える。

「凡事徹底」は「凡事継続」ではない。
「徹底」とは「神は細部に宿るが如く」
こだわり尽くすこと。

「漫然と同じことを継続していても
それは単なる繰り返しであり、
“非凡”な成果には必ずしもつながりません」

「しっかりと具体的な計画を立て、
成果が出るまで試行錯誤を
地道にくり返す努力こそが、
“非凡な成果”につながるのです」

「しつこい」は、
継続すること。
できるまでやめないこと。
一番前に来ているほどに、
とても大切なことだ。

「凡事徹底」は、
平凡な仕事を日々、
徹底すること。

私は「徹底」を定義している。
詳細に、厳密に、継続すること。
こまかく、きびしく、しつこく。

サム・ウォルトンは言う。
「平凡な人間を集めて、
平凡な仕事をして、
非凡な成果を上げる」
201609010_sam-walton

人間はだれも、
平凡だ。

そんな人が、
平凡な仲間とともに、
平凡を徹底したら、
非凡になる。

そして②の「可愛げ」は、
松下幸之助に通じる。

「私は学歴がないから、
多くの人の知恵を借りる」

可愛げがあった。
51f208eNy-L._SX349_BO1,204,203,200_

③の「素直」には著者の注釈がある。
「斜に構えず、何事もポジティブにとらえる」

これも松下幸之助が言っている。
「私は学校に行けず幸運だった」

負け惜しみではない。
ある種のパラドックスである。
学校を出ていない幸之助は、
わからないことばかりだった。
それを補うためには、
人に聞く以外にない。

これが「素直」である。

しつこい。
可愛げがある。
素直。

高原豪久さんは、
幸之助やサムことを、
言っているように聞こえる。

その幸之助とサムは、
誰もできないことをやり遂げた。

みどりの日風もみどりでありにけり

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.