結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2021年05月31日(月曜日)

幸運なことが二つ「コロナワクチン接種予約」と「新著三刷」

Everybody! Good Monday!
[2021vol㉒]
2021年第22週。
5月最終週で、
明日からもう6月だ。

しかし夏の祭りの中止が、
相次いで決定されている。
日経新聞が報じた。

さみしいことだ。

日本三大祭りのひとつ「京都・祇園祭」
7月の山鉾(やまほこ)巡行を中止する。
昨年に続いて2年連続。
〈公益財団法人祇園祭山鉾連合会公式サイトより〉
05

毎年6月開催の「金沢百万石まつり」も、
2年連続ですべての行事を取りやめる。

福岡の「博多祇園山笠」は、
私の故郷の夏の祭りだが、
「舁(か)き山」の実施を22年夏に延期する。
鑑賞用の「飾り山笠」は、
市内各地に設置されるものの、
男衆が担いで疾走する舁き山は延期。
〈博多祇園山笠公式サイトより〉
blog_header

高知の「よさこい祭り」も、
「秋田竿燈まつり」も中止。

こうなると町内・村内の小さな祭りも、
開催しにくくなるのかもしれない。

経済的な損失も大きいし、
商業への打撃も相当なものとなる。
人々の意識も落ち込む。

それでも東京五輪は、
灰色のまま進んでいる。

9都道府県の緊急事態宣言は、
6月20日まで延期される。
北海道・東京・愛知・大阪・兵庫・京都、
そして岡山・広島・福岡。

この9道府県とともに、
沖縄でも来月20日まで緊急事態宣言下が続く。

まん延防止等重点措置は、
神奈川・千葉・埼玉と岐阜・三重。
これも6月20日まで延長される。

これからの20日間が、
祭りだけでなく、
五輪開催の白黒をつける日々だ。

いつまでも灰色でいることはできない。

唯一の希望はCOVID-19ワクチンである。

しかし大規模接種の東京会場は、
予約の空きが全体の3割強にのぼる。
5月31日の今日から6月6日までの接種分、
用意された7万人分のうち、
予約済みは4万7000人分だった。
〈防衛省・自衛隊ホームページより:以下同じ〉
kaishi_tokyo1

そこで私もこの週末に、
パソコンでネット予約を試みた。
社会人の娘が予約を後押ししてくれた。

そうしたら本当に偶然なのだろうが、
インターネットで5分も待たずに、
予約が取れてしまった。

東京・大手町の大規模接種センターは、
自衛隊によるワクチン接種である。
kaishi_tokyo2

東京23区の高齢者から始まって、
東京都全域へと順番に受け付けられた。
それでも予約は予定通りに進まず、
神奈川・千葉・埼玉に広げられた。

大手町は東京の中心部だが、
高齢者がここまでやってくることは、
なかなか骨が折れるのだろう。

横浜在住の私は毎月、
大手町プレイス内科で、
血液検査と診察を受けている。

アクセスも比較的便利で、
6月6日に接種することとなった。

ありがたいことだ。
kaishi_tokyo4

5月18日のブログで書いた。
渋滞学の権威・西成活裕東京大学教授の分析。
渋滞を軽減するためには、
「譲り合い」が必須である。
41KM+IBfN0L._SX333_BO1,204,203,200_
同感だ。

だから私は考えていた。
それほど急ぐこともない。
慌てることもない。

だが、空きが3割となると、
今度はそれを埋めることも、
全体最適に貢献する。

ということで、
自衛隊のモデルナ接種が決まった。

正直なところほっとした。
68歳なりに万全の態勢を整えて、
それでも仕事であちこち動き回った。

ワクチン接種は、
人に迷惑をかける確率も軽減する。

ありがたいことだ。
感謝を忘れてはならない。

ワクチンの効果は4つ考えられる。

①発症予防の効果
感染しても症状が出ることを抑える。
新型コロナウイルスならば、
新型肺炎の症状が出るのを抑える。

②重症化予防の効果
症状が出ても重症にならないようにする。
現実的にはこの効果がいま、
一番期待される。

これら①②は個人の問題だ。

③感染予防の効果
感染そのものを防ぐ効果だ。
これは実証がなかなか難しいが、
感染しても発症しない人が多くいるから、
ワクチンの感染予防効果も、
ある程度考えられる。

臨床試験で調査もされている。
ワクチンを接種した人のグループと、
偽薬を投与した人のグループで、
発症した人の数を比較して、
発生予防効果を測定する。

そこでわかってきたのは、
感染予防効果もある程度見込めることだ。

④集団免疫の効果
多くの人がワクチンの接種をして、
多くの人がウイルスへの抗体を持つことで、
社会全体が守られる効果。

集団免疫は様々なもので解説されている。
山本太郎著『感染症と文明』がいい。
31c3USu-xmL._SX298_BO1204203200_

国や地域などの集団の中で、
ほとんどの人が免疫を持つことで、
一部の人が免疫を持っていなくても、
感染が広がらない状態になる。

免疫を広げるための手段がワクチン接種である。

WHO(世界保健機関)は、
集団免疫の状態となる条件に関して、
人口の7割以上を基準にしている。

イスラエルは世界で最も早いペースで、
ワクチン接種が進んでいる。

そのイスラエルで効果を調べた論文では、
2回目の投与を受けたあと7日目以降では、
発症を予防する効果が94%、
重症化を防ぐ効果が92%だった。
無症状者を含む感染予防効果も92%だった。

集団免疫までは、
まだまだ時間が必要だが、
感染予防効果は心強い。

それから今日、
もう一つうれしいニュース。
結城義晴著「コロナは時間を早める」
第三刷が決定しました。
コロナ本

刷り上がりの予定は、
6月17日。

これで4月17日の初版一刷、
5月17日の二刷、
6月17日の三刷。

ありがたいことだ。

月曜日から感謝、感謝。

では、みなさん、今週も、
「ありがたい、ありがたい」で、
Good Monday!

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.