結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2024年01月25日(木曜日)

平和堂「2代表取締役体制」と万代の最新店天王寺店の畜産部門

商人舎流通SuperNews。
平和堂news|
2代表取締役体制へ/平松社長CEOと夏原行平副社長COO

㈱平和堂が2月5日付で新体制になる。
平松正嗣さんが、
代表取締役社⾧執行役員CEOとなる。

夏原行平さんが代表権をもって、
代表取締役副社⾧執行役員COOとなる。
管理本部⾧兼経営戦略本部⾧。
heiwado_natsuharakouhei_coo-488x65044

CEOとCOOが復活する。

故夏原平和さんが会長CEOで、
平松さんが社長COOだった。

それが再現される。
いい体制だ。

夏原行平さんは、
2012年5月に取締役SM営業部⾧となり、
2014年5月、常務取締役店舗営業本部⾧。
営業統括本部副本部⾧を兼任した。
それから2015年5月に専務取締役となって、
以来、店舗営業本部⾧、経営企画本部⾧、
管理本部⾧、中国室⾧などを歴任。

このたび代表取締役副社長COOとなる。
50歳。

いい時期だ。

2009年、
コーネル大学RMPジャパンでは、
伝説の一期生。

一方、夏原陽平さんは、
取締役専務執行役員営業統括本部⾧に昇格。
コーネル大学ジャパン奇跡の二期生。

平松さんのもとで、
兄弟で営業と管理を分担する。

小杉茂樹さんも取締役専務執行役員に昇格して、
開発本部⾧の役を担う。

コロナ禍のキャズムから脱する年。
いいタイミングだ。

㈱万代では3月1日に、
加藤健さんが副社長に昇格して、
コーポレート本部を管掌する。
加藤さんは45歳。

若返りが進む。

新しい、難しい時代がやってくる。
若い力で時代を駆け抜ける。

さて1月23日朝8時、
万代天王寺店がオープンした。
大阪市阿倍野区天王寺。

昨日の24日、
万代知識商人大学8期の修了式のあとに、
訪問した。
IMG_1686

道を挟んでホームセンターのコーナン。
スーパーマーケットとホームセンターが並んで、
顧客にとっては便利な商業集積だ。
IMG_1687

売場は約500坪。
右側のメイン入口を入ると青果売場。
これは万代の定石。
IMG_1678

通路幅が広くて、
カートショッピングしやすい。

入口導入部右手に、
カットフルーツのコーナー。
IMG_1677

対面風のつくりで、
作業場も備えている。

先頭は二つの島陳列。
一つは旬のイチゴ。IMG_1679

もう一つはお買い得の野菜。
エノキタケやダイコン、レタス、トマトなど。IMG_1680

さらにオープン価格のお買い得野菜が展開される。IMG_2251

白菜2分の1カット98円。
買って持ち帰りたくなる。IMG_2252

サラダ野菜のコーナー。
キュウリ1本38円。IMG_2253

当然ながら顧客はお買い得商品を、
次々とカートに入れていく。IMG_2254

このサツマイモのボリューム陳列は美しい。IMG_2255

冷凍ケースでは、
ミールキットを展開。IMG_2256

そして突き当りの鮮魚売場。
IMG_1681

ロの字型に平ケースを配置して、
真ん中に作業場を設けた。
万代の鮮魚売場の定番スタイル。

従業員は作業しながら、
声をかけて販売する。
万代の「立ち売り」だ。

ここでは飛び切りの鮮度の魚介類を売る。

壁面は平ケースと多段ケースの「鮮魚市場」
壁面も対面コーナーにして、
万代の人間力を前面に押し出す。IMG_1682

奥主通路は精肉売場へと続く。
IMG_2257

平ケースではオリジナルブランドのステーキ。
万代の「万」をネーミングした「よろず牛」
IMG_2258

3㎝はありそうな分厚いステーキ。
シャトーブリアンは1700~2100円ほど。
これも買って帰りたい。IMG_2259
オープン初日、
畜産部門は22%の構成比をはじいた。

そして店舗左翼の惣菜売場。
真っ白な什器につくりたての惣菜を並べる。
IMG_2263

惣菜売場は広い。
お客はくまなく商品を見て回っている。IMG_1674

インストアベーカリーの、
ナポリ風ピザとドーナツの平台。IMG_1673

最終コーナーは、
ホールセールのパン売場。
IMG_1675

チェックアウトは、
セミセルフレジと完全セルフレジ。IMG_1676
オープン初日は2800万円を売り上げた。

売場には万代カレッジの修了生たちが、
応援に駆け付けていた。

いずれも店舗運営部のエリアマネジャー。
左から小倉貴行さん(2期生)、
青野克宣さん(4期生)、
近藤圭介さん(2期生)。
(ノリのいい大阪のおばちゃんも特別参加)IMG_2269

真ん中は店長の森智史さん(6期生)。
左は水谷哲成さん(2期生)、
カスタマーサービス担当。
IMG_2273
好調のスタートだが、
森店長は気を引き締める。

万代ではどこに行っても、
知識商人大学修了生がいる。

1年間の企業内大学で学んだあとこそ、
「学習する組織」の中核を担ってほしいものだ。

小学生・中学生・高校生のころ、
さらに専門学校や大学生のころ、
学ぶことは仕事だった。
だからつまらなかったり、
苦しかったりした。

しかし仕事に就いてみると、
学ぶことは楽しみに変わる。

役職が上がれば上がるほど、
学ばねばならない。

そしてその喜びややりがいは、
どんどん大きくなる。

個人が学習することによってのみ、
組織は学習する。

ただし人が学習したからといって、
必ずしも「学習する組織」になるわけではない。

が、個人の学習なくして組織の学習なし。

トップは誰よりも、
学習しなければならない。

〈結城義晴〉

「満員御礼」
「月刊商人舎」購読者専用サイト
月刊商人舎 今月号
商人舎 流通スーパーニュース
月刊商人舎magazine Facebook

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
チェーンストア産業ビジョン

結城義晴・著


コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人のためのリンク集

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.