結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2012年10月06日(土曜日)

米国失業率7.8%なのにオバマ憂鬱、ウォルマート完全復活の実際

ダラス2日目が終わった。

昨日は10店舗を巡り、
なおかつその間に、
全米最大級の食品ブローカーACOSTA社を訪れて、
レクチャーを受け、質疑応答。
20121006222311.jpg
とてもいい勉強になった。

最後に主要メンバーで記念写真。
20121006222508.jpg

2日目が終わっただけなのに、
ずいぶん長くこちらにいる気がする。

それだけ濃密な時間を過ごしているからだと思う。

アメリカ合衆国労働省が9月の雇用統計を発表。
失業率は7.8%で、前月から0.3ポイント改善。
3年8カ月ぶりの7%台。

9%と10%の間を行ったり来たりしていたのが、
ここへきて、上向き傾向。

人口動態と失業率は、
国の力と、その力の傾向を如実に表す。

下回るのは、2009年1月以来。
非農業部門の雇用者数が、
この1カ月で11万4000人増加。

ニューヨーク外国為替市場では、
円売り・ドル買いで、
78円80銭前後
まで下落。

しかし雇用に関して、
製造業は1万6000人減、
小売業もマイナス。
医療関連の雇用は活発で、
過去1年で約30万人増。

製造・小売りはやや、
既成の産業となりつつある。
新しい産業に人が集まる。

この失業率7%台で、
オバマ大統領には追い風かと思えるが、
そうでもないらしい。

大統領選挙は1カ月後。
大統領選直前の失業率としては、
過去最悪の水準らしい。

第38代ジェラルド・フォード大統領、
第39代ジミー・カーター、
そして第41代ジョージ・H・W・ブッシュ、

それぞれの選挙時点の失業率は、
いずれも7%台で、落選。

第40代のドナルド・レーガンだけが例外。

レーガンはこちらではとても人気のある大統領で、
2005年のウォールストリートジャーナル調査では、
歴代大統領ランキングで6位に入っている。

ちなみに、カーター34位、
フォード28位、
そしてパパ・ブッシュ21位。
42代ビル・クリントン22位、
43代子ブッシュ19位。

第44代バラク・オバマは現役なので、
まだ調査されていない。

オバマ大統領は失業率に関して、
こう発言している。
「大統領就任以来、最低水準に低下した。
再びアメリカは前進を始めた」

さて前進を始めたといえば、
あの会社。
20121006213801.jpg
この売場写真、
どこの会社の店だと思うだろうか。

青果部門の美しくて、鮮度感にあふれる前進立体陳列。
日本にはもう、ほとんど見られない。
これはハロウィン向けのリンゴ売場。
20121006213934.jpg

丁寧で楽しいアイランド陳列。
20121006213923.jpg

青果部門もこのカラフルで迫力ある陳列。
20121006213957.jpg

そして、バナナ売り場。
20121006214009.jpg
1ポンド52セント。

もうお分かりだろう。

エブリデー・ロープライスのウォルマート。

私は愕然とした。

ウォルマートの店がここまで、
水準を上げてきた。

それもエブリデー・ロープライスを維持しながら、
売場は洗練され、楽しくなってきた。

店舗の入り口。
20121006214023.jpg

平ケースのジュースの陳列。
20121006214042.jpg

ハロウィン・グッズは、
どこよりも積極的な売り込み。
20121006214059.jpg

しかも非食品でも楽しいデコレーション。
20121006214109.jpg

高い天井にまで届こうかという大がかりな演出。
20121006214123.jpg

ハロウィン・プロモーションを派手に展開しておきながら、
もうクリスマス売り場を登場させて、
先取りのイメージづくり。
20121006214149.jpg

6000坪、7000坪の広大な売り場を、
最大限有効に使って、
今日を表現しつつ、明日をイメージさせる。

アクションアレーと呼ぶ主通路沿いの島陳列も復活。
20121006214209.jpg

なんと卓球台まで主通路の島で売られている。
20121006214221.jpg
149ドルなり。

店舗の入り口外は、
エブリデー・ロープライスの花でお迎え。
20121006214239.jpg

ウォルマート完全復活。

強い印象を受けた。
20121006214248.jpg
2月1日から始まった2012年度。
その第1四半期決算は、
売上高1130億1800万ドル、前年同期比8.5%増、
当期純利益389億4000万ドル、前年同期比9.7%増。

第2四半期(5/1~7/31)は
売上高1142億9600万ドル、伸び率4.5%、
当期純利益 41億6100万ドル、5.7%増。

第1、第2を合わせた上半期は、
売上高2273億1400万ドル、6.4%増、
純利益80億5500万ドル、7.6%増。

8月から10月までの第3四半期も、
この分では絶好調に違いない。

ウォルマートのイノベーションへの意欲、
世界最大の企業でありながら、
衰えていない。

そのことをこそ、私たちは学ぶべきだろう。

ウォルマートがこの調子だからこそ、
昨日のブログで書いたように、
HEBが価格強化とサービスの充実を図っている。

ホールフーズ、トレーダー・ジョーはわが道をゆく。

クローガー、セーフウェイ、
そして特にアルバートソンなどは、
この全体のレベルアップについていけず、
後退していく。

二日目は、
ウォルマート・スーパーセンターと、
サムズクラブを皮切りに、
そのスーパーマーケット部門のネイバーフッドマーケット。
20121006221931.jpg

セーフウェイ傘下のトムサム
3分割された懐かしのアルバートソン。
20121006222518.jpg

それからホールフーズ、
ダラス2号店の絶好調トレーダー・ジョー。
20121006221817.jpg

さらにこれもわが道を行くアルディ。
20121006221827.jpg

スプラウツ・ファーマーズマーケット。
20121006222546.jpg

もちろんウォルマート・スーパーセンターのプラノ店も、
定点観測のために訪れて、
31歳のコ・マネジャー、クリス君にインタビュー。
20121006221805.jpg
謹厳実直、しかし自信にあふれていた。

このクリス君の顔つきが、
今の、ウォルマートを表わしている。

(つづきます)

<結城義晴>


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会<第17回>2020年7月7日(火)~9日(木)<第18回>2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.