結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2008年11月10日(月曜日)

七五三はクリスマスに通じる、違いのわかる七五三に向けて週末は「失敗を恐れない」

Everybody! Good Monday!

大統領選挙直前の今回のアメリカ出張。
帰国後、1週間しか経過していないのに、疲れました。

1週間行って、2週間ほど空けて、
また1週間。

夏までは、11月にもう2回ほど、
渡米しなければならない計画になっていました。
しかしそれらが中止、順延になって、
結果として、良かった気がします。

自分では、大丈夫と考えていても、
体と頭に、疲労が蓄積される。

その証拠に、ブログアップの時間が、定まらなかった。

申し訳ありません。

今日から、再起。
心機一転。

自分の体と頭のリフレッシュは、
欠かせないことです。

さて、11月10日から始まる第2週。
今年は、七五三が土曜日。
まことに都合がいい、ありがたい。
お客様も、店も。

景気が良ければ、消費に活力があるときならば、
金曜日あたりに七五三があって、
雪崩れるように土日に突入する。
そんな曜日めぐりがいい。

しかし現在は、世界的不況。
今日の日経株価平均も9000円に届かない。
物の値下げは、「高速道路渋滞で、タイムラグが長い」。
だから消費マインドは衰え、
ファッションのH&Mなど、
値ごろ、ディスカウントに人気が集まる。

こんな時勢だからこそ、土曜日の七五三はありがたい。

ウィークデーは
「節約、倹約。もったいない」
ウィークエンドは
「失敗を恐れない」

今週こそ、このパターンの典型。

七五三も、もともとは、
収穫の月11月の満月の日の感謝の祝い。
満月は15日。
それが「7+5+3=15」でもある。

多神教の中の氏神に、収穫の感謝を兼ねて子供の成長を祝う。
加護を祈る。
それが七五三となった。

こういう祝いは、強い。

収穫の祝い、子供の成長の区切り、満月を楽しむ。

男の子は5歳、女の子は3歳と7歳の年。
地域によっては男の子の3歳も七五三に含まれる。
成長を祝って神社、場合によっては寺などに詣でる年中行事。
本来は旧暦だし、数え年だが、
明治改暦以降は新暦の11月15日、
さらに現在は満年齢で行われる。

もう、全国版の重要な行事で、盛んに行われているが、
もともとは関東圏における地方風俗だったそうだ。

北海道をはじめとする寒冷地では、
11月15日前後の時期は寒くなっていることから、
1カ月早めて10月15日に行なう場合が多い。

3歳は、髪を伸ばす「髪置(かみおき)」、
5歳は、初めて袴をつける「袴着(はかまぎ)」、
7歳は、「帯解(おびとき)・紐落(ひもおとし)」。
その名残りで、3歳、5歳、7歳を祝う。

「帯解(おびとき)・紐落(ひもおとし)」は、
それまでの紐付きの着物に代わって、
本仕立ての着物と丸帯という大人の装いをすること。

現代では、正装に準じた晴れ着で臨む。
洋服の場合もあるが和服の方が多い。

少女は、この時に初めて化粧をして貰う。
これも、女の子本人にとっては、一生の記憶に残ること。

晴れ着で神社に参拝。
旧暦の15日はかつては二十八宿の「鬼宿日」にあたった。
鬼宿日とは、鬼が出歩かない日で、
何事をするにも吉であるとされた。

その七五三は子供のお祭りであるから、
七五三のときに訪れたお店には、
クリスマスにも、必ず訪れる。

七五三はクリスマスに通ず。

七五三商戦での圧勝は、
クリスマス商戦の圧勝をもたらす。

商人舎今月の標語。
「満足した顧客だけが再び来店してくれる」

ただし、重要なこと。
「七五三」と「こどもの日」を、
同じものと考えて、
同じ展開をするのはいただけない。

七五三には、七五三の由来としきたりがある。
この細かいことを重視すると、
それが顧客の琴線に触れる。

「あれっ」と思ってもらう。
それが大切。

そして、店全体で、祝う。

3歳、5歳、7歳の子供たちのために、
それ以外の子供たちも、
両親も、祖父母も、親戚も、みんなで祝う。

こどもの日は、子供みんなが主役。

この違いを出す。

違いを知り、違いがわかる。
違いを表現し、違いを実行できる。

そんな人が尊敬される。
そんな店が繁盛する。

いざ、違いのわかる「週末の七五三商戦」へ。

Everybody! Good Monday!

<結城義晴>

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.