結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2011年07月09日(土曜日)

2011梅雨明け宣言とコーネル・ジャパン実行の第3期生全員コメント&結城義晴「心は燃やせ、頭は冷やせ」

関東甲信越は梅雨明け。
気象庁の発表。

去年より8日早いし、
平年よりも12日早い。
観測史上3番目の記録。

九州北部と北陸も同時に梅雨明け宣言。

いよいよ夏本番。

この、カーッという夏、
私、大好き。

冷えたスイカもいいし、
かき氷もいい。

もちろんキンキンの生ビールは最高だし、
冷やの清酒もいい。

ウナギもハモも、
夏野菜もバーベキューもいい。
風鈴も花火も、
海水浴も森林浴も、
みんないい。

夏の朝晩の高原のような涼やかさはいい。

何もしないで、
のったりと漂う午後の昼寝もいい。

ゴルフもテニスも、
ジョギングも散歩も心地よい。

もちろんこの暑い夏に、
懸命に仕事して、
人々に貢献するのが一番いい。

私の場合、
原稿書きは意外にはかどる。

東日本大震災の被災地の皆さんには、
その暑さもこたえるかもしれない。

それでも、
夏には夏の良さがあって、
それを感じ取り、味わって、
生きていくのがいい。

一昨日のコーネル大学RMPジャパン最終講義の続き。

昼食後は、三期生全員の3分スピーチ。
コーネル・ジャパンで何を学んだのか、
何を得たのか。
それぞれに思いを語る。

これが良かった。

㈱よこまち総務部総務課長の横町正俊さん。
20110708141600.jpg
「いちばん学んだことはSTP。
すなわちセグメンテーション、
ターゲティング、ポジショニング」

斎藤祐樹ではないが、我々が、
「持っているものは仲間だった」

㈱いかりスーパーマーケット専務取締役の行光恒夫さん。
20110708141607.jpg
「自分の会社を外から見た。
うちの会社のpositioningを見直せば、
まだまだ可能性がある。

もう一度、自分の価値はなにかを考え直したい。
企業理念、会社の哲学が大事。

今年10月、我が者は50周年を迎える。
あと50年、100周年に、何をやれるか。
それには創業者がどういう思いで会社をつくったか、
を知らねばならない。

改めて自分の会社の社是に自信をもっていい。
それを知らしめるのが二代目の仕事。
学んだことを会社の中で生かしていきたい。」

㈱万代システム部シニアマネージャーの山口成樹さん。
20110708141612.jpg
「30年間、情報と物流に携わってきた。
経営の見方、違う視点が必要であることが、
コーネルの講義を通じて分かった。

震災では物流の問題が表面化した。
震災によって考え方を変えた。

発注しても、ものが来ない。
そういった課題に経営の視点で取り組んでいきたい」

㈱キョーエイ常務取締役の森雅之さん。
20110708141619.jpg
「倉本長治先生が授けてくれた『市民生活を守る砦となれ』の社是が、
わが社のポジショニングである。
社是を胸に、毎月コーネルに来た。

顧客に喜んでもらい、
従業員にも喜んでもらう。

人口減だが、知恵を出して仕事すれば、
マーケットはある。
その中で勝ち抜いて、
お客に喜んでもらえ、
従業員に満足してもらえる店づくりをしたい。

リテール産業は面白い。
継続のために利益をいただける企業づくりする。
その勇気が湧いてきた。

コーネル・ジャパンで学んだことは、
私の誇りです」

㈱ランドロームジャパン取締役副社長の村越淳司さん。
20110708141628.jpg
「以前、結城先生から
『ただ学ぶのではなく、自分の上のレベルで学ばなければならない』と聞いた。
コーネルは講義を聞き、レポートを書き、発表をする。
大学時代以上によく学んだ」

㈱ユニバース営業企画部長の三浦建彦さん。
20110708141637.jpg
「店長の立場で参加し、いまは営業企画の部長。
会社から何を求められているのか、自分の役割は何か。
自分のポジショニングを、今考えている。
人との出会いが、一番大きかった」

㈱タカキベーカリー工務課改善係班長の松本剛さん。
20110708141645.jpg
「保全ばかりの仕事で、流通の仕組みが分からなかった。
しかしここで、自分の会社を知るきっかけになった

コーネル・ジャパンの創設の理念に、
働き甲斐のある会社をつくるという考え方がある。
学んだことを活かして、小売りのことを知っているエンジニアになりたい。
最後に夜の部のお詫びをしたい(?)」

㈱ラルズ第5商品部ゼネラルマネジャーの松尾直人さん。
20110708141653.jpg
「自分を磨く、
それを部下に伝える、
それを実践する。
この3つを学んだ。

明確な方針が必要。
競合との戦い方にしても、
下をくぐれ、利益出せ、絶対負けるな。
それではうまくはいかない。

今回、トップから言われていることが、
理解できた。
それが収穫だった」

㈱いかりスーパーマーケット・レストラン事業部取締役部長の松尾圭祐さん。
20110708141703.jpg
「最後の授業で全員経営のことを理解した。
一人ひとりの人格を尊重し、
大切にするという情の経営姿勢を貫いていきたい」

㈱マルエツ経営計画部長の本間正治さん。
20110708141710.jpg
「現職について、半年後にコーネルに参加した。
見えない不安があった。
しかしポジショニングの考え方で、
ズバッときた。
不安の雲が晴れてきた。
ただし危機感をもって、行動しなければならない。
マルティン・ルターは『この世を動かす力は希望である』という。
社内に希望の種がまけるよう頑張っていきたい」

㈱平和堂店舗運営本部SM第2店舗部長の福嶋繁さん。
20110708141718.jpg
「自分の考え方が大きく変わった。
モノ余り・デフレ時代。
結城先生の『人々の暮らしはいまだ満たされず』に改めて衝撃を受けた。

店は客のためにあり、
店員とともに栄える。
店主とともに滅びる。

ドラッカーの『利益は条件である』

様々な教えが学びとなった。
商品よりも人だということもわかった。

コーネルで私に投資していただいた金額の1000倍をお返しします。
社長に言った。

震災の絆と同じ。
コーネルの絆を大事にしていきたい」

㈱阪食営業本部店舗運営部長の廣田亘さん。
20110708141726.jpg
「わが社の千野社長が開講講座で講演した。
荒井先生は『真逆だ』といった。

いろんな角度、いろんな専門知識をもって、
教えていただいたが、
最後は1つのことを言っているように思えた。
どれだけ徹底できるか。
皆で徹底し、修正し、
同じ方向に向かっていけるかが大事」

㈱JR東日本ウォータービジネス商品部部長の浜田剛さん。
20110708141735.jpg
「3.11は出張先の青森で被災した。
水の需要、水の重要性を切実に感じた。
水を柱にした事業展開を大事にしていきたい」

㈱伊藤軒営業部チームリーダーの羽倉修一さん。
20110708141746.jpg
「自分に一番欠けていたのは経営者目線だったことを知った。
2期生の専務が学んだことを活かし、
会社を変えようとしている。
自分はそれを浸透させる役。
この1年、授業と現場の同時進行で学んできた。
経営者目線で仕事していきたい」

㈱ユニバース取締役店舗運営部長の長崎善人さん。
20110708141754.jpg
「私は『実行の長崎』の異名を持つ。
実行=徹底=確認である。
すなわちマネジメント=確認であることを学んだ。

スーパーマーケッには戸籍がない。
食品産業は社会のインフラだといいながら、住所がない。
社会的地位が低い。

その住所を勝ち取りたい」

㈱シジシージャパン商品本部取締役副本部長の辻信之さん。
20110708141805.jpg
「来年以降の中期計画を策定する。
スーパーマーケット(SM)の経営を勉強できたことは大きい。
震災でSMは大きな役割を果たした。
その支援をしていく」

国分㈱東京支社第二営業部長の千木良治さん。
20110708141813.jpg
「卸売業として、スーパーマーケットの知識は財産になった。
価格以外の価値の追求が必要だ大事と感じた。
早速、部署で『価値の創造』をテーマに企画を進めた。
最後に、『300年分のありがとう』を言いたい」

㈱タカヤナギ取締役副社長の高柳智史さん。
20110708141820.jpg
「情の経営と知の経営は心に残った。
学びながら、知識も知恵もまだまだだと感じた。
店長の待遇を高くしたい」

㈱カスミ執行役員商品統括本部デリカ部マネジャーの高橋茂幸さん。
20110708141830.jpg
「過去10年間でビジネスモデルが変わった。
アジアの生産能力向上、インターネットの発達
健康・安心安全、環境、マーケットの2割シュリンク
高額な法人税と、6重苦だ。

10年たつとディープな高齢化が起こる。
今後10年のビジネスモデルが描けるのか。
1店1店の収益性を高めるビジネスモデルが必要」

㈱アンデルセン広島アンデルセン販促企画室係長の髙木明子さん。
20110708141836.jpg
「『試練は買ってでもせよ』と結城先生が言ったが、
日々の業務に追われているなかで学ぶのは大変だったが、
視野が広がった。
聞きかじりの知識でもって、
オーナーの父と喧嘩することが多くなった。
これからも勉強を続け、
10年後にもう一度コーネルで勉強したい」

三井物産㈱食料・リテール本部食品流通部リテール食品室長の小林将人さん。20110708141844.jpg
「小売業と1回2回の商談は話ができるが、3回目から続かない。
だから小売業を学ぶために、自ら立候補して参加した。
アカデミックなことを中心に勉強できた。
商品開発だけでなく、さまざまなテーマがあることが分かった」

三井物産㈱都市開発事業部室長補佐の小竹経一さん。
20110708141851.jpg
「コーネルジャパンで、定義づけを学んだ。

日本における食品スーパーマーケットは何か。
日本のコミュニケーションとは。
日本の経営とは。
そもそもなんなのか。

スタートラインがわからないと、
ゴールもわからない。

自分のスタートはなにか。
それを決めるための講座だった。

スーパーマーケットは『場の提供業』だと思う。

丸暗記でなく、
そもそもこれは何か、を考える。

カタカナ文字をポンポン入れちゃう国

それがコミュニケーションを劣化させる。
アインシュタインは、
自分のグランマに説明できなければ、
ちゃんと理解していない、といった。

3・11以後、日本の心は何か。
コーネルと重なったのも縁がある。

3期生はいったん終わりだが
一生の付き合いをしたい」

㈱万代デイリー部執行役員の黒田久徳さん。
20110708141859.jpg
「コーネルに参加した人とのガチンコ勝負だった。
虫食い状態で聞き及んでいた知識が、つながった。
わが社は、日本一買い物に行きたい店、
日本一働きたい店を標ぼうし、
来年3000億、10年先5000億を目指している。
関西の口火になればいい。
そのために大切で大きな一年だった」

㈱マルエツ教育人事採用教育部長の釜萢直人さん。
20110708141907.jpg
「『心は燃やせ、頭は冷やせ』の言葉を聞いた時、
冷静になることの立ち位置を知った。
先生たちにはぶれがない。
人材開発の立場として、
いかにプレイインぐマネジャーをつくるかがテーマ。

商売することが楽しい
アナログなところで地道に、
ぶれることなく教育に邁進したい。
10年後には働きたい企業の100位に入る企業としたい」

㈱国太楼取締役営業副本部長の尾関篤さん。
20110708141917.jpg
「1年間学んだことを生かし、
長期経営計画をしっかりとつくりたい。
普段チャラけたことを言っているが、3期生の仲間とは、
一生付き合いできればと、まじめに思う」

㈱関西スーパーマーケット第2店舗運営グループマネジャーの岡秀夫さん。20110708141924.jpg
「インフルエンザにかかり、胆石の手術もした。
休んだ授業の二日分のビデオを一人で見るのはつらかった。
会社でやろうとしていることを、
シミュレーションゲームでやったら最下位だった。
これは残念だった。
これからもお互いに負けないように頑張っていきたい」

日本製粉㈱東京支店食品営業部マネジャーの池尾良さん。
20110708141935.jpg
「志や理念、共通するものをもたないとチームとして成り立たない。
スーパーマーケットに戸籍がないことを知った。
その地位向上のために、メーカーは、
おいしくて楽しい商品の開発を通して、
支援していきたい」

㈱紀ノ國屋取締役経営企画室長の阿部智則さん。
20110708141942.jpg
「昨年7月に赴任してすぐに参加したが、
1年間で素晴らしい知識を得た。
シミュレーションゲームでは、
数字をみただけで『おかしい』とわかるプロばかり。

紀ノ国屋を立て直したのは阿部だといわれるように、
負けずに頑張りたい」

㈱ジョイス取締役兼常務執行役員経営計画室長の阿部修さん。
20110708141952.jpg
「会社は利益を残す。
モノづくりは目に見えるが、小売業はみえない。
しかし、いろんな付加価値を提供していることが理解できた。
理念から始まり、意思決定までの勉強好きの流通業の一人として、
実行の3期生をあらためて貫きたい」

㈱マミーマート総合企画室長の青木繁さん。
20110708142003.jpg
「習ったことを即実行と、最初の授業でノートに書いた。
目からうろこの授業ばかりだった。
52週MDは、具体的に実行している。
骨格、骨組みが身についたので、
これからは筋肉をつけていきたい」

最後に荒井伸也首席講師より総括メッセージ。
20110708142011.jpg
荒井流の「ポジショニング」の意味づけ。
そしてスーパーマーケットの競争の原則。
すなわち1店ずつの商圏の中で一番になること。
荒井先生の主張はいつも、
スーパーマーケットの本質を語っている。
20110708142022.jpg

そして最後の最後は、副学長のラスト・メッセージ。
20110708142031.jpg
私は4つの話をした。
第1は、ウォルマートの最年少取締役ケビン・ターナーの話。
「我々は世界最大の企業をつくろうとは思っていない。
地域の1店1店を最良の店舗にしようとだけ考えている」

第2は、徹底の意味。
「徹底」とは「細かく、厳しく、続ける」こと。

第3は「商人としての本籍地と現住所」の話。

そして最後の「贈ることば」。
20110708142038.jpg
「心は燃やせ、
頭は冷やせ」

20110708142047.jpg
1年間のご清聴、
心から感謝。

しかしまだ、コーネル・ジャパン第3期、
4つ残っている。
第1は7月下旬のニューヨーク州イサカへの卒業旅行。
第2は長期経営計画策定という卒業論文。
第3は3月分補講のロジスティックス編。
ヤオコーとロヂャースのセンター実習がある。
第4はこれまた4月分補講のレイバースケジューリングシステム編。
こちらはサミットでの店舗実習。

「コーネル・ジャパン実行の第3期」

まだまだ続きます。

<結城義晴>


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会<第17回>2020年7月7日(火)~9日(木)<第18回>2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.