結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2021年09月28日(火曜日)

宣言&措置の「全面解除」とドイツ総選挙の「中道のポジショニング」

半年ぶりに全面解除。
19都道府県の「緊急事態宣言」、
8県の「まん延防止等重点措置」。

今週金曜日10月1日から。

しかし菅義偉首相も、
尾身茂基本的対処方針分科会会長も、
小池百合子東京都知事も、
「段階的」を強調した。

一挙の解除ではない。

まず、少しずつ外食産業が、
蘇っていく。

その分、スーパーマーケットなど、
内食産業と中食産業は、
これまでの「特需」の反動が、
これまた少しずつ現出する。

ただし内食・中食の経済性や利便性は、
消費者の頭の中にくっきりと残るだろう。

営業時間短縮を要請されていた百貨店などは、
午後9時までの商売ができるようになる。

まだまだ10月いっぱい、
人々の行動制限をして様子を見る。
そして段階的に解除していく。

もう10月から、
年末商戦は始まっている。

さて自民党総裁選挙。
kisyakurabutouronn

そのまえにドイツでは、
26日に連邦議会選挙が投開票された。

あちらでも「総選挙」と呼ぶ。
もちろんドイツ語でだが。

アンゲラ・メルケル首相が退陣して、
後任選びにつながる大事な選挙。
在任の16年間に、
世界でもっとも成果を上げ、
尊敬される政治家だ。
メルケル448x328

この総選挙では、
中道左派の社会民主党(SPD)が勝利宣言。
第1党となった。

メルケル首相のキリスト教民主同盟(CDU)は、
中道右派(保守)だが、微差で第2党。

第3党はずっと離されてはいるが、
環境政党の「緑の党」が躍進。

そして第4党は、
親ビジネス政党の自由民主党(FDP)。

極右政党「ドイツのための選択肢(AfD)」は、
今回、議席を減らした。

トップが僅差の選挙戦だったが、
最終的に過半数を握る政党はなかった。

そのため、これから連立政権が組まれる。
ドイツでは珍しいことではない。

第2次世界大戦後、西ドイツの時代も、
単独政権の過半数を獲得できた政党はない。

今回も第1党の社会民主党と、
第2党のキリスト教民主同盟を中心に、
連立政権が組まれる。

その交渉は半年にも及ぶ。

「大連立」と呼んで、
上位政党が連立を組む場合もある。

連立政権がまとまるまでは、
メルケル首相が世話人の立場で、
権力を維持する。

連立政権が成立しなければ、
再び総選挙を実施する。

連立を前提として、
すべての政党が「予備的協議」を行う。

各政党がイデオロギーや政策の違いを越えて、
協力できるか否かを、互いに判断する。

日本の野党の今回の「連携」は、
このドイツの「連立」をモデルにしていると思う。

しかしドイツの連立は、
「中道」(Centrism)の概念の枠があるからこそ、
可能となっているものだ。

中道左派SPDと中道右派CDU。
その中間の「緑の党」。
中道右派のちょっと右寄りの自由民主党。

これらが4大政党だ。

日本の場合、
巨大な自由民主党には、
この中道の右派と左派が同居している。

総裁選の4候補の発言や討議を見ていると、
それが実によくわかる。

中道右派の高市早苗、
真ん中の岸田文雄、野田聖子。
中道左派の河野太郎。

さらに自民党以外の政党を見ると、
公明党も日本維新の会も、
立憲民主党も国民民主党も、
オール中道だ。

そして日本共産党が、
連携を組む中から、
限りなく「中道化」してきた。

かつての「保守」と「革新」の分類は、
もう現実的ではない。

だから河野候補や野田候補、
さらに岸田候補まで、
かつての民主党や野党の政策と、
ずいぶん似たようなことを言っている。

日本の二大政党制を目指した、
自由民主党と民主党も、
中道右派と中道左派だった。

アメリカの共和党と民主党も、
大きく見れば中道右派と中道左派だし、
イギリスの保守党と労働党も、
中道右派と中道左派だ。

1980年代から1990年代初頭、
英国労働党は素早く中道へと軸足を移した。

ここで勝手に言えば、
日本の自由民主党も、
ドイツのように中道右派と中道左派に、
あるいはそれ以外に分かれて、
自分たちの主張をそれぞれに、
明確にしたらいいと思う。

それはできないだろうけれど。

もともと自民党は、
「派閥」による「中道の連立」と、
考えるといいだろう。

この「中道」のなかで、
それぞれの主張をしてもらえば、
私など大いに助かる。

欧米の教育の主流は、
徹底した「中道」を教え込むことだ。

田村正紀神戸大学名誉教授は、
あちらに留学しているときに、
それを痛感したそうだ。
??????????
だからあちらでは、
アリストテレスの「ニコマコス倫理学」を、
必読書として読ませる。

キーコンセプトは中道だ。

ここが欧米諸国の、
中国やロシアと、
決定的に異なる点だ。

そこで結城義晴の勝手な提案。
202102_cover-pic

自民党総裁選挙の予想は、
第1回の投票で、
どの候補も過半数を獲れそうもない。

だから上位2候補によって、
決選投票が行われる。

どのテレビも、どの新聞も、
第1回は首位河野太郎、次点岸田文雄、
そして決選投票で岸田が勝つと予測している。

第1回が河野、高市で、
決戦で河野という予測もあるが。

ただし連携野党にとって、
一番総選挙を戦いやすかったのは、
菅義偉現総裁のはずである。

次は色が正反対の野田聖子候補、
そして岸田文雄候補だろう。

河野太郎総裁が誕生して、
石破茂・小泉進次郎が顔となって、
トライアングルを組むとしたら、
野党にとっては一番厄介な選挙となる。

ならば全く関係ないけれど、
野党はこぞって、
河野太郎候補を応援する意志を、
公然と示してしまう。

そうすれば河野総裁が生まれない場合、
その後の総選挙で連携野党は、
河野を支援して残念がっている自民党員から、
少しだけでも票をとることができる。

そして長い目で見れば、
それらの全体は「中道左派」に向かう。

自民党も派閥の長や総理経験者が、
密室で事を決める現在の体制を改革して、
中道右派および中道の真ん中あたりで、
しっかり議論する優秀な政党となる。

かくて中道右派と中道左派が出来上がり、
その間に主張の異なる多様な政党が存在する。
新規の政党も生まれやすくなる。

有権者はそれぞれの党の主張に耳を傾け、
学習しなければならなくなる。

それがまた国民の政治意識を高めていく。

一言で言えば政治においても、
「中道のなかのポジショニング」

そしてポジショニングは、
様々、それぞれでよろしい。

この際、政治の力学は無視する。

有権者も政治家も、
一人ひとりが、
自分の考え方を確立して、
自分で選ぶ。

いつもポジショニングで恐縮だが、
いかがでしょうか。

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.