結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2020年07月05日(日曜日)

東京都知事選挙・小池圧勝と「考えること」の偉大さ・卑しさ

東京都知事選挙。
他道府県の人々には、
関係ないように見えるが、
そうでもない。

何しろ日本の首都の知事。
北欧のノルウェーの国家予算と、
同等のスケールをもつ大都市の長。

しかし夜の8時になった瞬間。
NHKは当選確実を出した。

つまらん!!

都知事選の投票率は、
40%に満たない。

当選は小池百合子さん。
13719543_527189744132568_890202505622855228_o00
私と同じ年、
頑張ってほしい。

今回はリモート選挙で、
街頭演説など一度もせずに、
圧倒的な支持を得た。

しかし毎日、コロナ対策のために、
テレビで記者会見をして、
選挙活動としては存分な露出だった。

前にも書いたが、
東京リモートだとか、
営業自粛のステップだとか、
都政そのものを人気取りに使った観は、
なきにしもあらず。

政治屋は、
次の選挙を考え、
政治家は、
次の時代を考える。
(クラーク・ジェイムス・フリーマンとされる)

小池さん得意の英語の原文は、
“A politician thinks of the next election
and a statesman thinks of the next generation.”

“politician”が政治屋、政客。
“statesman”が公正な政治家。

小池さんには、
Politicianであってほしくない。
Stateswomanになってほしい。
こちらの言葉の方が、
女性首長であることを主張できるし。

日本の政治は今、国政も地方自治も、
公明党がキャスティングボートを握っている。

東京は4日間連続で、
新規感染者が100人を超えた。

イタリアの作家パオロ・ジョルダーノ。
41xTdfZTFeL._SX341_BO1,204,203,200_
5月23日のこのブログで引用した。

「感染者の数、
発生地からの距離、
マスクの販売枚数、
株価暴落で失う金額、
検査結果が出るまでの日数と、
数えてばかり」

数えてばかりといえば、
民主主義における選挙も、
数を数えることだ。

「コロナは今、
“僕らの文明を
レントゲンにかけている”
のだから」

そう、私たちの文明が、
レントゲンにかけられている。

だからジョルダーノは言う。
「恐怖にも浸され、
頭がいっぱいだけど、
それでも
“今までとは違った
思考をしてみるための空間”
を確保しておこう」

考えるための空間。
考えるための時間。
ともに考えるための仲間。

考えるための基礎知識。
考えるための思考法。
考えるための情報収集。

それがとても大切だ。

「正しい」と言い募る者に限って、
信用できない。

それは選挙のプロセスを見ていれば、
本当によくわかる。

「自分は正しい」
立候補者は例外なく、
それを唱える。

しかしそれぞれが言っていることは、
正反対になるし、その嘘も透いて見える。

選挙はそれを明らかにする。

だから私たちも日常的に、
誰かが「自分は正しい」と言ったら、
それは疑ってかからねばならない。

かといって、
疑い深い人間になれと言うのでもない。

なぜなのかと、
いつもいつも、考えることだ。

ジョルダーノは、
数えることばかりでなく、
考えることの大切さを言う。

もちろん数えることも重要だ。
数えてから、考える。
考えてから、数える。

それの繰り返しが仕事であり、
その積み重ねが商売である。

ブレーズ・パスカルの『パンセ』
DSCN2408-448x509
「人間というものは、
どう見ても、

考えるために
創られている」

「考えることが、
人間の尊厳のすべてなのだ」

「人間の価値のすべて、
その義務のすべては、
正しく考えることにある」
〈断章146〉

こう言っておいて、
パスカルはまた考える。

「考えることはしたがって、
その本性からして称賛されるべきであり、
比類のないものである」

「それが蔑(さげす)まれるには、
よほど異常な欠点が
なければならないことになる」

「で、ほんとうはどうかというと、
じつに多くの欠点があり、
これ以上に滑稽なものはないほどである」

考えよと奨めて、
その考えることには欠点もあって、
これ以上、滑稽なものはない、
とも断言する。

「考えることというのは、
その本性からしてなんと偉大であり、
その欠点という点で、
なんと卑しいものなのだろう」
〈断章365〉

選挙のために考える。
そして数える。

仕事のために考える。
そして数える。

商売のために考える。
そして数える。

その本質は、
なんと偉大であり、
その欠点をみると、
なんと卑しいのだろう。

今日は拡大名人会。
以前から決まっていた。IMG_750500

窓の外に広大なコース。
IMG_75030

ジャック・ニクラウスの像。
IMG_75040

芝は緑。
IMG_75060

紫陽花も咲いている。
IMG_75070
ゴルフも、考えてスイングし、
打数を数えて、また考える。

東京湾の雲。
IMG_75090

極端気象で雲の動きが激しい。IMG_75120

川崎の工場地帯。
IMG_75150

近代の文明がつくった工場。
これもレントゲンにかけられている。
IMG_75190

その上に広がる空と雲は、
何万年も何億年も変わらない。
IMG_75140

考えることの本質は、
なんと偉大であり、
その欠点をみると、
なんと卑しいのだろう。

胸に響く。

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.