結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2021年03月02日(火曜日)

ヨークベニマルによるライフフーズ併合の「結城義晴的解釈」

今日は横浜商人舎オフィス。
1日中、原稿書きと入稿。
月刊商人舎3月号の責了が迫る。

いつもいつも原稿に追われている。
若いころから私の信条は、
「追い詰められること」

追い詰められると、
予想を超えた強みを発揮する。
いわゆる「火事場の馬鹿力」

しかしそれが私にとっては、
一番、早いし、効率的でもある。

何度か書いているが、
ビル・ゲイツも同じことを言っている。
もちろん、マイクロソフト創業者。

「なんでもギリギリにすると、
一番スピードが上がって効率がいい」
ef9a2e553cc375f24577181eb0432d9c
すべての人にお勧めできる方法ではないが。

さて日経新聞東北版の記事。
わざわざ送ってくれた人がある。
ありがたい。

「ヨークベニマル、
子会社のライフフーズと合併」

内容はタイトル通り。

商人舎流通スーパーニュースでも、
ヨークベニマルnews|
ライフフーズを吸収合併/製販一体ビジネスモデルへ

東北の雄㈱ヨークベニマルが、
その惣菜子会社の㈱ライフフーズと合併する。
202003_yorkbenimaru01
その合併の日は1年後。
つまり来年2022年3月1日。

ヨークベニマルの真船幸夫社長。
記者会見で合併の狙いを語った。
「デリカッセンの製販一体の体制を強化し、
惣菜をコア事業にするため」
message_img_list_02
「デリカテッセン」と、
正確に言葉を使うところは、
真船さん、とても好ましい。

私はどうも、
「デリカ」と略すのが好きではない。

「惣菜」あるいは「デリカテッセン」が正式だ。
??????????
「デリカ」は日本ローカルの言葉遣いだ。
略すとすればアメリカ流に「デリ」だろうか。

日常的には「デリカ」でもいいかもしれない。
マクドナルドを「マック」と略すか、
「マクド」と言うか。

しかし正式に部署名などに使うときには、
「デリカ」にはどうも違和感がある。

別に批判しているわけではないけれど。

ライフフーズの創業者は、
大高喬樹(きょうじゅ)現会長。
ベニマルの創業者・大高善雄さんの四男。
現ヨークベニマル会長の善興さんは三男。
message_img_list_01

長男の故善兵衛さんが社長、
次男の故善二郎さんが副社長、
善興さんが専務。
そして喬樹さんが子会社の社長。

この4兄弟態勢は最強と言われた。

それでも善雄さんは物足りず、
㈱イトーヨーカ堂の伊藤雅俊さんに、
後ろ盾になってもらうために、
資本業務提携をした。

ここからヨークベニマルの快進撃が始まった。

ライフフーズも日本一の惣菜会社となった。

生鮮食品とグロサリーのベニマルと、
惣菜のライフフーズとは、
ある意味のグループ内競争をしながら、
絶妙のコンビネーションで、
日本スーパーマーケット業界をリードしてきた。
202003_yorkbenimaru02
私は一度、喬樹さんに頼まれて、
幹部とミドルマネジメントに対して、
講演をしたことがある。

実にいい社風の会社だった。

しかしここへきて、
独立色の強かった子会社を、
親会社と合併する。

ライフフーズは、
21年2月期売上高478億円、
営業利益39億円の見込み。
営業利益率8.16%。

ヨークベニマルは、
売上高4641億円、
営業利益160億円の見込み。
営業利益率3.45%。

コロナ禍キャズムの特需で、
日本のスーパーマーケット企業、
とくに大都市圏のチェーンは、
どこも飛躍的に収益性を高めてきた。

㈱ライフコーポレーションをはじめ、
㈱ヤオコーやサミット㈱などなど。

比較すると、
地方にドミナントを築くベニマルは、
もちろん収益性の高さは変わらないが、
普通の会社に近くなってきた。

セブン&アイの中では、
高収益性の存在感は重要だろう。

真船社長は付け加える。
「グループ各社に惣菜やパン類などの供給を
拡大することを計画している」

つまり自分の商勢圏だけでは、
成長の可能性は限られている。

だからイトーヨーカ堂や㈱ヨークにも、
デリカテッセンやパンを提供する。

それにはライフフーズのパワーアップを、
加速させねばならない。

ベニマルとの合併によって、
人財も資金も増強されて、
ライフフーズ部門はおそらく、
日本最強のデリカテッセン部門になるだろう。

そのライフフーズは、
現在の第2工場を刷新して、
ベーカリー中心工場にする。
??????????
投資額は60億円。

今年11月に着工し、
来年5月に稼働する予定だ。

それに先立って本社併設の第1工場は、
37億円を投じて増設工事中。
今年6月に稼働する見通しだ。
outline_img
さらに日経の記事では、
郡山市富久山の東北新幹線沿いに用地を確保して、
新工場を建設する予定らしい。

ヨークベニマルは、
ライフフーズの併合によって、
本格的で圧倒的なデリカテッセン部門を、
このキャズム期間に確立しようとしている。

それは全く正しい意思決定である。

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
商人舎2021年 ミドルマネジメント研修会<第17回>2021年6月8日(火)~9日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原<第18回>2021年9月14日(火)~16日(木)<2泊3日>開催場所:熱海
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.