結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2024年01月19日(金曜日)

「ポジショニング」を求めてNew JerseyからBroadwayまで

ニューヨークはマイナス2℃。
東京はプラス5℃。

温度差がある。

その東京の自民党。
岸田派の宏池会につづいて、
安倍派の清和政策研究会と、
二階派の志帥会が、
解散を決めた。

安倍派は自民党内最大派閥。
福田赳夫元首相が作った派閥。

三つの派閥はパーティー券キックバック事件で、
会計責任者らが逮捕された。

安倍派は多額の裏金づくりが発覚して、
議員が検挙されたが、
二階派と岸田派は収支報告書への虚偽記載で、
会計責任者が立件された。

会長に責任は及ばないのか。

派閥を解消すれば、
その責任は消えてなくなるのか。

派閥は解消されても、
「裏金」は還流する。

そんなこと国民は、
先刻承知だ。

情けない。

さてロピア米国研修第2陣。
ニューヨーク視察は2日目。

朝は結城義晴の講義。

講義に先立って、
恒例のロピアの経営理念と7大用語の唱和。
IMG_1672

ロピアの経営理念、
「私たち『ロピア』は、
『食生活♡♡(ラブラブ)ロピア』をモットーに、
ロープライスのユートピアをつくることを
目標に生まれた会社です。
ユートピアとは、
楽しく感動して
いつも行きたいところです」IMG_1675

会議や新店オープンの際など、
みんなが集まるときには、
常に経営理念を唱和する。
そしてビジョンを共有する。

相川博史団長の朝の訓話。
IMG_1680
急成長するロピアには、
中途採用やスカウトの人材が多い。

ロピアの理念や経営方針を、
相川さんは具体的な事例と、
わかりやすい言葉で説明する。

結城義晴の初日の講義は、
相川さんの言葉を受けて始まる。
商人の「本籍地と現住所」。
IMG_1682

本籍地で学んだことを活かし、
現住所のロピアで活躍してほしい。

アメリカ視察のための、
基本的な態度から初めて、
経済や市場の基礎データを解説。
IMG_1691

どんな内容にも、
ロピアの事例を挟む。
ロピア仕様の講義である。IMG_1703

虫の目は全員が備えている。
だから鳥の目と魚の目を教える。
もちろん心の目を底辺に置いている。
一気呵成、2時間を語り切った。IMG_1694

講義が終わるとリムジンバスに乗り込んで、
ハドソン川をトンネルで越える。
隣のニュージャージー州へ。

そしてウェグマンズの郊外店。
IMG_1712

2500坪で1億ドルを売り上げる。
その市場のような青果売場。IMG_1753

ウェグマンズは多SKU のアソートメントが特徴だ。
そこでファミリーパックの大容量の品揃えもする。
これはコストコ対策だ。IMG_1717

定番商品のバナナ売場は広い。
1ポンド当たり49セント。
オーガニックのバナナは69セント。IMG_1721

対面のデリカテッセン売場。
スライスしたてのハムやチーズを提供。
いつも顧客が並んでいる。IMG_1728

店舗左翼に別棟仕立てで、
ワイン、リカー&ビールの店。
IMG_1756

買いやすく売りやすいテーブルワインから、
高級ワインまで品揃えする。
ウェグマンズは商圏内の需要を、
ごっそり奪い取る。
だから客層を広く設定する。

そのファインワインルーム。
ワインセラーだ。
IMG_1402

2018年オーパスワンは899.99ドル。IMG_1403

ここでリカー店舗の店長インタビュー。
IMG_1760

3種類のワインを試飲させてくれた。IMG_1772

ナビスコのOREO(オレオ)を模倣した、
ウェグマンズのPBを購入。

ウォルマートやアルディも、
同様のPBをつくっている。
それらを車中で試食してもらう。

ウェグマンズの価格は、
アルディと同じ2ドル49セント。
ウォルマートは2ドル58セント。
ウェグマンズは最安値。
グルメスーパーマーケットと、
勘違いされている観のある同社は、
こんなPB戦略をとっている。
IMG_1795

ショップ&ストップ。
ウェグマンズから5㎞ほどにある。
IMG_1796

オランダに本部を置く、
ロイヤルアホールドデレーズ傘下の企業。

このニューヨーク・ニューアーク地区では、
160店舗ほどを展開して、
2番目のシェアを有する。

スーパーストップ&ショップのバナーの大型店。
IMG_1798

天井を一部スケルトンにして、
対面売場を設けるなど、
最新の店づくりの要素を取り入れている。
IMG_1812

しかし対面売場はすでに機能していない。
店舗中央のシーゾナルスペースはガラガラで、
ポップアップセールは展開されていない。
IMG_1802

形だけ真似てもポジショニングがなければ、
コンベンショナルな業態からは抜け出せない。

アメリカのスーパーマーケットの多くが、
こうしたコンベンショナル型だ。

彼らにはもう衰退しかない。
ポジショニング戦略の難しさを、
痛感させられる。

ショップライト。
この地区で115店、19%のシェアをもつ。
IMG_1820

ただし資本の異なる企業が集まって活動する、
ボランタリーチェーンだ。

この店はそのショップライトの中で、
秀逸だ。
IMG_1826

部門やカテゴリーにブランドをつけて展開する。
対面売場のショップが積み重ねられた店だ。
これがこのショップライトの、
ポジショニング戦略である。

インストアベーカリーの中に、
「セレブレーション・ステーション」がある。
お祝い時のケーキを提供するコーナーだ。IMG_1825

ブランドにはそれぞれ、
オリジナルのデザインが施されている。
華やかなサインでも、
全体に調和がとれている。IMG_1839

早速、スモークショップで、
ブリスケットを購入するリーダー。IMG_1848
ロピアの米国研修はどんどん食べる。
それが特徴だ。

華やかな生鮮やデリ・ベーカリー違って、
広大なグロサリーはラックでの展開。
ここにはボランタリーチェーンの商品力が、
いかんなく発揮されている。IMG_1859

ショップライトとストップ&ショップ。
両社のポジショニングの違いは明らかだ。

そしてショップライトの至近距離に、
リドルがある。
IMG_0976

ドイツのシュワルツグループのボックスストア。
アルディと同じフォーマット。

入口のインストアベーカリーは、
独自の什器を使っている。
しかも安くて、そこそこにうまい。
黄色や赤で囲んだ売場は、
今週のプロモーション。
IMG_1404

導入部は青果。
アルディよりも青果、精肉は充実している。
IMG_1405

グロサリーはアルディ同様、
ダンボールカット陳列が基本だ。
その段ボールもプライベートブランドだから、
色指定をして売場に並べると、
カラフルなプレゼンテーションとなる。
「安売り屋」のイメージはない。
IMG_1408

店舗中央の平台には、
「売り切れごめん」の面白グッズが並ぶ。
ウィークリープロモーションコーナー。

結構な掘り出し物があって、
顧客は楽しみにしている。
IMG_1407
ウォルマートはエブリデーロープライス。
ウェグマンズはコンシスタントロープライス。
アルディはウィークリーマーチャンダイジング。

それがリドルのポジショニングだ。

ウェグマンズからリドルまで、
ニュージャージー州での視察を終えて、
マンハッタンへ。

途中でハミルトンパークに寄って、
記念撮影。IMG_1872

曇り空だがマンハッタンの摩天楼がきれいに見えた。
IMG_1876

マンハッタンに戻る途中、
消防車や警察車両が集まっていて、
交通規制。
IMG_1880

火事だったのだろうか。
周辺は一時騒然となった。
IMG_1881

この渋滞を潜り抜けて、
マンハッタンのアップタウンへ。
ブロードウェイ沿いを集中視察。

ゼイバース。
IMG_1882

550坪の2層の店舗で、
1階が食品売場、
2階がキッチン用品売場。

週に4万人が来店する大繁盛店だ。IMG_1898

チーズとデリ、スモークフィッシュ、
そしてコーヒーが有名。IMG_1886

対面売場を中心にしたグルメ専門店だ。
尖がりを持てば1店舗でも、
生き残ることができる。IMG_1892

ブロードウェイを5分ほど南下すると、
シタレラ。
IMG_1906

ニューヨークデリのお店。
IMG_1900

そして魚売場が圧巻。
だから対面の鮮魚コーナーは、
魚種も豊富で、充実している。
IMG_1901

隣には、
フェアウェイマーケット。
IMG_1936

こちらは八百屋出身のスーパーマーケット。
かつてはマンハッタンの王者だった。
IMG_1908

野菜の種類も多くて新鮮。

視察したロピアの団員たちは、
「やっちゃばの匂いがする」
IMG_1914

インストア加工のデリも人気。IMG_1916

店舗奥のブッチャーショップ&フィッシュマーケット。IMG_1927

氷を敷いた貝類のコーナー。
IMG_1929

驚いたのは、これ。
雑貨売場の一角の洗剤コーナーに、
網の扉が設けられて、
鍵が付けられている。
IMG_1930

万引き防止の鍵。
購入したい客はブザーを鳴らして、
店員を呼び出す。
IMG_1931
P&Gの「Tide」も万引きされるのだろう。

ニューヨークでは高額な化粧品などに、
こうした防犯対策を施すが、
洗剤にまでこの対策をとる。

コロナ前から万引きは大問題となっているが、
インフレが重なって、
深刻な状況となっている。

これは「セルフサービスの危機」である。

フェアウェイからさらに数分南下すると、
トレーダージョーとデュアンリード。
IMG_1938

地下1階・2階がトレーダー・ジョー、
地上1・2階をデュアンリード。IMG_1955

トレーダー・ジョーは、
いつ訪れても大量の顧客で賑わっている。IMG_1943

青果売場までレジの行列が伸びている。IMG_1945

地下2階の冷凍食品売場。IMG_1950

人気ナンバー1はマンダリンオレンジチキン。
少し甘い味付けのフライドチキン。IMG_1948

人気商品は冷凍ケースの底が見えるほど、
売れに売れている。IMG_1949

いつの間にかレジ待ちの行列は伸びて、
最後尾を示す旗を持った案内係が登場。IMG_1952

2日目の後半は、
ポジショニングの際立った、
地元スーパーマーケット3店舗。

それらにプレッシャーをかけ続けるのが、
トレーダージョーの大繁盛店。

朝の講義からニュージャージー、
マンハッタンのブロードウェイまで。
2日目の長くて充実した視察も、
無事に終了した。

それにしても、
派閥を解消して、
烏合の衆となってしまったら、
残った派閥から一本釣りで議員が、
刈り取られてしまう。

だから派閥と称することなく、
何らかのグループを維持する。

それは新しい派閥に他ならない。

ポジショニングを喪失した、
小売業の店舗のような政治家集団だ。

衰退していくしかない。
(つづきます)

〈結城義晴〉

「満員御礼」
「月刊商人舎」購読者専用サイト
月刊商人舎 今月号
商人舎 流通スーパーニュース
月刊商人舎magazine Facebook

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
チェーンストア産業ビジョン

結城義晴・著


コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人のためのリンク集

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.