結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2024年01月15日(月曜日)

ロピアNY研修3日目のEataly/Wegmans/Whole Foods

Everybody, Good Monday!
[2024vol③]

2024年第3週。
1月15日は日本では月曜日。

しかしアメリカは14日の日曜日。
ニューヨークに来て3日が過ぎた。

2024年のロピア米国研修。
第1陣の視察も今日が最終日。

毎朝の講義。
ザ・ニューヨーカー・ウィンダムホテル。
3階の会議室。
IMG_1228

いつものようにロピアの経営理念と、
7大用語の唱和。
IMG_1227

相川博史団長が重要なスピーチ。
IMG_1231

ロピアが何を目指しているのか。
なぜニューヨーク研修に、
全チーフを派遣するのか。
そのチーフは何をなすべきなのか。

ロピアの方向性を、
実にわかりやすく語ってくれた。
相川さんのスピーチは淡々としているが、
抽象的な内容をうまく表現する。

良い講話だった。

そして結城義晴の講義。
IMG_1240

相川さんの講話に続けて、
アメリカ小売業の理念経営を紹介した。
それから働きがいのある企業ランキング。
そしてカスタマーサティスファクションと、
エンプロイーサティスファクション。
IMG_1238
そのあとは、
肝心かなめのフォーマット戦略と、
ポジショニング戦略。

ニューヨークで実際に店舗を見て、
米国人マネジャーたちの話を聞いたあと、
戦略論を説明すると、
本当によく理解してくれる。

日本にいるときに、
いくら熱を入れて講義しても、
よほどの予備知識と理解力のある人以外は、
なかなかわからない。

ところがウォルマートを訪れ、
ターゲットを訪問すると、
その違いがわかる。
ポジショニングが理解される。

トレーダー・ジョーを見て、
ホールフーズを堪能して、
ウェグマンズを楽しんだら、
それぞれのフォーマット戦略が、
くっきりとわかる。IMG_1252
熱を入れて早口で講義したが、
今日は商品論まで到達できなかった。

オーガニックとプライベートブランド、
そしてバリューエンジニアリングなどは、
残りのわずかな時間に補足的に講義する。

セミナーが終わると、
リムジンバス。

最初に向かったのは、
ワンワールドトレードセンター。
9.11の跡地の再開発エリア。
IMG_1259

世界で一番美しい駅「オキュラス」。
スペイン人建築家サンティアゴ・カラトラバの設計。
IMG_1256
ここで静かに記念撮影。

それから鎮魂のプール。
ツインビル跡地につくられた。

短い観光を済ませると、
マディソンスクエアガーデンのそばにある、
イータリーへ。

2010年にオープンした、
ニューヨーク1号店のFLATIRON店。
IMG_10374

店舗は変形の十字型。
左手の入口から入ると、
イタリアの八百屋がある。
IMG_10214

店舗中央にはイタリアの魚屋。
IMG_1267

コンセプトは「学び、食べ、買う」。
市場であり、食堂であり、学校のような店。
「グロサラント」の極致。
日本でも話題になった。

その市場の肉屋。
IMG_1270

今もニューヨーカーに大人気だ。

生パスタ売場。
IMG_1273

Venchiはチョコレート専門店。
カラフルな売場づくりだ。IMG_10314

十字型の真ん中のスペースには、
どこからでもアクセスできるレストランがある。IMG_10294

市場の中に食堂がある。
食べて、見て、買って、楽しむ。IMG_10174

コロナ禍によって外食需要は激減。
しかし今、レストランの需要は戻ってきた。

だから対比的に商品の販売は苦戦か。

売場の至る所でセールを展開していた。
こちらは「ポップアップセール」のコーナー。
月刊商人舎12月号で特集した。
IMG_1279

開業後13年を経て、
地域になじんだイータリーだ。
IMG_10394
この建物の14階の屋上には、
イータリーのレストランがある。

次に向かったのは、
今回の視察の目玉。
ウェグマンズ・アスタープレイス店。
マンハッタン1号店だ。IMG_1288

ロワーマンハッタンの百貨店ワナメイカーの建物。
IMG_1287

地上1階と地下1階の2層店舗。
1階がウェグマンズのフードサービスゾーン。
デリ売場と寿司売場とベーカリー売場。
そして集中レジ。
IMG_1297

中央に作業場を設けたデリ。
IMG_1304

さらに壁面沿いにピザやアジアンフードなどを配置。IMG_1317

地下1階を結ぶのは1カ所のエスカレーター。
ショッピングカート専用エスカレーターが、
両サイドに設置されている。
これがなければカートショッピングができない。IMG_1322

地下1階は生鮮3部門とデアリー(乳製品)と、
冷凍食品、グロサリーの売場。
秀逸のフロアとなった。

その入口の青果部門。
IMG_11334

ウェグマンズらしく、
平台を多用して、豊富な品揃えだ。
IMG_1349

この店でウェグマンズは大きな挑戦を試みた。
日本の魚売場を本格的に展開したことだ。

日本の㈱魚力が全面的に協力している。

日曜のこの日、
まぐろの解体ショーを行った。IMG_1340

責任者のエイドリアン M・ハッチンズさんが、
大ぶりのまぐろを準備する。IMG_1348

実演の口上もよく練られていて、
見事なショーとなっている。
kaitai

そのエイドリアンさんにインタビューした。
32歳の好青年。
IMG_1369

「日本の魚文化に敬意を持っています。
本物の魚売場を全店で展開したい」
(インタビューの詳細は月刊商人舎2月号で掲載する)
IMG_11184

㈱魚力から指導に訪れている壁巣恵弥さん。
エイドリアンさんから全幅の信頼を得ている。
壁巣さんも加わって記念写真。IMG_1387

最後の視察店は、
ハドソンヤードにある、
ホールフーズ。
IMG_11764

Now Open!
IMG_1431

1階には対面ドリンク販売コーナーと、
コンビニエンスフードのショップがある。
IMG_11754

エスカレーターを登った2階が本格売場。
ミートとシーフードは対面売場だ。IMG_1435

チーズショップも対面方式。IMG_1439

店中が白い什器でつくられていて、
清潔感と美観を兼ね備えている。IMG_1440

ホールフーズが考え出したセルフデリ売場。
IMG_11634

そしてセルフレジ。
キャッシュはお断り。IMG_11664

2階のフードコートでランチ。
相川博史団長と事務局の商人ねっとのお二人。IMG_11714
研修3日目は2時間の講義と、
イータリー、ウェグマンズ、
そしてホールフーズマーケット。

尖がった店ばかり。
際立つポジショニングの店舗だけ。

濃密で豊かな視察研修の1日だった。

では、皆さん、今週も、
Good Monday!
(つづきます)

〈結城義晴〉

「満員御礼」
「月刊商人舎」購読者専用サイト
月刊商人舎 今月号
商人舎 流通スーパーニュース
月刊商人舎magazine Facebook

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
チェーンストア産業ビジョン

結城義晴・著


コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人のためのリンク集

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.