結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2008年11月05日(水曜日)

バラク・オバマ大勝、「Change」そして「自ら、変われ」この信念を貫くためには死すら恐れてはならない

バラク・オバマ大勝。
アメリカ合衆国大統領選挙。

現時点では297対124で、民主党が8年ぶりに政権を奪回。

民主党というよりも、
初のアフリカ系アメリカ人が勝った意味が大きい。

「黒人」大統領の誕生である。

「Change」を唱え続け、
「Change」を実現させるために、
米国、そして世界最高のリーダーに就任した。

重い、重い責任を担った47歳。

考えてほしい。

47歳にして、
しかも「二グロ」と呼ばれたり、
「ブラック」と言われたりした人たちの子孫の人物が、
この貨幣経済危機のときに、
全責任を負う職務に就く。

私は、この半年間、
何度もアメリカに行って、
肌で感じつつ、
オバマ氏の勝利を確信していた。
別に民主党支持ではないが、
それが実現すると、
逆に、大変さも実感することとなる。

チェンジ。

すなわち、変わること。

私の唱える「自ら、変われ」と似ている。

自ら、変われない者は、去る。

共和党マケイン候補は、
ブッシュ政権の失策が原因で負けたのではない。
「自ら、変わる」姿勢を、マケイン候補自身が、
体現していなかったから大敗した。

だから負けるべくして負けた。

翻って、私たちの商業。

「自ら、変われ」
私は、言い続けている。

私自身が、日々、「自ら変われ」を、
自らに言い聞かせ、
実践するよう励んでいる。

今日も、多くの人から、
愛のこもった言葉をいただいた。

「あまり無理をしないように」

しかし、私は、自分に課している。

「Change」を掲げたバラク・オバマ同様に、
「自ら、変われ」を言い続ける結城義晴は、
それこそ、死ぬまで、信念を貫かねばならないと。

今日、コーネル大学RMPジャパンの第2回講義があった。

荒井伸也首席講師、
矢作敏行主任講師、
そして私が講義した。

素晴らしい授業だった。
矢作主任講師

講義内容は、コーネル大学RMPジャパンの公式ホームページで、
紹介されるだろうが、
その中で矢作先生が野中郁次郎先生の言葉を引用された。

「知識とは個人の信念である」

野中先生は、ナレッジ・マネジメントの日本の権威。

私は、信念こそ、大切であると思う。
その信念のためには、死すら、恐れてはならない。

私は、そう思う。

<結城義晴>

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.