結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2024年01月17日(水曜日)

雪のマンハッタンの「休息の一日」

1月17日。

ニューヨーク・マンハッタン。

昨夜から雪が降って、
ビルの屋上にも積もった。

24階の自室の窓から見える景色。IMG_119934

遠景のハドソン川も煙っている。IMG_12014

建物の屋上から蒸気が上がっている。
映画のシーンのようだ。
IMG_12004

ザ・ニューヨーカーのロビー。IMG_12024

今日は休養日。

聖書の創世記。

神は一日目に、
天と地をつくった。

神は、二日目に空をつくり、
三日目に海と地をつくって、
地に植物を茂らせた。

神は、四日目に、
太陽と月と星をつくり、
五日目に、魚と鳥をつくった。

六日目には、動物をつくり、
この日、神は自分に似せて、
男と女を創造した。

アダムとイブと名づけた。

そして七日目に神は、休んだ。

私はニューヨークに来て、
5日目を休息の日とした。

そこで雪のマンハッタンを歩く。
ホテルのそばの地下鉄駅から、
サブウェイのC線に乗って、
81丁目まで。

アメリカ自然史博物館。IMG_12234

メトロポリタン美術館に行くつもりだったが、
この自然史博物館に寄ってみることにした。IMG_14764

自然科学・博物学に関わる標本・資料を公開。
動植物や鉱物、その歴史などが学べる。
1869年に設立された。


ロビーには巨大な恐竜の骨が展示してある。
バロサウルスの全身骨格。
IMG_12104

迫力満点。
IMG_12114

歩き回った。
IMG_14783

アフリカ象。
IMG_12134

建物空間も素晴らしい。
IMG_12154

雪が降って人が少ないのか、
ゆったりと回ることができる。IMG_12164

恐竜の骨は興味深かった。
アルバトサウルス。IMG_12174

アロサウルス。
IMG_12184

アパトサウルス。
IMG_12194

スミソニアン博物館ほどではないけれど、
なかなかよかった。IMG_12254
疲れたのでメトロポリタンはあきらめて、
セントラルパーク沿いの道を歩く。

ダコタハウス。
ジョン・レノンが住んでいて、
ここで銃弾に倒れた。IMG_12274

雪のセントラルパークだが、
歩く人が多い。
IMG_12284

30分も歩いたか、
七番街に面して、
コロンバスサークルに突き当たる。IMG_12464
真ん中にコロンブスの像が立っている。

そのコーナーのホールフーズ。
コロンバスサークル店。IMG_12414

この店の成功が、
ホールフーズの奇跡を生み出した。IMG_12424

創業者のジョン・マッケイは、
この店の成功に自信を得て、
マンハッタンをはじめとする大都市に、
大型店舗を増やしていった。IMG_12434
スープとクロワッサンでランチ。
レストランに入ると時間がかかるが、
デリやスープ、パンなどを買って、
コンビニエンスに食事することができる。

体も温まった。

五番街とセントラルパークがぶつかるところ。
プラザホテル。
IMG_12494

そしてアップルストア。
IMG_12504

傘をさして、マフラーを巻いて、
五番街をゆっくり散策。
IMG_12574

改装増築されたティファニー本店。
右隣はトランプタワー。
IMG_12554

世界的に著名なブランドショップを眺めながら、
ユニクロまでやってきた。IMG_12604

2011年10月14日オープン。
総面積は約2500坪、
売場面積は約1400坪。
世界の旗艦店だ。

2006年にはソーホー店が先駆けて開業した。

2007年のロンドン、
2009年のパリ、
2010年の上海。

日本では心斎橋。

それらの結晶のような店だ。

Brooks Brothersの跡地という、
絶好のポイント。
IMG_12624

入り口を入ると、
エスカレーターが3階まで伸びる。
ユニクロの実力がすべて表現されていて、
いつ訪れても圧倒される。
IMG_12644

マーチャンダイジングだけでなく、
プレゼンテーションも最高峰。IMG_12634

五番街にはZARAもH&Mも、
ギャップも出店している。

それらに堂々の勝負を挑んで、
負けてはいないし優位に仕事を進めている。

安心した。

それからサックスフィフスアベニュー本店。
昨年のホリデーシーズンを狙って、
クリスチャンディオールとサックスが、
コラボレーションのプレゼンテーションを展開。
IMG_12674
巨大なチェーン同士の同盟、
ソフィスティケートされたブランド同士の協業。
世界の消費産業はアライアンスの大潮流の中にある。

それがマンハッタン五番街にはある。

タクシーでホテルに帰って、
仕事を片付けたり休んだり。

夕食はラーメン「一蘭」。
IMG_14793
1960年に福岡で創業した豚骨ラーメン。

2016年10月にブルックリンに出店し、
このマンハッタン・ミッドウェストには、
2018年3月に進出した。
IMG_14934

入り口を入るとセルフオーダーする。IMG_14944

完全な仕切り付きの座席システム。
個人別カウンター。
IMG_14924
「味集中カウンター」と呼んでいて、
顧客にラーメンに集中してもらう仕組みだ。

仕切られたテーブルの反対側に、
係りの人間がいて、
御簾の向こうから追加注文を聞いてくれる。IMG_14914

そして青い手袋をして、
ラーメンやドリンクを出してくれる。IMG_14824

ハイ、出てきました。
豚骨のラーメンの麺とツユ。
トッピングは別になっていて、
自分で盛り付ける。IMG_148744

茹で卵はうまく割れなかったけれど、
こんな感じのラーメンになりました。
IMG_14894
博多生まれの結城義晴。
マンハッタンで豚骨麺を堪能しました。

浅野秀二さんと写真。
満足げだ。
IMG_15014

ホテルに帰って、午後8時。
自室でオンライン会議。

㈱True Dataの取締役会。IMG_E12713
便利な時代となりました。

私自身はちょっと疲れていたけれど、
True Dataはみんな元気いっぱい。

良い報告をしてもらいました。
ありがとう。

マンハッタンの休息の一日。
あまり休んだ気分ではなかったけれど。
(つづきます)

〈結城義晴〉

「満員御礼」
「月刊商人舎」購読者専用サイト
月刊商人舎 今月号
商人舎 流通スーパーニュース
月刊商人舎magazine Facebook

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
チェーンストア産業ビジョン

結城義晴・著


コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人のためのリンク集

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.