結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2008年09月08日(月曜日)

敬老の日の3連休に向けて、「原理・原則、全うせよ」とスペシャリスト・ゼネラリスト論議

Everybody! Good Monday!

2008年9月第2週です。

東京、横浜は、昨夜、大雨と雷。
我が家の愛猫ジジは、雷が大嫌いで、
ベッドの下の奥のほうに入り込んで、
じっとしていました。

まずお知らせ。
このホームページの左側のワク。
ずらりと並んでいる研修会をご覧ください。

商人舎では、出来るだけ「セミナー」と呼ばずに、
「研修会」と称しています。
そのほうが商人舎らしいから。
まず締め切りの早い順に。

①10月28日~11月3日。
「第2回USAスーパーマーケット視察研修会」

現時点で、必須のコースです。
ダラス・オースティン・ニューヨーク。
商人舎になってから第2回。
商業界時代からすると、もう8回目でしょうか。
ローカルチェーンとして、
ウォルマートに堂々と立ち向かっているHEバット、
そして王者ウォルマート、
さらにニッチのスーパーマーケット群。
これらをしっかり学びます。
今回はハロウィン販促合戦真っ最中。

商人舎ファミリーの皆様、
締め切りが迫っています。

②9月19日の「4人のビッグセミナーin大阪」
「お客様のための商いの真髄」

「ビッグ○○○○」というときだけ、
セミナーという言葉を使います。
語呂が良いからです。

西端春枝先生、三枝輝行さん、松井博史さんと私。
もう少しだけ席が残っています。

③10月3日「コーネル大学RMPジャパン開校セミナー」
これは日本セルフ・サービス協会主催。
コーネル大学名誉教授ジーン・ジャーマン先生、
同ウィリアム・ドレイク博士、
フリードマンスーパーマーケットCEOキャロル・ビッター女史、
ウェグマンズ・カテゴリーマーチャント吉野邦夫さん、
そして日米ベスト店長ディスカッション。
私が、総括講義をします。

④10月24日「不況でも惣菜は売れる!」
ロックフィールド社長の岩田弘三さんを迎えて、
惣菜コンサルタント第一人者の林廣美先生と私が競演。

食欲の秋といいますが、
研修の秋でもあります。

左ワクからクリックして、
お申し込みください。

さて、今週は秋への突入の週。
週末から、サラリーマン家庭では、
土曜、日曜、月曜と3連休。
最後に敬老の日の祭日。

惣菜の第一人者・林先生によると、
「長寿のエビフライ」をキチンとつくって売ると、
飛ぶように売れるとか。

今週金曜日からその林先生の「金曜コラム」が、
スタートする予定。
コラムタイトルは、未定。
金曜日をお楽しみに。
このコラムの林先生の販売ノウハウを読むと、
週末に大きな成果が得られます。

今週は、従って、週末3連休に向けて、
「原理・原則、全うせよ」で行きましょう。

最後にひとつ。リクエストにお答えして。
スペシャリストとゼネラリストに関して。
スーパーマーケットやチェーンストアで、
よく使われる用語。
自分がどうなるかに関係するから、
若い人たちもこの用語には敏感になる。

スペシャリストとは、
「専門家」「熟練技術者」。

英語では、プロフェッショナル・エキスパートといったりする。
テクノクラートとも言います。

だからすべての人が、スペシャリストを目指す。

まず何らかの分野の専門家になる。
それが先です。

スペシャリストは、
会社や組織から見ると、
数値責任を全うしてくれる人、
ということになります。

私は、幸せ基準からみると、
スペシャリストはとてもいいと思う。

人間社会で生きるときに、
すべての人はスペシャリストです。

そして一握りの人がゼネラリストになる。
しかしゼネラリストが偉いわけではない。
役割分担、組織内分業のひとつと考えるべき。

ゼネラリストは、
トップマネジメントへの起案屋です。

基本政策や経営戦略、
長期経営計画の策定を担う。

だからトップマネジメントに昇格する予備軍でもある。

一般に、ゼネラリストと使う場合は、
スペシャリストに対して、
複数の分野で、一定以上の知識や技術や経験を積んで、
横断的に仕事をしていく人のことをいいます。

オーケストラを例にとるのが良い。
なぜならオーケストラが比較的大きな組織だからです。

カラヤンのベルリンフィルとビートルズは、
組織が違います。

ビートルズの、
特にジョン・レノンとポール・マッカートニーは天才です。
スペシャリスト、ゼネラリストの枠に収まらない。

ビートルズは、天才の集まり。
従って、長続きはしなかった。

ベルリンフィルのオーケストラは、
たとえカラヤンが亡くなっても、
いまだに続いている。
それは組織だからです。

そして、ベルリンフィルはまさに、
世界第一級のスペシャリスト集団です。

ゼネラリストは、第一バイオリン。
指揮者は、もちろんゼネラリストですが、
しかしカラヤンは社長でした。
トップマネジメントでした。

こんなたとえ話で理解できるでしょうか。

組織の中の、
スペシャリスト、ゼネラリストは、
その組織がゴーイング・コンサーンで、
長続きし、成長していくための、
役割分担なのです。

以上、「原理・原則講座」でした。

Everybody! Good Monday!

<結城義晴>

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.