結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2024年01月20日(土曜日)

ロピアNY研修最終日のWegmans/Eataly/Whole Foods

今日は大寒。
二十四節季の「寒さが最も厳しくなるころ」

『暦便覧』は記す。
「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」

ニューヨークにいて、
大寒などと言うのも、
へんな感じだが、
どこにいても季節の移り変わりを、
日本人として感じていたい。

ここニューヨークは、
まさに大寒の寒さ。

マイナス6℃。

7時50分集合で、
朝のセミナー。

まずロピアの理念の唱和。IMG_19664

リーダーが前に出て先導する。IMG_19654

最後に接客7大用語。IMG_19684

相川博史団長のスピーチ。IMG_19693

そして結城義晴の2時間講義。IMG_19754

レース型競争とコンテスト型競争。
クリティカルマスと寡占・鼎占・複占。
さらにマーケットリーダー、
マーケットチャレンジャー、
マーケットフォロワーと、
マーケットニッチャー。IMG_19734
最後は業種・業態とフォーマット。

ロピアは1971年、
業種の「肉の宝屋藤沢店」として創業。

1994年、
小型ディスカウント・スーパーマーケットを開業。

1996年、社名を、
㈱ユータカラヤに商号変更。

1997年、
「新鮮大売ユータカラヤ」希望ヶ丘店で、
スーパーマーケット業態に本格参入。

2011年、㈱ロピアに商号変更。
「ロピア」のフォーマットに挑戦。

短期間で業種から業態へ、
そしてフォーマットまでの蛻変(ぜいへん)を遂げ、
そのフォーマット開発の先陣を切る。

私の理論を現実のものとした。

講義が終わると3日目の視察。
ささやかな観光からスタート。

この日はあいにくの雪模様。
それでも団員たちは元気に観光を楽しむ。

訪れたのは、グランドゼロ跡地。
現在は「9・11メモリアル」と呼ばれる。

敷地にはさまざまなオブジェがある。
象とウサギがお茶をしている。
IMG_1976

カバと犬のチェス。
IMG_19794

動物たちが自転車に乗っている。
その間に観光客が加わる。
IMG_1983

そして慰霊プールへ。
IMG_1985

気象条件の悪い日は、
入場規制をする。
プールの水も流れていない。
残念。

そしてオキュラス。
駅舎とは思えない斬新なデザイン。
IMG_1978

ここで記念撮影。
浅野秀二先生が声をかけてくれて、
たまたま通りかかった警察官たちも、
一緒に並んでくれた。
IMG_1990グッドジョブ!

店舗視察は、
ウェグマンズから。
アスタープレイス店。
マンハッタン出店1号店。
IMG_1550

ワナメイカー百貨店の跡地。
1階と地階の二層店舗。
1階はフードサービス部門。IMG_2002

中央にロの字型の作業場があって、
その周辺にコーナーが配置される。IMG_2010

寿司コーナーが主力だ。
アイテムも多いし、フェースも広い。
鮮度も味も格別のものだ。IMG_2005

 

壁面沿いにもフードサービスコーナーがずらり。
ホットデリバーやスープバー。IMG_2007

インストアベーカリー売場は広い。
IMG_2012

集中レジは1階にある。
一番奥に通常のレジが7台あって、
あとはセルフレジだ。IMG_1545

地下1階へはエスカレーターで誘導する。
もちろん上り下り両方に、
カート専用レーンもある。
階段は使わせない。
IMG_1510

エスカレーターを降りると青果売場。
果物が導入部。
IMG_1513

精肉売場もチーズ売場も、
冷凍食品やグロサリー売場も、
ウェグマンズそのものだ。
IMG_1537
ただしファミリーパックの大容量商品は減らした。
コンシスタントロープライスも、
派手には打ち出さない。

そして話題のシーフード「魚屋」売場。
㈱魚力が協力して日本の魚の売場を再現した。IMG_2051

担当のエイドリアンさんが準備に追われている。
IMG_2025

商品化の手順もまったく日本と同じ。IMG_2027

そのエイドリアンさんに11時からインタビュー。IMG_2053

「日本の魚屋をニューヨーカーたちに広めたい。
やりがいを感じている」
力強い言葉がどんどん出てくる。
ロピアの団員たちは大いに刺激を受けた。IMG_2055

32歳のエイドリアンさん。
来日の際には案内することを約束した。
IMG_2058

視察2店目は、
イータリー。
ニューヨーク・フラットアイアン店。IMG_2077

2010年にオープンしたアメリカ進出1号店。
IMG_2072

「買う」「味わう」「学ぶ」をコンセプトに、
スローフードを提案する。IMG_1556

延べ床面積は4600㎡。
そのうち半分ほどをカフェやレストランが占める。
IMG_2062

昼時には、
イタリアワインを楽しみながら、
ランチをとるニューヨーカーたち。IMG_2069

肉を食べさせるコーナーや、
ワインを提供するコーナー、
パスタレストランなど、
イタリアの食を気軽に楽しむことができる。IMG_2063

 

食べておいしかった食材は、
その場で買って帰ることができる。
レストランやカフェは、
スーパーマーケットにとって究極の「試食」である。
IMG_2067

パスタ専門の対面レストラン。IMG_1552

テーブルの上に生パスタが置かれ、
乾燥させている。
こうした商品化の過程が見えるのが楽しい。IMG_1553

小売りのレジは集中レジだけだった。
それがコロナを経て変わった。
ベーカリーや飲料などの即食ゾーンに、
キャッシュレス対応のセルフレジが現れた。
IMG_2074

最後の視察はハドソンヤード。
ホールフーズ最新店。
IMG_1579

1階はコーヒー、ソフトドリンク、
それにサンドイッチなどの
コンビニフーズを品揃えする。
IMG_1577

2階がメインの売場だ。
左翼がグロサリーゾーン、
中央に生鮮3部門、
そして右翼がデリゾーンに分かれる。
チェックアウトはデリの最後に配置された。

回遊性に富んだレイアウトで、
ホールフーズのノウハウが詰まっている。

2階に上がってすぐのシーフード部門。
IMG_1561

並んでミート部門。
IMG_1562

さらに奥に進むと、青果部門。
IMG_1571

青果部門の壁面の量り売りコーナー。
IMG_1570

生鮮とデリ部門をつなぐチーズ売場。
この店は白を基調にしたデザインで、
洗練されたイメージだ。
IMG_1563

右翼のデリゾーン。
ホールフーズ独自のセルフデリが、
これでもかと展開される。IMG_1564

そしてチェックアウト。
完全なセルフレジ。
IMG_1573

2列に銀行方式で並ばせて、
アテンダントが公平に誘導する。
日本ではセミセルフが増えているが、
アメリカではセルフレジが普及している。

私たちはイートインスペースでランチ。
相川団長はウェグマンズの寿司を購入してきたが、
それをホールフーズの寿司と食べ比べた。
IMG_1576

巻き寿司の比較では、
ウェグマンズに軍配が上げられた。
ニューヨークに来たらぜひ、
実際に食べ比べてほしいものだ。

全米トップのスーパーマーケットの寿司が堪能できる。

最終日の視察はここまで。
雪は降り続いたがあとは自由研修。

ホテルに戻ってから、
みんなそれぞれに行動した。
再び店を見たり、
観光したり、ショッピングしたり。

いい店をつくり、
いい売場をつくり、
いい商品をつくるためには、
いい店、いい売場、いい商品を、
自ら体験しなければならない。

それがロピアのNY研修だ。
(つづきます)

〈結城義晴〉

「満員御礼」
「月刊商人舎」購読者専用サイト
月刊商人舎 今月号
商人舎 流通スーパーニュース
月刊商人舎magazine Facebook

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
チェーンストア産業ビジョン

結城義晴・著


コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人のためのリンク集

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.