結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2008年09月16日(火曜日)

「イオンのライバルはトヨタ」「サミットのレイバースケジューリングはカンバン方式に勝るとも劣らない」というメッセージ

商業界の社長をしているころ、
イオンビジネススクールで講師を務めました。

「商業界精神を、若い社員に教えてほしい」
こういう要望でした。

喜んで引き受けました。

岡田卓也イオン名誉会長は、
商業界同友会の「エルダー」と呼ばれる長老指導者のおひとりですし、
個人的にも、ずいぶんお世話になっていたからでした。

午前中に、岡田さんがイオンのイデオロギーを語り、
午後に私が商業の精神を説く。

そんな構成でした。

もちろん私は、誰に対しても、同じように、熱く語ります。

超のつく大企業にも、
商店街の小さな店にも。

このとき私は、若いイオンマンたちに聞きました。
「あなたたちのライバルは誰ですか」

きっと、ほとんどの人は頭の中に浮かべたはずです。
「セブン&アイ・ホールディングス」

ちょっと古い頭の人は、
「イトーヨーカ堂」

しかし私は言いました。
「みなさんのライバルは、トヨタです」

私は、「商業の現代化」を標榜しています。

日本の商業は、近代化によって、
ある程度の規模を持つに至った。

その方法論のひとつが、チェーンストア産業の構築であり、
「流通革命」の実現でした。

しかし、近代化とは、そのプロセスにおいて、
忘れ物をしてきてしまうものです。

忘れ物を、取り戻しつつ、現代化を進めねばならない。

だから私は、顧客満足と従業員満足を唱えます。

「言葉にすぎない」と批判されるかもしれない。
しかし、本気で、顧客満足と従業員満足の両立を考え、
実現させる努力をしなければ、
近代化の忘れ物は、取り戻せない。

「欧米列強商業集団」と対等に、あるいはそれ以上に闘う。
それも重要でしょう。

銀座に、ヨーロッパ・ファッションのH&Mがオープンしました。
ユニクロは、立派な闘いをするはずです。

グローバル化の中で、同種のビジネスと、
対等以上に闘う。
これも大切。

同時に、20世紀の日本を支えてきた製造業のトップ企業を、
自らのライバルと設定し、
企業力の内容を高めてゆく。
これも重要です。

だからイオンの若い人たちに、言ったのです。
「あなたたちのライバルはトヨタです」

ただし、日本の商業全体でみると、
「ニッチ」の存在は不可欠です。

ニッチ[Niche]とは、
「最適の地位、最適の仕事」という意味。

「正当に位置づけられたもの」という考え方もできる。

商業の現代化のためには、
国際的な巨大企業とNicheな店との、
どちらもが必要だと、私は思います。

よくあるたとえですが、
野球でも、ホームランを打つ大型打者と、
バントや盗塁が得意なニッチな打者が必要。
両者によって、上手に組まれた打線が強い。

日本のお客様も、同じように、
巨大企業のご利益とニッチ店舗のご利益を、
いつでも、どちらも、
選べることを「豊かさ」と考えています。

それは、自分の生活を振り返ればすぐにわかる。

だから、国際的な巨大企業も必要、
地域局所的なニッチ企業も必要。

それが、「日本商業の現代化」です。

だから、イオンやセブン&アイ・ホールディングスには、
トヨタやパナソニックを凌ぐ企業になってもらいたい。

もちろん、スーパーマーケットでも、
サミットの「レイバー・スケジューリング」は、
トヨタの「カンバン方式」に引けを取らないシステムです。
私は、胸を張って欲しい、と言い続けています。

トヨタが、自動車生産工場として、
世界最高水準の仕組みを作り上げたとしたら、
サミットの生鮮食品のバックヤードは、
世界最高レベルのシステムを持っている。

私は、欲張りです。
日本の商業に対して。

だからウォルマートやテスコに、
十二分に対抗する日本企業となってほしいし、
トヨタや松下、ソニーに匹敵する小売業の評価が欲しい。

同時に、地方の小さな店には、
しっかりした経営の、個性ある企業になってほしい。

これらの企業に共通するのが、「知識商人」だと思います。

ナレッジ・マーチャントです。

私の思い、わかってもらえるでしょうか。

<結城義晴>

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2019年の開催研修会
  • アメリカ視察研修ツアー USA視察Specialコース2019年10月2日(水)~10月8日(火)<5泊7日>開催場所:ワシントンDC、リッチモンド、NY
  • ハワイ・オアフ小売視察研修ツアー ビギナーズコース2019年9月5日(木)~9月9日(月)<3泊5日>開催場所:アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2019年の開催予定
  • 商人舎2019年 ミドルマネジメント研修会2019年9月10日(火)~9月12日(木)開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.