結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2023年12月04日(月曜日)

小松左京「大阪万博奮闘記」の「手段と目的」

Everybody! Good Monday!
[2023vol㊾]

2023年第49週。
12月第1週。

いよいよ年末商戦です。

商人舎流通スーパーニュース。
ヤオコーnews|
2024年もSCを除く全店で1月1日~3日に店休日

ヤオコーが来年の三が日、
臨時休業すると発表した。

社員や従業員が年始を、
家族と過ごしたり、
規制したりできるようにするためだ。

近年はそんなチェーンストアが増えている。
万代はずっと三が日休業だし、
ロピアは4日まで営業を休む。

もちろん正月元旦に営業するイオンなどもあっていい。

それぞれの企業の理念に沿って、
それぞれに営業するのがいい。

みんなで足並みをそろえる必要はない。

しかしヤオコーはそれを、
12月1日に発表した。
いいタイミングだ。

今日は1日、月刊商人舎12月号の執筆と入稿。

午前中に来客。
小阪裕介さん。
ご存知、レジェンド小阪。
㈱JTB大阪第三事業部営業第四課長。
商人舎担当責任者。
IMG_95513
今年もお世話になりました。
来年もよろしく。

今週の私のスケジュール。
月曜は雑誌の記事執筆と入稿。
火曜はその責了。

きっぱりと終わらせます。

そして水曜には和歌山に出張。
店舗視察をして、
木曜は講演。

金曜は横浜商人舎オフィスで、
林博美先生と懇談。

今週も慌ただしい。
師走です。

朝日新聞「天声人語」
SF作家の小松左京。
1964年、学者ら7人で万博の研究会を発足。

『大阪万博奮闘記』に、
その奮闘ぶりがつづられている。
61QvWozN5RL._SL1303_

そして1970年の大阪万博のテーマを決めた。
それは「人類の進歩と調和」

そして主張した。
「万博は手段であり、
目的ではない」

目的は「人類全体のよりよい明日を見出すこと、
(略)苦しみのすくない世界をつくりあげて行くこと」

コラムが問題にするのは、
開幕まで500日を切った25年の大阪・関西万博。

「聞こえてくるのは理念ではなく、
弁明や責任逃れの言葉、
経済効果の皮算用ばかりだ」

それもそうだが、
ハッとさせられることがある。

私たちの店は、
手段であって、
目的ではない。

私たちの雑誌も、
手段であって、
目的ではない。

最後は万博と同じだ。
「人類の進歩と調和」

そして顧客のための、
ちいさな喜び、
ささやかな幸せ、
あすへの希望。

この目的を見失ってはいけない。

弁明や責任逃れ。
経済効果の皮算用。

もちろん経済効果の議論は必須だ。
それは目的のために必須なのだ。

年末商戦の中でも、
よくよく考えておかねばならない。

それは手段であって、
目的ではない。

では、みなさん、今週も、
目的のために、
手段を使おう。

Good Monday!

〈結城義晴〉

「満員御礼」
「月刊商人舎」購読者専用サイト
月刊商人舎 今月号
商人舎 流通スーパーニュース
月刊商人舎magazine Facebook

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
チェーンストア産業ビジョン

結城義晴・著


コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人のためのリンク集

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.