結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2019年01月11日(金曜日)

鈴木哲男著『流通RE戦略』発刊!! 発刊の辞は「知識商人に寄す」

                 リ・エンジニアリング
鈴木哲男著『流通RE戦略』
EC時代の店舗と売場を科学する

発刊しました。
表紙鈴木
発行年月日  2019年1月10日
書籍価格 1,800円(本体)+税
ISBNコード ISBN978-4-9910649-0-6
四六判  261ページ

ご注文は商人舎へ
FAXでのご注文:ご注文はコチラから
Emailでのご注文:info@shoninsha.co.jp

[主な内容]
はじめに
§1 ビッグデータ活用
― 「仮説・検証」の罪と功18条
§2 ストアコンパリゾン
― サム・ウォルトンも実行した「MBWA」実践法
§3 52週マーチャンダイジング
― 最新「52週MD」のStrategy&Technology
§4 既存店活性化
― 良い店とは売れて利益の上がる店である‼
§5 店舗レイアウトと店づくり
― 変形layoutにもルールがある
§6 プレゼンテーション
― 売り方・見せ方・伝え方の技術体系
§7 チラシ販促
― お客と企業(店)をつなぐ架け橋である
§8 商品提案と顧客サービス
― EC時代のリ・エンジニアリング的「お試し論」
§9 ロス・エンジニアリング
― 商品ロスは戦略的に「元から絶つ」と考える
§10 リ・エンジニアリングの歴史と未来
― 経営・業務改善の進化プロセスを解析する
おわりに

「52週MD」の巨匠が放つ
EC時代の「商売改革」集大成!!

素晴らしい本です。

㈱商人舎を創設させて10年。

肩ひじ張って「10周年」、
などとは言いませんが、
何とか10年目に間に合いました。

1993年11月、
マイケル・ハマーによって、
ジェイムズ・チャンピーによって、
『リエンジニアリング革命』が、
発刊されました。
翻訳はあの野中郁次郎先生。
416ckIC80CL._SX346_BO1,204,203,200_

企業の経営と業務を、
まったく新しくつくり直すための、
体系的な方法の原理。

それが「リエンジニアリング」でした。

鈴木哲男先生はこのコンセプトを、
小売流通業の現場を通して、
探求し続けてきました。

鈴木哲男の人生そのものが、
「流通リエンジニアリング」でした。

イトーヨーカ堂に入社し、
RE部のエースとして大活躍し、
コンサルタントに転身してからは、
クライアントの業績を、
次々に改革し続けてきました。

REとはリテイル・エンジニアリング。

現在の鈴木先生の会社の社名は、
Retail Engineering Associates。
略してREA。

私は4つ年下ですが、
1977年に、初めてお会いしました。
鈴木先生がRE部に所属していました。

今でも覚えています。

東京・原宿。
マーケティングコンビナート。
今井俊博先生と阿部雍子さんのオフィス。

私は販売革新誌の駆け出し記者でした。

イトーヨーカ堂はその後、
燦然と輝く成果を上げ続けました。
鈴木先生もその中で、
流通RE戦略の体系を、
熟成させていきました。

それらが集大成されたのが、
この本です。

ぜひ、会社ぐるみ、部署ぐるみで、
この本を読んで、
よく考えて、
よりよく実行して、
会社と業務の改革を進めてください。

この本の最後に一文。

「知識商人に寄す」 
――発刊の辞 結城義晴
商人に学問は必要ない、と言われた。商人に難しい理論や論理は無用である、とも喧伝された。しかし「商人の技術」は客観化されて、高等学校に商業科が誕生した。最高学府においては、その「商人の学問」が確立されて、大学や大学院に商学部が生まれた。商売のためのマーケティングが誕生し、マネジメントが構築され、イノベーションが追究された。
商人とは小売り商いをする者に限らない。製造業、卸売業、サービス業、その他の関連産業やIT産業において、営業と販売とマーケティングに従事する者たちすべてを、商人と呼ぼう。
商売の知恵や知識は、それらすべての商人から求められ、深められることを、自ら欲している。商売の精神と技術は、すべての商人から愛され、高められることを、自ら望んでいる。かつても、現在も、商売に関する言葉と論理は、多くの人々によって高められ、深められてきた。
ここにわたしたちは、商人の知恵と知識、精神と技術、言葉と論理とを、時代のメルクマールのごとく総括し、集大成し、上梓することを決意する。現場・現物・現実に即して、Practice Comes First! を貫徹し、難しいことを易しく、易しいことを面白く、面白いことをより深く、考察、分析、論述、表現してゆくことを宣言する。
しかしながら、多くの商人を煽り、貶める甘言はなくならない。あまたの商人を迷わせ、道を外させる詭弁はふえるばかりだ。昭和の時代に起こった商業の近代化が、平成の時代を通して、商業の現代化へと、わたしたちを誘う。さらに次の元号の時代へ向けて、わたしたちは甘言や詭弁を排し、それらを見分けることのできる知識商人をこそ同志と考え、真の商売を探求するものである。それら知識商人の総力によって、商業の現代化を志すものである。その達成のため、世の知識商人との喜ばしき連帯を期待する。
読む、知る、考える、行う。検証する。再び実行する。顧客のために。再び、読む、知る、考える、行う。顧客のために。それが知識商人の尊い態度である。
――2018年11月

鈴木哲男先生には、
心から感謝いたします。

編集の二宮護さん、
本文組版の三宅秀典さん、
表紙デザインの七海真理さん。
そして三永印刷㈱の高安さん。
商人舎編集スタッフのみなさん。

ありがとうございました。

次は、結城義晴の本です。

さて、商人舎流通スーパーニュース。
今日のニュースは15本。
その中に四半期決算記事が8本。

ライフnews|
第3Qは投資コストを上回る営業収益3.7%増で増収増益
リテールパートナーズnews|
第3Q微増収も西日本豪雨が響いて6.5%営業減益
ローソンnews|
第3Q総収入6.8%増/システム投資で12%営業減益
コスモス薬品mews|
第2Qは46出店で売上高10.2%増・経常利益16.5%増
キリン堂news|
第3Qは災害・天候不順だったが増収増益/通期下方修正
コーナンnews|
第3Q営業収益6%/円高で経常利益14%の増収増益
ジュンテンドーnews|
第3Q営業収益0.2%減・経常利益28%減の減収減益
ビックカメラnews|
第1Q売上高4.5%増/先行投資で営業利益5%減

西日本の豪雨、北海道の地震。
業績に大きく影響を与えた。

リテールパートナーズはその影響を受けた。
くしくも資本業務提携を発表したアークスも、
北海道地震の打撃をこうむった。

そういった衝撃から立ち直るとき、
リ・エンジニアリングは、
重要な考え方となる。

ライフは高投資となる物件で、
実によく利益回収している。

従来、出店コストは、
低く抑えるべき課題だった。

しかしいまや、
開発費が安くて、
しかも売上げが上がる物件など、
そうそうあるものではない。

したがって、開発経費が高くて、
だれも出店しない物件で、
利益を出すことができれば、
それこそが企業優位となる。

ここでも、
古典的なチェーンストア理論に対して、
リ・エンジニアリングの考え方が生きる。

読む、知る、
考える、行う。

検証する。再び実行する。
顧客のために。
再び、読む、知る、
考える、行う。

顧客のために。
それが知識商人の尊い態度である。

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2018年の開催研修会
  • USA視察研修会 Beginnersコース 2018年11月下旬開催場所:ハワイ・オアフ
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
マス・カスタマイゼーション

杉山昭次郎・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
2019年1月
« 12月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.